本気で新製品Nikon D850の購入を考えてみた

Nikon D850が2017年9月8日に発売されました。

現在、D810を使って写真を撮っています。

今すぐにでもD850が欲しいです。

まだD810で十分かなとも思ってます。

いつかはD850を手に入れたいです。

今回はD850はどんなフルサイズ一眼レフカメラかを話していきます。

D810と比較しながらD850を見ながらの感想

D850をD810と比較しながら、話をしていきます。

●画像素子35mmフルサイズ裏面照射型CMOSで有効画素数4575万画素

裏面照射型CMOSってなんだろうと思っていました。

フォトダイオードの位置を入射光の近い場所に配置して、光を効率よく取り込むようにしたCMOSです。

難しいですね。

有効画素数は4575万画素になりました。

D810は3635万画素です。

どんな絵を写してくれるのかに興味があります。

手ぶれの心配はD810で写真を撮っていて全くありませんでした。

D850で写真を撮るようになっても心配はありません。

画像処理エンジンEXPEED5がどんな感じで処理してくれるのか期待を持っています。

常用ISO感度は、64〜25600です。

どこまであげて写真として許せるISOはいくつなのか気になります。

●シャッター連写性能最高約7枚/秒

D850の連写性能最高約7枚/秒、バッテリーパックMB-D18使用時に約9枚/秒です。

12ビット圧縮RAW/JPEG時に、連続撮影可能枚数は最大200枚です。

撮影する被写体は連写をする必要ないので、あまり心配していません。

連写撮影が必要な被写体を撮ってみたいです。

それにしても、高画素機で連写性能が高いのは驚きです。

●チルト式タッチパネル液晶

液晶サイズ3.2型、解像度約236万ドットのチルト式タッチパネル液晶です。

D750を使って撮影していた時、チルト液晶は使ったことがありませんでした。

チルトはあまり使わないような気がします。

一方、タッチパネル液晶は便利で使うような気がします。

解像度はD810の液晶よりも上がっているので、もちろん見やすくて綺麗だと思います。

●マグネシウム合金製ボディ

D810と同じくD850もマグネシウム合金製のボディです。

防滴と防塵性能も持っています。

これはかなりの安心感が持てます。

山川谷と自然の場所にも撮影にいくので、ボディが丈夫なカメラのほうがいいですね。

●D5同等のオートフォーカス性能

D5と同じ位相差AF搭載し、フォーカスポイント153点、クロス対応99点です。

低輝度対応中央1点-4EVで、その他のポイントが-3EVです。

一番興味があって、実際に違いがわかりやすいのがこのAF性能だと思います。

D850を実際に構えて、ピント合わせをしてみたいですね。

暗いところでは特にAF性能を見てみたいです。

そして、D850のファインダー視野率は約100%で、倍率約0.75倍です。

実際にファインダーをのぞいてみました。

ファインダー内が広くて見やすいです。

興味を持ったD850の機能や部分について

D850でいいなと思った機能や部分を話していきます。

●新ホワイトバランス[自然光オート]

新ホワイトバランス[自然光オート]は、判別認識する光の源を自然光に限定して、自然光の下で適切なホワイトバランスになるようにしてくれます。

紅葉や夕焼けなどを撮ると、見た目に近い状態に仕上がるのだと思います。

紅葉や夕日を撮るので、このホワイトバランス設定は使ってみたいところです。

●フォーカスシフト撮影

D850は、写真全体にピントがあった画像を作成できる深度合成ができます。

ピントが合っている位置を、撮影開始時の位置から無限遠に向かって自動的にずらした画像を撮影し、深度合成の素材にします。

それがフォーカスシフト撮影です。

ちょっと面白そうな機能だなと思いました。

広角ズームレンズを使って、風景撮影で試して見たいと思いました。

●ボタンイルミネーション

D5やD500に採用されているボタンイルミネーションが、D850にも採用されました。

ボタンイルミネーションは、暗いところでいいなぁと思いました。

夕陽の撮影では必ず日が沈むまでいてそれから30分くらい撮影してたりするのでいいですね。

●撮像範囲[1×1(24×24)]

今回D850に、縦横比1対1の撮像範囲を採用しました。

これはInstagramを意識した正方形の画像を撮影するのにいいです。

別にInstagramに投稿しなくても、正方形で構図を考えて、写真を撮るのが楽しそうだと思いました。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

D850をいろいろ見てきました。

一番気になっているのは、やはりホワイトバランス関係です。

自然光オートは使ってみたい設定です。

D5で採用された[AUTO 0 白を優先する]も気になっています。

このホワイトバランス関係が、ほぼD850を使って撮影したい動機になっています。

いつかD850を手に入れたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考にしていただければと思います。

関連記事

まだまだ現役!念願の高画素機D810の中古を手に入れました

スポンサードリンク

Lightroomデータを新しいSSDとNASへ移行する方法
ひたち海浜公園へ緑のコキアの撮影に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA