タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDは素敵に綺麗な逆光の写真を撮れるレンズ

今回は、タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDの望遠ズームレンズで撮影した逆光写真の話です。

2020年9月に手に入れてから、花や紅葉の写真を中心にいろいろなモノを撮ってきました。

手頃な価格で手に入る望遠レンズなので、正直期待を大きくせずに使い始めます。

写真を撮っていくうちに、自分が表現したい写真が撮れるレンズだと思うようになりました。

今回は、逆光の場面の撮影での70-180mm F/2.8 Di III VXDのレンズの良さについて話していきます。

スポンサードリンク

気軽に持ち運べれば良いと思っていた望遠ズームレンズ

70-180mm F/2.8 Di III VXDは、とにかく気軽に持ち運べる望遠ズームレンズが欲しい。

そして、花の撮影をある程度のクオリティーの写真が撮れれば良いと思っていました。

実際に手に入れてみました。

前に使っていたニコンD810+タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2組み合わせで使っていた頃よりも、気軽に撮影に行けるようになります

また、写りに物足りなさがあったら、ソニーFE70-200mm F2.8 GM OSSを手に入れればいいと考えていました。

70-180mm F/2.8 Di III VXDについては、いろいろ考えた記事を書いたので読んでみてください。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD正式発表

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDは気軽な望遠ズームレンズ

逆光シーンでの撮影は思い通りに表現できる望遠ズームレンズ

実際に70-180mm F/2.8 Di III VXDをいろいろシーンを撮影して使うことで、信頼感というものを持てるようになりました。

撮影しているものは、記録する写真なので高度なクオリティは必要ありません。

それでも綺麗にその瞬間を残していきたい思いはありました。

その中でも、夕景写真を70-180mm F/2.8 Di III VXDで撮る機会がやってきます。

いつもは、ソニーα7R III+SEL24105Gまたは、SEL1635GMで夕陽のシーンを撮影してきました。

この時は、埼玉から見える富士山を入れながら、夕陽を入れての夕景写真のため、望遠ズームレンズを必要になります。

その時に70-180mm F/2.8 Di III VXDで撮影してみました。

α7R IIIのイメージセンサーの良さもあるのかもしれませんが、自分が表現したい夕景写真に仕上がったのです。

スポンサードリンク

実際70-180mm F/2.8 Di III VXDで逆光で撮影した夕景写真について

埼玉県越谷市にある東埼玉資源環境組合の展望台から撮影。

夕景の富士山の写真を撮りました。

太陽が沈んでいく状態なので、光はかなり強い逆光状態。

Lightroomで現像処理はしましたが、色合いや暗部はしっかり綺麗に記録できていました。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

展望台から降りて、東埼玉資源環境組合の敷地から夕景を撮りました。

太陽は沈んでしまいましたが、光の方向は逆光です。

どうしても、明暗の差が出てしまいますが、後で行う処理を計算しながら露出を決めます。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

急いで、東埼玉資源環境組合から車で3分の場所にある不動橋に移動しました。

元荒川を入れた夕景の富士山を撮影します。

この頃の暗さになると、【f8〜11/ISO2000〜2500/シャッタースピード1/15秒】

夕景は機動力を活かしたいので、基本手持ち撮影です。

70-180mm F/2.8 Di III VXDは手ぶれ補正がレンズ本体にありません。

が、α7R IIIのボディ内手ぶれ補正と自分の構えの忍耐のおかげでブレませんでした。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

マジックアワーの時間です。

グラデーションを綺麗に表現できました。

ここまで綺麗に記録ができれば満足です。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

関連記事

富士山夕景が素敵できっと感動できる撮影スポットへ行ってみた【越谷夕景】

70-180mm F/2.8 Di III VXDで逆光気味で撮影した花の写真について

東京都府中市にある府中市郷土の森博物館のロウバイを逆光気味に撮影しました。

ロウバイは、順光で青い空をバックにして写真を撮るのも鮮やかで綺麗です。

が、逆光で撮影したほうがキラキラ輝いて素敵でした。

十分に70-180mm F/2.8 Di III VXDは、高性能を発揮していると感じました。

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD 逆光

府中市郷土の森博物館

●所在地 東京都府中市南町6-32

●Mapcode 2 852 343*74

府中市 郷土の森公園

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どうしても価格が安いことからタムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDを過小評価してしまいます。

ですが、逆光の中での撮影は、綺麗な記録写真を残すことができました。

夕景時の撮影ではシャッタースピードが遅くなります。

70-180mm F/2.8 Di III VXD本体に手ぶれ補正がなくとも、α7R IIIのボディ内手ぶれ補正でも撮影できることもわかりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

70-180mm F/2.8 Di III VXDを使おうとしてる方や購入しようとしてる方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

ニコンの一眼レフカメラをすべて手放した理由(わけ)【2020年】
北品川荏原神社の寒緋桜の濃いピンクに誘われて撮影してきた