高画素ミラーレスカメラのススメ

高画素ミラーレス機のススメカメラ

今回は、高画素ミラーレスカメラのススメのお話です。

高画素機というと、否定的な意見や気持ちを持っている方がたまにいますが、

考え方や捉え方を変えるとそんなにマイナスではありません。

さらに超画素化になり、逆に写真の質感を変わってきています。

高画素機に興味がある方や不安のある方はぜひ読んでいただきたい。

それでは、お話を進めていきましょう。

スポンサードリンク

高画素機を使うために超えなければならないチェック項目

高画素機をオススメしますが、やはり越えなければいけないチェック項目があります。

筆者は高画素機のカメラを長年使ってきましたが、

いろいろ試行錯誤しながら撮影をし写真現像/編集をしてきました。

筆者の使い方や考え方も書き加えているので参考にしてください。

  • 高感度ノイズが気になる
  • 手ブレが気になる
  • レンズ選びは重要
  • 必要なコンピュータスペックとモニターサイズ
  • 必要な記録媒体
  • 高画素機の価格 

●高感度ノイズが気になる

高感度ノイズは、輝度ノイズとカラーノイズのことです。

ISO感度を上げないようにすれば、高感度ノイズは抑えられますが

やはり手持ちで手ブレしないようにするとISO感度を上げる場面が出てきます。

筆者の場合、夕景は日没後の30分まで、

手持ちで撮影することが多いです。

下記の基準を高感度ノイズの許容範囲にしています。


ISO3200〜ISO4000
被写体のディテールが残るまで

カメラの機種にもよりますが、

α7R IIIならISO3200まで

X-T4ならISO4000まで

が筆者の限界値でした。

ただ、被写体のディテールは残っているので、DxO PureRAW 2というソフトで

ノイズリダクションをすれば、写真は綺麗に仕上げられます。

高画素ミラーレス機のススメ高画素ミラーレス機のススメ
新しいDxO PureRAW 2を試してみてさらに使い勝手が良くなっていた【ノイズ除去】
2022年3月16日、DxO PureRAW 2が発表されました。 PureRAWはRAWデータを最適化するアプリとして導入しています。 いつも使う訳ではないですが、ここぞという時に使ってきました。 今回は使い勝手の向上と富士フイルム...

●手ブレが気になる

メラボディ内手ぶれ補正が進化しています。

一昔前ほど神経質になることはありませんが、

少し意識して撮影する必要はあります。

筆者の場合、ISOは昼間でも必要なら躊躇なくあげます。

そうして、シャッタースピードを上げて手ブレしないように撮影していきます。

上記で書いたノイズと関係するので、バランスを取っています。

高画素ミラーレス機のススメ

●レンズ選びは重要

高画素機に合ったレンズを選ぶことが大切です。

筆者は、ソニーならGmaster、富士フイルムならレッドバッチのレンズ使ってきました。

また、最新のレンズなら結構撮影できるものも多いです。

下記、筆者が使っているレンズ4本。


SEL70200GM2

SEL2470GM2
XF16-55mmF2.8 R LM WR
XF33mmF1.4 R LM WR

高画素ミラーレス機のススメ

ソニーSEL70200GM2軽くて気軽に持ち出して質の高い撮影ができる望遠ズームレンズ【レビュー】
2021年11月26日、ソニーの新しい望遠ズームレンズSEL70200GM2が手元に届きました。 2021年10月26日の予約日にマップカメラさんに即注文。 元々前から噂があったので、あまり使わないレンズなどを手放して購入資金を準備して...
ソニーSEL2470GM2高品質で軽い標準ズームレンズファーストインプレッション
今回は手に入れたばかりのソニーSEL2470GM2のファーストインプレッションについてです。 2022年6月10日、ソニーSEL2470GM2が手元に届きました。 2022年5月24日にすぐに予約注文します。 以前から2型の噂がありま...
富士フイルムXF16-55mmF2.8 R LM WR気軽に使える大三元レンズ
今回は、富士フイルムのフジノンレンズXF16-55mmF2.8 R LM WRの話です。 このレンズは、2017年6月にX-T2を購入した時に、一緒に手にいれた標準ズームレンズ。 F4通しの標準ズームレンズを使いたかったのですが、この時...
富士フイルムXF33mmF1.4 R LM WR写真にも動画にも活躍する単焦点レンズ【レビュー】
富士フイルムXF33mmF1.4 R LM WRを手に入れました。 2021年9月2日に発表され、9月7日にカメラのキタムラさんの通販で予約注文。 9月29日に無事手元に到着です。 今まで富士フイルムの単焦点の写りは好みだけど。 A...

●必要なコンピュータスペックとモニターサイズ

写真データを快適に扱えるコンピュータスペックと

写真データを確認するモニターサイズは重要です。

高スペックのコンピュータや大きいモニターを使うと

写真現像や編集がストレスなく行えます。

筆者が使っているコンピュータスペックを載せておきます。

高画素ミラーレス機のススメ

2023年時点だとハイスペックでなりつつありますが

十分なスペックだと思います。

そして、27インチの大画面は写真の現像や編集がしやすい環境。

約5年使用経過したら、新しいMacに買い替えて、

常にスペック高めなコンピュータを使うようにしています。

高画素ミラーレス機のススメ

iMac 27インチ 2020年モデルを写真現像と動画編集のために購入しました
iMac 27インチ 2020年モデルを購入しました。 2020年12月14日にアップルの通販で注文。 2020年12月23日に無事自宅に到着しました。 この時期を選んだ理由は、写真撮影をする時間が落ち着いてiMacの入れ替えをしやす...

●必要な記録媒体

記憶媒体は、高速で容量の大きいものが必要です。

●α7R Vで使用しているSDカード

6100万画素でデータが大きいので、

ProGrade DigitalのSDXC UHS-II V90のSDカード使用しています。

●X-H2で使用しているSDカード/CFexpressカード

ProGrade DigitalのCFexpress Type B GOLDをメインで使っています。

動画は4K中心なのでこれで十分です。

SDカードは、ProGrade DigitalのSDXC UHS-II V60を使用。

●NASやバックアップに使用しているHDD

NASには、NASの運用に適したWD Red Plus のHDDを選んでいます。

3年以上24時間稼働させていて不具合ありませんでした。

バックアップ用には、WD Blueを使います。

最近は8TBを選ぶようになりました。

●高画素機の価格 

ソニーαの中での比較になりますが、

ベーシック機のα7 IVと高画素機のα7R Vの価格差は

マップカメラやカメラのキタムラの販売価格を見ると【1.4倍】。

単純に画素数だけの比較にはなりませんが、

α7R Vのほうが高性能な機能を積んでいても、

価格が高いなと感じるかも知れません。

筆者は、高画素機が映し出す画が好きなので、

価格が多少高くても撮影している時や

その後の現像や編集で楽しさを感じるので良しとしています。

SONY α7 IV ILCE-7M4 ボディ 価格比較
■最安価格(税込):278,800円 ■店頭参考価格帯:278,800円〜325,710円 ■中古価格帯(税込):246,240円〜290,000円 ■価格.com売れ筋ランキング:2位 ■満足度レビュー:4.53(65人) ■クチコミ:4957件 (※1月28日時点)
SONY α7R V ILCE-7RM5 ボディ 価格比較
■最安価格(税込):429,725円 ■店頭参考価格帯:429,725円〜555,500円 ■中古価格帯(税込):438,500円〜470,500円 ■価格.com売れ筋ランキング:6位 ■満足度レビュー:4.46(23人) ■クチコミ:903件 (※1月28日時点)

高画素機を使って良かったと思った点

高画素機を使ってよかったと思った点は下記になります。

  • 繊細な描写
  • なめらかな質感
  • Lightroom使用時のシャープネス明瞭度テクスチャの調整不要
  • クロップ撮影可能

筆者は現在α7R VとX-H2の高画素機を撮影できました。

やはりひと昔の高画素機と印象が違います。

特に繊細な写真に仕上がることが多く非常に満足しています。

高画素ミラーレス機のススメ

高画素ミラーレス機のススメ

高画素ミラーレス機のススメ

高画素ミラーレス機のススメ

高画素ミラーレス機のススメ

富士フイルムX-H2を1日中撮影し続けてのファーストインプレッション
富士フイルムX-H2が、2022年9月22日に筆者の手元に届きました。 予約注文開始日9月14日に即手続きをします。 今回のX-H2は、約4020万画素の超高画素機。 画素ピッチは、フルサイズ機のセンサーサイズだと、約9000万画素に...
ソニーα7R Vをすぐに購入した5つの理由について
2022年11月25日、発売日にソニーα7R Vが手元に届きました。 今回も即予約注文です。 大切に撮影で使ってきたα7R IIIが約5年になりました。 そろそろカメラシステムの更新したい思いがあったのと、 ちょっと改善して欲しいと...

まとめ

今回は、高画素ミラーレスカメラのススメについて話してきました。

高画素機がどんなカメラかを知れば、

それに対しての準備や使い方をすれば、普通に撮影出来ます。

一昔前の高画素機の常識とは変わって来ていますので、

興味がある方はぜひ高画素の魅力を体験してください。

高画素ミラーレス機のススメ

タイトルとURLをコピーしました