富士フイルムX-T5を購入しなかった理由

富士フイルム X-T5カメラ

今回は、X-T5を購入しなかった理由しなかった話です。

今使っているX-H2といろいろ考えて、X-T5を手に入れませんでした。

イメージセンサーはほぼ同等なので、撮影した写真データはほぼ同じです。

X-T5を撮影で使わないと決めたのは、性能面ではありません。

それでは、撮影で使っているX-H2と比べながら、

X-T5を購入しなかった理由を話していきましょう。

スポンサードリンク

撮影スタイルを考えて購入しなかった理由

筆者の撮影スタイルを考えてX-T5を購入しなかった理由です。

  • 重いレンズを使うため
  • 物撮りから三脚を使う撮影まで幅広いため
  • α7R Vとのカメラサイズや重量のバランス

●重いレンズを使うため

Xマウントのレンズで一番良く撮影で使うのが、

XF16-55mmF2.8 R LM WR。

レンズ重量は、約655gです。

X-H2の性能を引き出せるレンズの一つなので、

重宝しています。

X-T5は、サイズが小さくて軽く

グリップがX-H2より浅いのでよりこのレンズの重さを感じてしまいます。

created by Rinker
富士フイルム
¥159,800(2024/07/14 00:55:02時点 Amazon調べ-詳細)

富士フイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR

●物撮りから三脚を使う撮影まで幅広いため

撮影する範囲が幅広いので、X-H2のほうが使いやすいためです。

物撮りやスナップ撮影の時、大きいX-H2でも気軽に扱えました。

三脚撮影や長時間の撮影は、X-H2のほうが効率性や安心感があります。

X-T5は、スナップ撮影や旅の写真などのライトユースに合うのかなと思いました。

●α7R Vとのカメラサイズや重量のバランス

筆者は、2台カメラを持って撮影することが多いです。

X-H2の相方は、同じメーカーでなくソニーα7R V。

偶然にも、カメラの形、サイズ感、カメラの重さがとても似ています。

この2台を持って撮影するのが、現状バランスがベスト。

X-T5は、小さいので少しカメラ2台を持つバランスが、

少し崩れそうかなと思いました。

α7R V X-H2

X-H2と比較してX-T5を購入しなかった理由

現在撮影で使っているX-H2と比較してみて、

X-T5を購入しなかった理由です。

  • モードダイヤルがなくカスタム設定できない
  • 大きめのカメラのほうが扱いやすい
  • 静止画動画の切り替えの手間

●モードダイヤルがなくカスタム設定できない

X-T5には、もちろんモードダイヤルがないため、

いろいろなカスタム設定ができません。

静止画と動画の切り替え、撮影環境に合わせた設定を

C1からC7に割り当てて、素早く切り替えて撮影しています。

やはり、状況に応じて設定切り替えが素早くしたいのが

今の撮影スタイルです。

X-H2 カスタムダイヤル

●大きめのカメラのほうが扱いやすい

先に説明した、重たいレンズを使うことが多いためとの理由に

通ずるものがあります。

X-H2を両手で構えて持っていた時、ちょうどいいホールド感が

安心を感じました。

やはり、それなりのカメラの大きさや重さがあるので、

撮影するのに使いやすいというのがあります。

X-H2

●静止画動画の切り替えの手間

X-T5にも、動画の切り替えスイッチはありますが、

シャッタースピードなど変更する場所は多々あります。

X-H2だとモードダイヤルのカスタム設定できる

C1からC7に静止画と動画の設定をしていれば

一発でそのほか何もいじらずにすぐに撮影可能。

その手間がないので、X-H2を使っています。

X-H2

X-T5はスナップ撮影機としてはベストだと考えている

X-T5は購入しないことにしましたが、

やはりスナップ撮影や物撮りには使いたいミラーレス機です。

旅行に持って行くにもいいかもしれません。

カメラの性能は十分すぎるほどです。

一番撮影頻度が高いレンズが、

標準ズームレンズXF16-55mmF2.8 R LM WR。

重いレンズを使うことが多いので、

グリップの深いX-H2がこのレンズを使うときには楽なのです。

Tシリーズはずっと使わないかというと

それはノーです。

撮影スタイルの変化やカメラ予算によって

今後使う可能性は高いですね。

created by Rinker
富士フイルム
¥289,000(2024/07/14 17:38:05時点 Amazon調べ-詳細)
ファイブ【5】なヤツら α7R VとX-T5が今後の方向性を決めていく
ファイブ【5】なヤツらが発表されました。 どちらも興味があるミラーレスカメラです。 そして、両者ともセンサーサイズは違えども高画素機。 1つは、2022年10月26日に発表されたソニーα7R V。 もう1つは、2022年11月2日に発表され...

まとめ

今回は、X-T5を購入しなかった理由を話してきました。

X-T5は写真機としての性能は文句がありません。

カメラボディの大きさも小さく軽く、

持ち出しやすいサイズ感です。

筆者の現在の撮影スタイルだとX-H2のほうが、

幅広く撮影するのに適しているという結論になりました。

無尽蔵に予算があれば、X-T5も欲しいところです。

X-H2については記事を書いていますので、

ぜひ読んでみてください。

富士フイルムX-H2を1日中撮影し続けて感じたファーストインプレッション
富士フイルムX-H2が、2022年9月22日に筆者の手元に届きました。 予約注文開始日9月14日に即手続きをします。 今回のX-H2は、約4020万画素の超高画素機。 画素ピッチは、フルサイズ機のセンサーサイズと比べてみると、 約9000万...
富士フイルムX-H2ファンクションとモードダイヤル設定をカスタムする方法
今回は、富士フイルムX-H2のファンクションと モードダイヤル設定をカスタムするお話。 設定をよく変える項目を ファンクションやモードダイヤルに割り当てると、 写真撮影や動画撮影を効率的に進めることができます。 X-H2はモードダイヤルに ...
タイトルとURLをコピーしました