富士フイルム X-T2

念願の富士フイルムX-T2を手に入れました

我慢できず、富士フイルム X-T2を購入してしまいました。

撮影の被写体や撮影スタイルが少しづつ変わってきて、ミラーレス一眼カメラだともっと撮りやすいのではないかと思いました。

2017年1月に富士フイルムのレンタルサービスを利用しました。

X-T2ボディとフジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WRを借りて、1日中思い存分撮影してみました。

その時に、撮影したいものを思い通りに、自分好み感じに撮影出来るカメラと思いました。

さて、富士フイルムX-T2はどんなカメラでしょうか?

富士フイルムのレンタルサービスの記事を書いてますので、もし興味ありましたら読んでいただければと思います。

関連記事

富士フイルムでカメラとレンズを当日無料レンタルしてみた

富士フイルムでX-T2をレンタルしてテスト撮影してみた

ミラーレス一眼カメラでも十分に撮影出来るのではないか

少し前にX100Fを購入してしまいました。

街の風景を撮影する時に、このカメラだけ持って撮影してみました。

X100Fの写りは必要十分です。

23mmの単焦点レンズでレンズ交換できないですが、自分の体を動かして構図を作っていきます。

いつも標準ズームレンズをつけて、Nikon D750やD810で撮影する感じと違う撮影ができました。

以前は、街の風景を撮影するのにも、D750やD810のフルサイズの一眼レフカメラを持って撮影してました。

最近は、大きくて重いカメラを持って撮影するのがおっくうになってきました。

2017年1月に、富士フイルムのレンタルサービスを利用して、1日中撮影しました。

このX-T2で、撮影したい写真が撮ることができると思いました。

富士フイルムX-T2を選んだ理由

X100Fを購入する時、X-T2のほうを購入するかどうか迷っていました。

結局、X-T2を購入したのでどちらも購入することになりました。

X-T2を選んだ大きな理由は、ミラーレス一眼カメラに移行して写真を撮ってみたいからと、X100Fを使ってみて富士フイルムのカメラが使いやすいからです。

他の理由は1つだけですが、下記のようになります。

●標準ズームレンズでf2.8のレンズを使いたい

ニコンのレンズだと、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(重量1070g)かAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED(重量900g)を選ぶことになり、街を歩く感じの撮影だと重さが気になります。

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WRは、重量655gなのでX-T2本体の重さを足しても、それほど気にならない重さになります。

テーマとか場所が決まっていれば、何本かレンズを持って交換もいいです。

が、思いつきで移動して写真を撮ることが多いので、なるべく荷物は少なくして撮影したい感じです。

富士フイルム X-T2

撮影してみてX-T2の気に入った点

X100Fと同じようなところが気に入っているので、X-T2の気に入っているところが似たようなところになります。

●撮影で持つのにちょうどいい大きさ

X100Fでは気軽に撮影に持ち運べる大きさが気に入った点です。

X-T2では撮影する時に持つのにちょうどいい大きさだなと感じました。

手が小さいので、X-T2本体を持つのにはいい感じです。

手の大きい人にはちょっと持ちにくいかもとも思いました。

今回は、フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WRという重いレンズを選びました。

レンズの方がX-T2の本体より重いです。

しかし、実際、撮影する時に構えると気にならなくなります。

富士フイルム X-T2

●カメラの各設定が非常に直感的に行える

X100Fと全く一緒でカメラの各設定が直感的に行えるのがいいです。

X100Fとちょっと違う点もありますが、同じような感じなので、迷わず設定を変えることができます。

普段は絞り優先モードで撮影しているので、シャッタースピードダイヤルをAにしています。

ISO感度の設定を変えるダイヤルは左側にあります。

露出補正は一番右側にダイヤルがあります。

X100Fに慣れてたので、すぐに各ダイヤルの設定は行えました。

富士フイルム X-T2

ちょっと見えてるレリーズボタンは、今回はオリエンタルホビーから購入しました。

青色の千鳥のレリーズボタンにしてみました。

他に4種あるので気になった方がいたら見てください。

他に撮影後の画像をEVFで確認できるのは、X100Fと一緒で写真を確認できていいです。

最後、バッテリー消費が気になるので、X-T2の場合、自動電源OFFを15秒に設定にしています。

モバイルバッテリーを使った外部充電もできるようなので、撮影してない時電源OFFにしてつなげておきました。

しばらくして、いろいろ撮影してて130から140枚くらいしか撮影できないので、バッテリーNP-W126Sを買い増ししました。

X-T2のためにそろえたアクセサリー

X-T2を撮影する時に使いやすくするために、下記のアクセサリーを揃えました。

●定番の液晶保護フィルム

X100Fに続き、ケンコーの液晶保護フィルムを選びました。

皮脂がつくので綺麗に手入れができます。

レキサーのSDカード

最近はサンディスクではなく、レキサーのSDカードを使っています。

X-T2のために新調しました。

●バッテリNP-W126S

バッテリー1個だと撮影に不安があったので、2個買い増ししました。

X-T2で撮影するときは、常に2個予備にバッテリーを持っています。

他には、先ほど書いたオリエンタルホビーの千鳥のレリーズボタンを購入しました。

ついでにX-T2のファームウェアの更新をした

X-T2本体のDISP BACKボタンを押しながら、電源を押すとバージョンアップ画面が出てきます。

見てみるとボディーバージョンが1.10だったのでファームウェアの更新をしました。

X-T2 バージョンアップ画面

X-T2のファームウェアの更新のページにいって、ファームウェア更新するためのファイルをダウンロードして、X-T2でフォーマットしたSDに保存して、ファームウェアの更新をしました。

ボディの更新なのでボディを選択しました。

X-T2 バージョンアップ画面

もちろん2.10にしたいので、実行です。

X-T2 バージョンアップ画面

電源を切ってしまうのはいけないのはわかっているので、電源は切りません。

X-T2 バージョンアップ画面

処理中の時、あとどのくらいで終わるのかわかりません。

X-T2 バージョンアップ画面

バージョンアップ2.10完了しました。

X-T2 バージョンアップ画面

トータル33項目のファームウェア無償提供ですが、今後使いながら確認していきたいと思っています。

AFモードの「シングルポイント」に最少サイズを追加と「縦/横位置AFモード切替」の追加は気になりました。

トータル33項目にわたり機能・操作性を向上したファームウェアを無償提供

【2018年6月18日更新】

現在の最新バージョンは、4.10です。

富士フイルムのカメラは、ファームウェアが定期的にあります。

機能改善があるので、富士フイルムのカメラの魅力の一つです。

X-T2で撮影した写真

今回も思いっきり現像処理しています。

X-T2が到着してすぐにあじさいの撮影に行きました。

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WRがf2.8まで使えるので、適度なボケで撮影できました。

参考にしていただければと思います。

幸手権現堂 あじさい

幸手権現堂 あじさい

東京スカイツリー

上野公園 不忍池

上野公園 あじさい

富士フイルムX-T2のまとめ

X-T2を購入にしたことによって、さらに富士フイルムのカメラの魅力の方に惹かれています。

Nikon D810でもいい撮影は出来るので、場面場面でX100FやX-T2そしてD810を使い分けて撮影していきたいと思います。

桜や紅葉の季節など、カメラ2台体制の時もあるのでX-T2とD810をレンズを使い分けながら撮影もしていきます。

完全に富士フイルムのカメラが好きになってしまったようです。

X-T2の購入の参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

千葉茂原にある服部農園あじさい屋敷へ撮影に行ってみた
千葉長南にある長福寿寺の紅花を撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA