Z 6II オールドレンズ

ニコンZ 6IIにオールドレンズを取り付けて写真撮影をはじめました【Zマウント】

ニコンZ 6IIにオールドレンズを取り付けて写真を撮ることはじめました。

Z 6IIを手に入れたらやりたかったことの一つです。

元々はソニーα7R IIIにマウントアダプター経由で、オールドレンズをつけて撮影してきました。

現行のレンズで撮影するのと違い、色や雰囲気が面白く少し遊び感覚似た感じで楽しみます。

さて、Z 6IIにオールドレンズを取り付けて写真を撮ってどうだったでしょうか?

スポンサードリンク

今までα7R IIIにオールドレンズを取り付けて撮影してきた

ソニーα7R IIIを購入した時は、オールドレンズを取り付けて写真を撮ることを全く考えていませんでした。

ただ、ソニーのミラーレス機はオールドレンズが似合うなという第一印象を持っていたくらい。

そのため、しばらくの間現行レンズで綺麗に撮影することだけをしていました。

ある日、α7IIIにオールドレンズを使って写真を撮っている方にツイッターを通して出会います。

そこから、オールドレンズに興味を持ち始めました。

Z 6II オールドレンズ

現在持っているオールドレンズ

下記、現在持っているオールドレンズです。

  • CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 MMJ
  • PENTAX SMC TAKUMAR 50mm F1.4
  • MINOLTA MC ROKKOR-PG 50mm F1.4
  • MINOLTA MC ROKKOR-PF 50mm f1.7
  • MINOLTA MC W.ROKKOR-HG 35mm F2.8
  • CANON FD 50mm f1.4 S.S.C.
  • PENTAX Super Takumar 50mm f1.4
  • PENTAX SMC PENTAX-A 1:1.4 50mm F1.4

●コンタックス

CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 MMJは、どちらかと言うと、夜に撮影するのが楽しいオールドレンズです。

イルミネーションなどの光をぼかして撮影した時の玉ボケが印象的。

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

●ミノルタ

色の雰囲気が好きな傾向のオールドレンズです。

そのためよく持ち出して写真を撮って来ました。

これからもミノルタで撮ることが多いと思います。

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

●ペンタックス

ペンタックスのオールドレンズは気にいっています。

一番オールドレンズで撮影している感じの写真が撮れるから。

結構手頃な値段で手に入るのも好きな理由です。

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

スポンサードリンク

早速Z 6II+CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 MMJで試し撮り

今回使うオールドレンズCONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 MMJ。

Z 6II オールドレンズ

Z 6IIにマウントアダプター経由で取り付けました。

マウントアダプターは、いつもお馴染みK&F Concept製。

Z 6II オールドレンズ

次に2点、Z 6II 内で設定をします。

  • フォーカスピーキング
  • レンズ情報手動設定

●フォーカスピーキング設定

マニュアルフォーカス時にピントが合っていることがわかるように、フォーカスピーキング機能を使います。

【カスタムメニュー】→【d撮影・記録・表示】を選びます。

Z 6II オールドレンズ

【d11フォーカスピーキング】を選びました。

Z 6II オールドレンズ

【ピーキングの検出】はPEAK2(標準)。

Z 6II オールドレンズ

【ピーキング表示色】はR(レッド)にしました。

Z 6II オールドレンズ

●レンズ情報手動設定

【セットアップメニュー】→【レンズ情報手動設定】

Z 6II オールドレンズ

今回、CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.4 MMJを使って撮影します。

焦点距離は、【50mm】。

開放絞り値は、【F1.4】を登録しました。

同じ焦点距離と同じ開放絞り値なら、違うレンズでもこの設定を使えます。

Z 6II オールドレンズ

試しに、開放絞り値でF1.4で紫陽花を撮影してみました。

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

Z 6II オールドレンズ

スポンサードリンク

Z 6IIでオールドレンズの試し撮りをして感じたこと

Z 6IIでオールドレンズの試し撮りをして感じたこと。

それは、【EVFが非常に見やすいこと】【マニュアルでピントが合わせやすいこと】です。

実は今使っているα7R III、X-T4そしてZ 6IIの電子ビューファインダーのスペックは、すべて【0.5型の約369万ドットのEVF】です。

全部綺麗に見えますが、全くキャラクターが違いました。

その中でも、Z 6IIはEVFが一番見やすく、マニュアルでピントを合わすことが一番やりやすいカメラです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Z 6IIを現行のレンズで撮影するのでなく、あえてオールドレンズで写真を撮っています。

少し見方を変えて、ニコンのミラーレス機を楽しんでみようと思いました。

引き続きいろいろなオールドレンズで写真を撮っていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ちょっと違ったアプローチで、Z 6IIの魅力は何かを追求していきたいと思います。

Z 6II – 概要 | ミラーレスカメラ | ニコンイメージング

created by Rinker
Nikon
¥244,000 (2021/10/17 07:06:58時点 Amazon調べ-詳細)

Z 6IIを購入ようやくニコンのミラーレス一眼カメラを使い始めます【ニコン復活】

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sはキットレンズ以上の能力を持つ標準ズームレンズ【購入】

スポンサードリンク

千葉多古日本寺紫陽花8000株のさまざまな彩り広がる風景を撮影してきた
Lightroom Classicのカタログデータを新しいMacに移行する方法【2021年】