富士フイルム X-T2

念願のミラーレスカメラ!富士フイルムX-T2を手に入れました

富士フイルムX-T2を購入しました。

2017年1月に富士フイルムのカメラとレンズをレンタルしてみました。

X-T2とXF16-55mmF2.8 R LM WRをで、1日中思い存分撮影。

ミラーレスカメラは、結構撮りやすいのではないかと感想を持ちました。

さて、今回購入したX-T2は一体どんなミラーレスカメラでしょうか?

X-T2を選んだ3つの理由

X-T2を購入するのに選んだ理由は3つあります。

●ミラーレスカメラで写真を撮ってみたい

富士フイルムのカメラとレンズのレンタルサービスを利用して、X-T2の魅力を知りました。

EVFのファインダーをのぞいて撮影がしやすく、シャッターを切る前に出来上がる写真のイメージがわかります。

ミラーレスカメラを使って、もっともっと写真を撮ってみたい気持ちがありました。

●XF16-55mmF2.8 R LM WRのレンズを使いたい

富士フイルムのレンタルサービスを利用した時、選んだのがXF16-55mmF2.8 R LM WRのレンズです。

このレンズはF2.8通しの大三元レンズです。

写りがとても素直です。

そして、隅のほうまでキレイに解像していました。

被写体をボカして写真を撮ってみたかったので、このレンズを選びました。

富士フイルムのカメラの中で、このレンズと組み合わせがいいと思ったのがX-T2でした。

●撮影システムを軽くしたい

気軽に街の写真を撮ってみたい。

そう考えると、カメラとレンズの組み合わせの撮影システムを軽くしたいのです。

Nikon D810で写真を撮っています。

F2.8通しの大三元レンズの中の標準ズームレンズを選ぶと。

  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR(重量1070g)
  • AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED(重量900g)

気軽にいつも持ち歩ける重さでありません。

XF16-55mmF2.8 R LM WRなら重さ655g。

他のメーカーの大三元レンズと比べると軽いです。

スナップ写真を撮る時でも、そのレンズをX-T2につけて持ち歩きしやすいです。

さらにもう一本交換レンズを持っても、大きな荷物になりません。

富士フイルム X-T2

X-T2を気に入っている2つの点

購入をしてみて、X-T2を気に入っている2つの点があります。

●撮影で持つのにちょうどいい大きさ

X-T2は撮影する時に持つのにちょうどいい大きさです。

手が小さいですが、X-T2のグリップをいい感じにつかんでいます。

XF16-55mmF2.8 R LM WRは、今まで使って来たニコンのレンズより軽いです。

富士フイルムの中では、重いレンズです。

このレンズはX-T2より重いですが、実際構えてみるとバランスよく持つことができます。

富士フイルム X-T2

●カメラの各設定が直感的に扱える

カメラの各設定が直感的に扱えるのがいいです。

富士フイルムの他のカメラと同じような感じで、迷わず設定を変えることができます。

シャッタースピードダイヤル、ISO感度の設定を変えるダイヤル、そして露出補正のダイヤルがあります。

どれも、数字が一目瞭然なのですぐにダイアルを動かして設定できます。

富士フイルム X-T2

X-T2のためにそろえたアクセサリー

X-T2を使いやすくするために、アクセサリーを揃えました。

●定番の液晶保護フィルム

ケンコーの液晶保護フィルムを選びました。

皮脂がついても、綺麗に手入れができます。

レキサーのSDカード

レキサーのSDカードを使っています。

●バッテリNP-W126S

バッテリー1個だと撮影に不安があったので、2個買い増ししました。

実際にいろいろ撮影して、130から140枚くらいしか撮影できませんでした。

X-T2で撮影するときは、常に2個予備にバッテリーを持っています。

●レリーズボタン

レリーズボタンは、今回はオリエンタルホビーから購入しました。

青色の千鳥のレリーズボタンを選びました。

ついでにX-T2のファームウェアの更新をした

X-T2本体のDISP BACKボタンを押しながら、電源を押します。

バージョンアップ画面が出てきます。

ボディーバージョンが1.10だったので、ファームウェアの更新をしました。

X-T2 バージョンアップ画面

X-T2のファームウェアの更新のサイトページを開きます。

ファームウェア更新するためのファイルをダウンロード。

X-T2でフォーマットしたSDに保存して、ファームウェアの更新をしました。

今回は、ボディの更新なのでボディを選択しました。

X-T2 バージョンアップ画面

2.10にしたいので、実行。

X-T2 バージョンアップ画面

もちろん電源は切りません。

X-T2 バージョンアップ画面

処理中には、あとどのくらいで終わるのかわかりませんでした。

X-T2 バージョンアップ画面

バージョンアップ2.10完了しました。

X-T2 バージョンアップ画面

トータル33項目のファームウェア無償提供です。

今後使いながら確認していきます。

下記の2点の追加は興味を持ちました。

  • AFモードの「シングルポイント」に最少サイズに
  • 縦/横位置AFモード切替

トータル33項目にわたり機能・操作性を向上したファームウェアを無償提供

現在の最新バージョンは、4.30です。【2018年10月25日】

富士フイルムのカメラは、ファームウェアが定期的にあります。

機能改善があるので、富士フイルムのカメラの魅力の一つです。

X-T2で撮影した写真

X-T2が手元に到着して、すぐにあじさいを撮りにいきました。

XF16-55mmF2.8 R LM WRのレンズを存分に味わいました。

幸手権現堂 あじさい

幸手権現堂 あじさい

上野公園 あじさい

まとめ

いかがでしたでしょうか?

X-T2を購入にしたことによって、さらに富士フイルムのカメラの魅力がわかるようになりました。

一眼レフカメラのD810と、ミラーレス一眼カメラのX-T2を使い分けて撮影していきたいと思います。

完全に富士フイルムのカメラが好きになりました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考にしていただければと思います。

関連記事

最高!X-T2を使い続けてわかった3つの良いところ

ガチレンズXF16-55mmF2.8 R LM WRを使った感想

当日無料!富士フイルムでカメラとレンズをレンタルしてみた

感動!ミラーレスカメラX-T2をレンタルして撮影を試してみた感想

スポンサードリンク

千葉茂原にある服部農園あじさい屋敷へ撮影に行ってみた
千葉長南にある長福寿寺の紅花を撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA