越谷梅林公園

隠れた名所!梅400本が花盛りの越谷梅林公園へ撮影に行ってきた

2019年3月2日、越谷梅林公園に撮影に行きました。

梅園はいろいろありますが、ここ越谷梅林公園の梅は写真が撮りやすい。

大きな梅林公園ではないけど、市がしっかり梅の木1本1本丁寧に管理してます。

キレイな梅の花を咲かせてくれるので、写真をたくさん撮りたくなります。

満開前の少し早い時期に来てしまった感じがします。

でも、梅の花がイキイキして太陽の光で輝いていました。

さて、今回の越谷梅林公園ではどんな写真が撮れたでしょうか?

越谷梅林公園について

越谷梅林公園の由来について。

公園周辺の大林、大房地区は、1960年頃に梅の生産が盛んになっていました。

急激な人口増加により、宅地化が進み果樹園や畑は次第に減少。

梅林や養鶏場があったこの場所も宅地化予定がありました。

「昔ながらの梅の名所を残したい」と越谷市が用地買収して公園として 整備。

1988年に越谷梅林公園として開園しました。

約2万平方メートルの敷地に、白加賀、紅梅、梅郷などの約40種300本の梅の木が植えられています。

●梅の花期 2月下旬〜3月中旬

●場所 越谷市大林203-1

●アクセス 東武スカイツリーライン北越谷駅西口から徒歩約20分(元荒川沿い)

越谷梅林公園

<span class="Apple-converted-space">越谷梅林公園 </span>

梅の花の撮影にはとても快適な梅林公園

越谷梅林公園は、梅の木をとてもていねいに市で管理されている場所です。

桜の名所はたくさんありますが、梅の本数や広さは決して多くありません。

ただ、梅の花に勢いがありとても、生き生きと咲いています。

越谷梅林公園

カメラを持って撮影してながら、キレイな梅の花を見ていると楽しくなってくる場所。

隠れた梅の名所です。

越谷梅林公園

やはり越谷の人たち、それもこの周辺の方が多いと思うので、いい意味でローカル感があります。

越谷梅林公園

まだ、満開の時期ではありませんでしたが、梅の花がたくさん咲いていました。

越谷梅林公園

越谷市の職員の方が、梅の様子を撮影しようにも、人が多くて苦労していました。

越谷梅林公園

オススメの場所が3ヶ所あります。

今回満開の時期に来れなかったので、2018年3月10日に撮影した写真になります。

まず1つ目は、1本の木から紅白の梅の花が咲く梅の木です。

この木1本だけなので、個性的でとても印象に残ります。

越谷梅林公園

2つ目は、越谷梅林公園の梅の案内板のすぐ近くにある3本梅です。

種類は全部違いますが、紅い梅の花を咲かせる梅のトリオです。

ここだけ見るだけでも十分に満足するくらいキレイ。

越谷梅林公園

最後3つ目は、梅並木が続く満開の白いトンネルです。

白い梅の花に圧倒されながら、くぐりながら春を堪能できます。

越谷梅林公園

3ヶ所の場所を地図にしておきました。

参考にしてみてください。

越谷梅林公園

梅の花を鮮やかに撮影する方法

基本的に花の撮影では青空を背景して、花の鮮やかさを引き立てます。

梅の花も同じように撮影していきます。

太陽の光が順光気味になるような位置になれば、空は青くなり花は発色がよくなります。

ただ、真順光だと影の部分ができないので、自分の体の真後ろに太陽の位置が来ないようにします。

紅い梅の花よりも、白い梅の花のほうが太陽の逆光を利用して撮影するとキレイです。

●どんな写真を撮りたいか?

青い空を背景にして梅の花を映えさせたい。

梅の花をボケを使って表現してみたい。

満開の梅林の風景を表現したい。

●実際に撮影現場で意識したこと

越谷梅林公園は、一日中太陽の光が当たります。

ただ、気をつけたいのが逆光での撮影です。

特に梅林の風景写真は、逆光ではキレイに梅の木をキレイな写真になりません。

なるべく、順光気味になるような位置に立って撮影をしました。

意図的に梅の花をアップで撮影するときは、逆光を利用しました。

●使用したカメラ

D810

X-T2

●使用したレンズ

タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

富士フイルムXF16-55mmF2.8 R LM WR

 

今回もいつものようにいろいろ考えながら、越谷梅林公園の梅の花を撮りました。

記事のアイキャッチに使っている写真は、望遠ズームレンズで撮りました。

定番の組み合わせ、ニコンD810とタムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2。

前ボケと背景ボケを使って、狙った被写体を浮き上がらせてみました。

越谷梅林公園Nikon D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 焦点距離200mm ISO100 絞りF3.5 シャッタースピード1/2000秒

こちらも同じニコンD810とタムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2で撮った写真。

たくさん咲いている梅の花をレンズの前に置いて、奥の花に焦点を当てて花吹雪のような写真にして見ました。

Nikon D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 焦点距離200mm ISO100 絞りF3.5 シャッタースピード1/1600秒

次は、富士フイルムX-T2で撮影した写真です。

レンズはXF16-55mmF2.8 R LM WR。

普段は絞りF8で撮影することが多いので、こういう風景を撮るほうが得意です。

太陽の光は左真横から差しています。

満開ではないですが、梅の木の重なりがいい感じだったので撮りました。

越谷梅林公園Fujifilm X-T2+XF16-55mmF2.8 R LM WR 焦点距離16mm ISO200 絞りF8 シャッタースピード1/320秒

こちらもボケを使った写真です。

もう少し絞ってもよかったかなと思いましたが、春っぽくできたかなと思います。

越谷梅林公園

Fujifilm X-T2+XF16-55mmF2.8 R LM WR 焦点距離36.5mm ISO200 絞りF3.6 シャッタースピード1/2200秒

来年も越谷梅林公園の梅を撮りに行く予定です。

他にもたくさんの梅園があるので、いろいろ訪れて越谷梅林公園の梅と比べていこうと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

越谷梅林公園は規模は小さいですが、梅の木の手入れが行きとどいています。

そのため、キレイに梅の花が咲く貴重な場所です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

梅を楽しめる場所として参考にしていただければと思います。

<span class="Apple-converted-space">越谷梅林公園 </span>

越谷梅林公園

関連記事

念願のミラーレスカメラ!富士フイルムX-T2を手に入れました

ガチレンズXF16-55mmF2.8 R LM WRを使った感想

まだまだ現役!念願の高画素機D810の中古を手に入れました

魅惑のレンズ!SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を購入

スポンサードリンク

早咲き満開!河津桜を撮影しながら一足早く春を感じてきた
最高のロケーション!旧中川の見頃になった河津桜を撮影に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA