XF16-55mmF2.8 R LM WR筆者が愛用している標準ズームレンズ

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WRレンズ

筆者が写真撮影で使っている標準ズームレンズの話です。

主に富士フイルムXF16-55mmF2.8 R LM WRを

長年愛用して来ました。

現在ソニーSEL2470GM2も所有しています。

こちらのレンズは使用頻度は高くありません。

筆者の得意な写真は、

花撮影/スナップ撮影/夕景撮影がメインです。

XF16-55mmF2.8 R LM WRが気になる方、

これから使ってみようという方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

XF16-55mmF2.8 R LM WRについて

XF16-55mmF2.8 R LM WRは、

2015年2月26日に発売された標準ズームレンズです。

筆者は2017年から使い続けています。

富士フイルムXマウントでは、

レッドバッジが付きフラッグシップモデルの位置付け。

レンズの重さ655gで重く、手ぶれ補正のないレンズです。

発売から年数が経ったものの、

現状でも満足いく写りを記録してくれます。

レンズに手ぶれ補正がないことは、

現在ではカメラ内手ぶれ補正がつく機種が

多くなりデメリットではなくなりました。

レンズの重さも、X-H2SやX-H2のグリップが深くなり

レンズの重さの感覚を軽く感じさせてくれます。

レンズ仕様
レンズ構成12群17枚
絞り羽根枚数9 枚
焦点距離16~55 mm
最短撮影距離0.3m
最大撮影倍率0.16倍
開放F値F2.8
手ブレ補正なし
防塵防滴あり
フォーカスAF/MF
フィルター径77 mm
重量655 g
created by Rinker
富士フイルム
¥159,800(2024/07/14 00:55:02時点 Amazon調べ-詳細)

XF16-55mmF2.8 R LM WRの良い点

長年、写真撮影に使ってきて感じた

XF16-55mmF2.8 R LM WRの良い点についてです。

  • ストレスのないAF速度
  • 高画素機に対応する描写力
  • 発色コントラストともに良い
  • 絞りリングがある
  • 写真撮影に快適な焦点距離

●ストレスのないAF速度

発売から年数は経っているものの

そこはさすがレッドバッジの標準ズームレンズです。

ストレスを感じずに写真を撮ってきました。

以前はX-T2とX-T4で写真を撮り、

そして現在はX-H2で使っています。

X-H2のカメラ性能が上がっているので、

AF性能はさらに安定しているように感じます。

●高画素機に対応する描写力

X-H2は、約4020万画素の高画素機です。

XF16-55mmF2.8 R LM WRは

推奨レンズに入っているものの、

発売から年数が経っているのでちょっと不安でした。

実際、写真を撮影して問題はありません。

●発色コントラストともに良い

花撮影をしているので、

花の色が発色良く綺麗に記録できたり、

花や葉をメリハリのある画で

写せることができるレンズが希望です。

XF16-55mmF2.8 R LM WRは、

そういう性能を持っているレンズです。

●絞りリングがある

絞りリングがレンズについていると、

レンズを持ちながら指で絞り値を変えることが便利です。

このレンズだけでなく、現在写真撮影で使っているレンズは

すべて絞りリングがついています。

●写真撮影に快適な焦点距離

このレンズの焦点距離は、16mm〜55mmです。

35mm判換算ですと、

24mm~84mm相当の焦点距離。

84mmという焦点距離を意外と写真撮影で使います。

ソニーのSEL2470GM2も所有していますが、

70mmまではちょっと中途半端さを感じています。

XF16-55mmF2.8 R LM WRの気になった点

XF16-55mmF2.8 R LM WRの気になった点についてです。

このレンズは発売から年数が経ち、

同時にソニーSEL2470GM2やXF33mmF1.4 R LM WRの

最新のレンズを使っていることから、

比べてしまうと感じる些細なことを話します。

  • レンズの重さ
  • 開放f2.8のピント面の描写のあまさ
  • 周辺描写の甘さ

●レンズの重さ

グリップの深いX-H2を使うようになったので、

このレンズの重量655gはバランス良く持てるようになりました。

それでもちょっと大きく重いレンズだなと感じることはあります。

●開放f2.8の描写のあまさ

これも実際使っている最新レンズの比較して感じてしまうこと。

ただ、何でもかんでもキッチリカッチリした写真を

撮りたいわけでないので

そこは表現したい描写に応じて使い分けます。

●周辺描写の甘さ

2015年に発売されたレンズと、

最新のレンズを比べてしまうとやはり甘さは出てきます。

ただ、極端に目立つものではないので

困ってはいません。

高画素機X-H2で写真を撮るから

どうしても細かい点まで気にしてしまうのもあります。

XF16-55mmF2.8 R LM WRで撮影した写真

X-H2にXF16-55mmF2.8 R LM WRを取り付けて

写真を撮りました。

いろいろな場面でしっかり撮影できるレンズです。

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

まとめ

筆者が写真撮影で使っている

XF16-55mmF2.8 R LM WRについて話してきました。

本格的にこだわりを持って写真撮影するなら、

Xマウントでは最高の標準ズームレンズ

XF16-55mmF2.8 R LM WRになるでしょう。

created by Rinker
富士フイルム
¥159,800(2024/07/14 00:55:02時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました