SEL24105G

SONY標準ズームレンズSEL24105Gを手に入れました

SONYの標準ズームレンズFE 24-105mm F4 G OSS SEL24105Gを手に入れました。

2018年3月7日に、マップカメラさんにミラーレス一眼カメラのα7R IIIと一緒に注文しました。

実はいろいろなレンズがある中で、標準ズームレンズが一番好きなレンズです。

焦点距離35mmと85mmをよく使って写真を撮っています。

α7R IIIを購入したのはSEL24105Gのレンズが出たからです。

さて、SONYの標準ズームレンズSEL24105Gはどのようなレンズでしょうか?

α7R IIIを購入した記事を書いていますので、もし興味がありましたら読んでいただければと思います。

関連記事

念願のカメラSONY α7R IIIを手に入れました

SEL24105Gのレンズを初めて見て触った感想

SONYの標準ズームレンズSEL24105Gは、品薄の状態が続いていました。

そのため、SEL24105Gが届くまで、約3週間かかりました。

SEL24105Gは、オレンジ色のパッケージに入っていました。

SEL24105G

そこからSEL24105Gを取り出して、いろいろ見たり触ったりしてみました。

まず最初に見た感じですが、つや消しのレンズボディでしっかり作られてて、安っぽい感じがしません。

SEL24105G

プラスチック製のレンズキャップやレンズフードは、肉厚でしっかりとしててこちらも安っぽさがありません。

ズームリングは、回しにくくはありませんが、軽く回る感じではありません。

撮影をしてない時、カメラを下げて歩いてもレンズの自重でズームすることはない感じです。

105mmの焦点距離にするとこのくらいまで伸びます。

SEL24105G

ピントリングは、いつまでも回せるタイプです。

さらっと回る感じだけど、マニュアルでピントを合わせるとき微妙な感じで調節ができそうでした。

SEL24105G

AF/MFスイッチや手振れ補正スイッチが付いています。

主に、三脚を使っての撮影で使うことが多いですが、スイッチを切り替えるのは結構やりやすくて気に入りました。

話がずれますが、α7R IIIのボディにはSUNWAYFOTOのL型プレートをつけています。

このSEL24105Gレンズの重量は、663gあります。

α7R IIIの重量は、572gです。

SEL24105Gをα7R IIIに取り付けて持ってみると、少しだけレンズの方へ重さを感じます。

SEL24105G

が、α7R IIIのグリップがしっかり持てるようになっているので、安定してカメラを構えることができると感じました。

SEL24105Gのレンズでいろいろな被写体を撮ってみた

SEL24105Gは、F4通しの標準ズームレンズです。

SEL24105G

Nikon D810で使っているAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRもF4通しの標準ズームレンズです。

このレンズと比較しながら、SEL24105Gで撮った写真を見ていきたいと思います。

まず初めに感じたことが、焦点距離24mmで撮影した場合歪みが少ないなと感じました。

ちょっとAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRと比べてみました。

どちらのレンズも、焦点距離24mm、ISO1000、F5.6、WBオートに設定して撮影しました。

まずこちらは、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを焦点距離24mmにして撮影した写真です。

一番わかりやすいのが柱が少し湾曲しています。

そして、周辺減光になっていました。

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

次に、SEL24105を焦点距離24mmにして撮影した写真です。

湾曲歪みがほとんどなく、周辺減光もありませんでした。

初めてこのレンズで撮影したときは、歪みがないせいか広がりを感じなかったので、本当に焦点距離24mmなのかと思ったほどでした。

SEL24105G

個人的には、焦点距離24mmで撮影する時、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRのほうが、湾曲の歪みを利用して被写体のど真ん中を認識しやすかったりします。

α7R III+SEL24105で撮った写真を載せてみたいと思います。

いつも撮影してる被写体は一通り写真を撮ってみました。

どんな場所でも、どんな時間帯でも、いい感じに撮影ができるレンズだと感じました。

SEL24105

SEL24105

SEL24105

SEL24105

SEL24105

SEL24105

やはり万能レンズと呼ばれるだけあって、何でも綺麗に撮影できるレンズです。

SEL24105Gのレンズのまとめ

SEL24105Gは、便利で万能で十分綺麗に納得する写りをする標準ズームレンズです。

やはり、ズームリングの回り方は適度なトルク感があって使いやすかったです。

昼の時間、夕方の時間、夜の時間のどの撮影でも満足のいく写真が撮れました。

α7R III+SEL24105Gでは、いろいろな被写体やいろいろな時間帯で撮影をしてきました。

そこで、夕景や夜景と街撮りを中心に撮影していこうと考えています。

SEL24105Gのレンズを購入してよかったなと満足しています。

次のレンズとして、FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GMが気になりますが、購入は未定になっています。

SEL24105Gは、人気があるレンズのせいか納期が1ヶ月以上かかるみたいです。

SEL24105G

関連記事

SONY SEL24105Gはつっこめないほどボケてくれる

スポンサードリンク

埼玉秩父にある天空のポピーへ撮影に行ってみた
紫陽花寺と呼ばれている本土寺へ撮影に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA