Nikon D810

まだまだ現役 念願の高画素機D810の中古を手に入れました

念願の高画素機Nikon D810中古を手に入れました。

D850が発売される約1年ほど前のこと。

そろそろ、D810の次の新しいカメラが発売されるだろうなと思いながらの購入でした。

D810の中古の価格は、その頃の自分が手に届くものになっていました。

今がD810を手にいれる時だと思い、いつもお世話になってるマップカメラさんで購入です。

D810は2014年7月17日発売から年月が過ぎて、4年近く経ったカメラです。

今回は中古で手にいれたD810と現行高画素機D850のことを織りまぜながら話をして行きたいと思います。

さて、今でも十分通用する高画素機D810はどんな一眼レフカメラでしょうか?

高画素機D810を選んで購入した理由

写真を撮り始めようと思い、初めて使ったカメラがNikon D7100でした。

そのカメラは、センサーザイズはaps-cサイズでしたが、ローパスフィルターレスだったので自分好みの繊細な写りです。

そのあと、1年後に初めてのフルサイズ一眼レフカメラとしてD750を使い始めました。

こちらは、綺麗に写真を撮れるけど、いまいちキリッとした感じに写真を撮れないのが不満でした。

D7100とD750の2台のカメラを使ってみると、キリッとして繊細な写りの写真を撮れるフルサイズ機が欲しくなります。

そうして、ローパスフィルターレスで高画素機でフルサイズのD810を選ぶことになりました。

Nikon D810が手元に到着しました

いつも使っているマップカメラの通販で注文して、翌日には中古のD810は発送されました。

いつもながら素早い発送をしていただいています。

2016年6月1日写真の日にD810が手元に届きました。

中古ですが新古品なので、箱はほとんど綺麗な状態です。

Nikon D810 化粧箱

付属品は、液晶モニターカバーBM-12だけ欠品していました。

自分には使う必要がなかったので、特に購入しませんでした。

ボディーはほとんど新品で綺麗すぎるほどです。

iMacで’調べてみて、シャッター回数(400枚程度)は非常に少ない状態でした。

ファームウェアはVer.1.11、ゆがみ補正データもVer.2.013になっています。

その当時はどちらとも最新の状態でした。

2018年7月10日現在、ファームウェアはVer.1.14、ゆがみ補正データはVer.2.017になっています。

D810ファームウェアを確認してみる

D810ゆがみ補正データを確認してみる

撮影した画像に輝点が目立つ不具合の該当製品の確認をしてみました。

該当製品でないようで、修正された後のロットのD810でした。

ちょっと心配をしていましたが、大きな不具合に合わなそうです。

該当製品の製品番号を確認してみる

いつも使っているお気に入りの標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRをさっそくD810に付けてみました。

Nikon D810とAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

なかなかバランスの良い感じの姿。

D750でこのレンズを使っていた時は、少しレンズが大きい感じがしてアンバランスでした。

D810を手に入れてから早く撮影したいという焦る気持ちを抑え、撮影
できる日までゆっくり待ちました。

Nikon D810の関連製品を購入してみました

定番ですが、まず新しい一眼レフカメラを購入すると必ず欲しくなるもの。

それは、液晶保護フィルムです。

今回は、Kenkoの液晶保護フイルムKLP-ND810を選んでみました。

新しいCFカードも購入してみました。

D810にはメディアスロットがふたつあります。

SDカードとCFカードのスロットです。

CFカードをメインに使用して写真を撮ってみようと思い、サンディスクのCFカードを選んでみました。

国内正規品で SanDisk Extreme コンパクトフラッシュ 32GBを購入しました。

その後、サンディスクのCFを使っているとたまにエラーを起こしました。

レキサーのCFに替えてみてから問題が出ませんでした。

相性の問題だったのかなと思います。

今はSDカードもCFカードもレキサーを使っています。

今まで使ってきたD750と新しく手に入れたD810を比べてみた

今現在は手放してしまったD750とD810を比較してみました。

Nikon D810とD750

●D810には親指AF用のAF-ONボタンがある

ニコンのカメラは、親指AFを使って撮影しています。

D750の場合は自分で割り当ての設定をしないと使うことができません。

一方、D810は自分でわざわざ割り当て設定しなくとも、最初から親指AF専用のAF-ONボタンあります。

D810のグリップを握って構えた時、この親指AF専用のAF-ONがとても使いやすい場所にあります。

D810 AF-ONボタン

●D810とD750のグリップ感は多少違うがどちらもしっかり握れる

D810とD750のグリップを握った感じは多少違うものの、どちらもしっかりと握れます。

D810のほうは厚みがあるせいか手のひらでしっかり握る感覚です。

D750のほうは指でしっかり握る感覚です。

僕は身長は175センチあるのですが、手が小さいほうです。

僕にとってはどちらともいい感覚でグリップを握れます。

ニコン機は、手の大きさにあまり影響が出ないように、グリップだけでなく、ボタン配置も考えられてると思いました。

●D810とD750のシャッター音はかなり傾向が違う

D810のシャッター音は静かにしっとりしています。

手ブレを起こしにくい感のフィーリングです。

D750のシャッター音はカシャっと少しショックあります。

ただ、ブレた写真を撮ってしまうことは一度もありませんでした。

音は大きいけど、写真を撮った時には影響があまりないようです。

上の写真がD810、下の写真がD750です。

Nikon D810 グリップ感

Nikon D750 グリップ感

●D810はデータファイルサイズが大きい

D810の有効画素数は3635万画素。

一方、D750の有効画素数は2432万画素数です。

普段はRAWデータで撮影をしてます。

D810の撮影記録設定は画像サイズ7360*4912ピクセル、ロスレス圧縮RAW、記録ビットモード14bitです。

D750の撮影記録設定は画像サイズ6016*4016ピクセル、ロスレス圧縮RAW、記録ビットモード14bitです。

D810のRAWデータファイルサイズは平均48MB。

一方、D750のRAWデータファイルサイズは平均28MBです。

RAWデータファイルサイズ

D810のRAWデータファイルサイズは大きいほうだと思います。

プロセッサを4 GHz Intel Core i7にカスタマイズし、メモリを32GBを積んだiMac Retina 5K 27inchを使って現像処理しています。

それなりのスペックのPCやMacを使えば、Lightroom現像でストレスは感じません。

現在は、外付けHDD代わりにSynology DS216jを導入してNASシステムを構築して、撮影データを保存しています。

USB3.0より転送速度が遅いLANケーブルでの接続ですが、Lightroom現像時にストレスがありません。

D810のRAWデータが大きくても、自分の環境ではほとんど問題になりません。

関連記事

Synology DS216jを購入してNASを導入してみた

Lightroomのデータを新しいSSDとNASへ移行してみた

実際D810を使って写真を撮って感じたこと

まず、D810で写真を撮ってみて思ったことは、後の処理のLightroom現像でどんな感じになるか楽しみになることです。

ひたち海浜公園 コキア

シャッターを切って時に、どんな感じに仕上がるのかうれしさが沸き上がって来る感覚。

ミラーレスカメラでも写真を撮っていますが、一眼レフカメラとはちょっと気持ちが違います。

ひたち海浜公園 コスモス

実際の撮影ですが、大きくて重いこともあり、街撮りはD810ではほとんどしません。

街撮りは、ミラーレスカメラのX-T2やα7R IIIを使って写真を撮っています。

四万の甌穴群

D810は、車で移動する場所や三脚を使っての撮影で使っています。

 

花や紅葉の撮影では、TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を取り付けていつもD810を使っています。

D810は、やはり綺麗に写真が撮れるカメラだと思うのです。

どっちも高画素機D810とD850を軽く比べてみた

結論をいってしまうと、D850を使ってみたいけど、まだD810で十分撮影できます。

D810と比べてみて、D850の気になった点を書いていきます。

画素数についてはあんまり興味を持つことができませんでした。

●倍率約0.75倍の光学ファインダー

実際、D850のファインダーを覗いて、視野が広いです。

構図決めをしたり、被写体にピントをあわせたり、気持ちよさを感じました。

夕景を撮影するときに、感動することまちがえないなあと思います。

タッチパネル採用のチルト式3.2型236万ドット画像モニター

D810の背面液晶はチルト式ではありません。

星を撮るとき、カメラを上向きにするのでピント合わせはチルト式の背面液晶が使いやすそうです。

●暗所でも使いやすいボタンイルミネーション

夜景撮影の時に便利かなと思います。

ニコンのカメラは、結構暗くてもどこに何があるかとか、電池の向きとかわかります。

ボタンイルミネーションのおかげで、撮影の確認などしやすそうです。

関連記事

新製品Nikon D850の購入を考えてみた

まだまだ現役今回手に入れたD810の中古のまとめ

D810を手に入れて本当に良かったと思います。

後継機種のD850が発売になりましたが、まだまだ、D810は写真を撮ることを楽しめる十分なスペックがある一眼レフカメラだと思います。

Nikon D810

D850のおかげで、中古のD810が20万円を切る価格で手に入れることができるようになりました。

Nikon D810

今は富士フイルムX-T2やSony α7R IIIでも写真を撮っています。

ただ、いい写真を撮って記録に残したいと思った時は、必ずD810を持ち出して撮影します。

それほどD810は好きなカメラです。

そして、まだまだ現役です。

この記事を読んで、Nikon D810を選ぶ参考にしていただけたらと思います。

関連記事

念願のカメラSONY α7R IIIを手に入れました

念願の富士フイルムX-T2を手に入れました

スポンサードリンク

タムロンSP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACROを評価してみた
千葉松戸にある本土寺の花菖蒲と紫陽花を撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA