タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD正式発表

2020年4月7日、タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDが正式発表されました。

この大変な時期に期待の望遠ズームレンズを発表されたのは、少し気持ちが明るくさせるニュース。

首を長くして、発売日が発表されるのを楽しみに待っていました。

新型コロナウイルス感染症の影響で、本来予定していた4月下旬から、2020年5月14日でになります。

発売のスケジュールが移動しましたが、これは仕方がないこと。

早速、これから予約をしようと思っています。

その前に70-180mm F/2.8 Di III VXDをじっくりみていきたいと思います。

さて、タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDはどんなレンズでしょうか?

スポンサードリンク

70-180mm F/2.8 Di III VXDについて

正式発表された70-180mm F/2.8 Di III VXDを見ていきたいと思います。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD製品ページ

まず、希望小売価格は15万円(税抜)ですが、予約価格は123,750円(税込)(2020年4月8日現在)です。

価格.com

だいぶ手の届きやすい価格だと思います。

ソニーEマウント用にいい感じの望遠ズームレンズが出てきました。

次に、下記がこの望遠ズームレンズの特徴です。

  • 開放f2.8通しのレンズでありながら小型軽量
  • かつてない高速高精度のAF
  • 非常に高い解像力と描写力
  • 最短撮影距離0.85m

●開放f2.8通しのレンズでありながら小型軽量

小型軽量は、一番求めていたものだったので感動しました。

今使っているタムロンのほぼ同じスペックの望遠ズームレンズは、SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2。

レンズの重さは1485gあります。

それをニコンD810につけて撮影するのでとても重いのです。

70-180mm F/2.8 Di III VXDの重さは810g。

このレンズをソニーα7R IIIにつけて合計の重さは、約1380gになります。

それは、SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2の1本分のレンズの重さ。

だいぶ写真を撮るのに楽になる軽量さです。

70-180mm F/2.8 Di III VXDの焦点距離70mm時、レンズ本体の長さは149mm。

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2のレンズ本体の長さは、191.3mmです。

約4cm長さがコンパクトになりました。

小型軽量だけでも使ってみたい理由になっています。

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 魅惑のレンズを手に入れました

タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2望遠ズームレンズの3つの良い点

●かつてない高速高精度のAF

かつてない高速高精度という文言がついたAFが搭載されました。

AFが速くて正確にピントが合うのは、頼もしいです。

タムロン初のリニアモーターフォーカス機能、VXD(Voice-coil eXtreme-torque Drive)を開発したとのこと。

髪の毛1本分の1/10以下の0.005mm単位で位置精度があります。

正直、すごいとしか言いようがありません。

実際撮影に使ってみないと快適さや使いやすさがわからないです。

果たして実感が湧くのかわかりませんが、低速低精度のAFよりはましですね。

昔使ってたタムロンのSP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACROのレンズを思い出しました。

決して写りが悪いレンズではないですが、やはりAFはちょっと不満でした。

タムロンSP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACROを評価してみた

●非常に高い解像力と描写力

非常に高い解像力と描写力。

ここは非常に興味があるところ。

いろいろな単語が並んでいますね。

  • レンズ構成14群19枚
  • XLD(eXtra Low Dispersion)レンズ
  • LD (Low Dispersion異常低分散)レンズ
  • GM(ガラスモールド非球面)レンズ
  • 複合非球面レンズ

先ほどのAFの項目と同じく、実際撮影に使ってみないと実感できないです。

ただ、ソニーFE70-200mm F2.8 GM OSSとほぼ同じスペックとも言われています。

結構期待できるレンズかなというのが感想です。

●最短撮影距離0.85m

最短撮影距離0.85m。

望遠ズームレンズで寄れるレンズです。

マニュアルフォーカス設定では、広角端70mmでは0.27mまで寄れます。

撮影で寄れるということは、結構大切なことです。

花の撮影をすることが多いので、また違った撮影ができるのではないかと楽しみにしています。

最後に気になることがあります。

  • 三脚座がない
  • 防塵防滴でない
  • 手ぶれ補正機能がない

●三脚座がない

レンズ本体の重さが810gですごく重いというわけでないからか、三脚座はありません。

三脚に固定して使う頻度が少ないと思うので、大丈夫だと考えています。

●防塵防滴でない

このレンズは、簡易防滴構造ですが防塵防滴ではないです。

ただ、α7R IIIも防塵防滴ではないので、多分過酷な撮影はしないと思います。

土砂降りの雨の中では、代わりに富士フイルムX-T2を使っています。

●手ぶれ補正機能がない

手ぶれ補正機能をレンズにつけると、小型軽量のレンズにできないと感じました。

α7R IIIのボディ内手ぶれ補正だけで、撮影していくことになります。

これも実際使って写真を撮ってみてからの感想です。

スポンサードリンク

ソニーFE70-200mm F2.8 GM OSSとの比較

SonyAlphaRumorsに比較レビューがあります。

First review of the new Tamron 70-180mm f/2.8 FE lens

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDとソニーFE70-200mm F2.8 GM OSSとのレンズ比べ。

以前、FE70-200mm F2.8 GM OSSをα7R IIIで何度も使うかどうか迷いました。

やはり重さが1480gもあるのは躊躇してしまいます。

この比較記事で、70-180mm F/2.8 Di III VXDを使ってみようと思いました。

●タムロン70-180mm F/2.8が有利な点

  • 隅がシャープ
  • 透過率が高く見える(実際のT値が1/3段が小さい)
  • 最短撮影距離が85cm(ソニーは96cm)
  • 大幅に安い
  • 軽い810g
  • 新しいAFシステムはスチルでも動画でも非常に速い

●ソニーFE70-200mm F2.8 GMが有利な点

  • ソニーの方がよりしっかりとした感触
  • 三脚座がある
  • インナーフォーカス
  • レンズ内手ブレ補正が搭載
  • 鏡筒にボタンがある
  • 望遠端が長い
  • 逆光耐性に優れている

まとめ

いかがでしたでしょうか?

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDを予約しようと思っています。

しばらくSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2も併用して、撮影していこうと考えています。

写りの良さよりも撮影で使いやすいかに注目しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXDの望遠ズームレンズの参考になればと思います。

タムロン70-180mm F/2.8 Di III VXD製品ページ

スポンサードリンク

α7R IIIに使いやすいニコンのマクロレンズを手に入れました
外出自粛で写真を撮りに行けず自宅待機で家の中で有意義に過ごす方法