ロウバイ 府中市郷土の森博物館

府中市郷土の森博物館の黄色いロウバイを美しく撮ってきた

2019年1月14日、ロウバイの撮影に行ってきました。

撮影場所は、府中市郷土の森博物館です。

毎年ロウバイを見に行きたいと思いつつ、やっと今年初めてお目にかかれます。

鮮やかな黄色のロウバイが映えるよう、空が青くなる快晴の日を待って行くことにしました。

さて、今回の府中市郷土の森博物館に咲いている見頃のロウバイはどうだったでしょうか?

府中市郷土の森博物館について

府中市郷土の森博物館は、府中の歴史や民俗を伝えてたり、プラネタリウムを鑑賞できる場所です。

野外は、江戸明治大正期の復元建築物があったり、府中市の花になっている1000本の梅があります。

今回は、ロウバイが見頃の時期に訪れました。

約90本のロウバイが植えられています。

こじんまりとしてますが、じっくり鑑賞したり、ゆっくり撮影するにはちょうどいい規模です。

ろうばいの小径

【開館時間】

午前9時〜午後5時(最終入館時間、午後4時まで)

【休館日】

月曜日(祝日の時は翌日休館)

年末年始(12/29〜1/3)

【観覧料】

観覧区別対象個人団体(30人以上)
博物館観覧料大人300円240円
博物館観覧料小人(中学生以下)150円120円
プラネタリウム観覧料大人600円480円
プラネタリウム観覧料小人(中学生以下)300円240円

※4歳未満は無料
※府中市内在住及び市内の学校等に通っている子どもは、博物館拝観料無料

府中市郷土の森博物館

府中市郷土の森博物館

園内マップ (PDF)

府中市郷土の森博物館 – 公益財団法人府中文化振興財団

府中市郷土の森博物館

ロウバイはまさに黄金に輝くように咲いていた

今回、ツイッターのフォロワーさんの情報でロウバイを撮影する場所に選びました。

府中市郷土の森博物館のロウバイが、ちょうど見頃ですよと。

1週間後訪れてみました。

ロウバイは、ろうばいの小径というところに植えられています。

博物館の敷地入口から、一番遠く一番奥の場所です。

途中梅林の道を通りました。

ちらちらと梅も咲き始めていました。

見頃までまだかかりそうです。

梅 府中市郷土の森博物館

ちょっとした梅林の丘を登ると。

見えてきました。

ロウバイの黄色い花。

ロウバイ 府中市郷土の森博物館

実際に見たのは初めてです。

黄色という色なので、自然と元気をもらえます。

まだ1月ですが、少し春の雰囲気を感じました。

ロウバイを美しく撮影する方法

毎年梅や桜の時期になると、どんな感じに写真を撮ればいいか悩みます。

ロウバイも撮影するときも、同じようなことを思います。

●どんな写真を撮りたいか?

ロウバイの黄色を青い空に対比させて、映えさせたい。

たくさんのロウバイが咲いているように見せたい。

●実際に撮影現場で意識したこと

順光と逆光をうまく使い分けて撮影した。

ボケをうまく使って前後の奥行きを表現して撮影した。

●使用したカメラ

D810

α7R III

●使用したレンズ

ソニーSEL24105G

タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

 

逆光でロウバイの花が透けて輝いていました。

逆光なので彩度が落ちますが、淡い感じに表現してみました。

α7R III+SEL24105GとD810+SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2。

標準ズームレンズと望遠ズームレンズ。

組み合わせの違いますが、同じような感じのロウバイの写真を撮りました。

ボケをうまく使って、ロウバイがたくさん咲いているように撮影しました。

ロウバイ 府中市郷土の森博物館Nikon D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 焦点距離100mm ISO100 絞りF2.8 シャッタースピード1/2500秒

ロウバイ 府中市郷土の森博物館SONY α7R III+SEL24105G 焦点距離50mm ISO100 絞りF8.0 シャッタースピード1/800秒 

ロウバイ 府中市郷土の森博物館Nikon D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 焦点距離135mm ISO100 絞りF3.5 シャッタースピード1/2000秒

ロウバイ 府中市郷土の森博物館SONY α7R III+SEL24105G 焦点距離40mm ISO100 絞りF5.0 シャッタースピード1/800秒

次は、体の後ろ側に太陽を置いて、順光で撮影しました。

この方向だと、青い空がきれいに写ります。

ロウバイの黄色も鮮やかに撮影することができます。

ロウバイ 府中市郷土の森博物館SONY α7R III+SEL24105G 焦点距離35mm ISO100 絞りF5.6 シャッタースピード1/500秒

ロウバイ 府中市郷土の森博物館SONY α7R III+SEL24105G 焦点距離24mm ISO100 絞りF4.0 シャッタースピード1/1000秒

ロウバイ 府中市郷土の森博物館
SONY α7R III+SEL24105G 焦点距離50mm ISO100 絞りF5.6 シャッタースピード1/640秒

ロウバイ 府中市郷土の森博物館
Nikon D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 焦点距離165mm ISO100 絞りF3.5 シャッタースピード1/1250秒

まとめ

いかがでしたでしょうか?

府中市郷土の森博物館のロウバイは、ちょうど見頃で黄金に輝く世界でした。

2月中旬には、1000本の梅が見頃を迎えるようです。

梅の時期も撮影で訪れてみようかなと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もし興味を持ちましたら、訪れてロウバイを楽しんでいただければと思います。

ロウバイ 府中市郷土の森博物館

関連記事

念願のミラーレスカメラSONY α7R IIIをついに手に入れました

イチオシ!標準ズームレンズSEL24105Gを手に入れました

まだまだ現役!念願の高画素機D810の中古を手に入れました

魅惑のレンズ!SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を購入

スポンサードリンク

超便利!親指AFを使って素早く効率よく写真を撮る
PowerCore Speed 20000 PDのスゴさをレビュー

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA