今年手に入れたお気に入りの3本のベストレンズ【2021年】

XF33mmF1.4 R LM WR NIKKOR Z 40mm f/2 SEL70200GM2ソニー

2021年、手に入れたお気に入りのレンズの話です。

今年は最新のレンズやオールドレンズをいろいろ購入しました。

その中でもとても良かったレンズを3本選択。

いずれのレンズも予約開始日に即予約注文しています。

1本は望遠ズームレンズ。

後の2本は単焦点レンズです。

3本ともマウントが違う(メーカーが違う)レンズを購入しました。

自分の中で、こういう撮影をしてみたいからと考えてそれぞれもレンズを選びました。

さて、2021年に手に入れた3本のベストレンズはどんな感じだったでしょうか?

スポンサードリンク

今年手に入れた3本のレンズを選んだ理由

3本のレンズすべて、これをぜひ使ってみたいと思ってすぐに予約注文を入れました。

  • XF33mmF1.4 R LM WR
  • NIKKOR Z 40mm f/2
  • SEL70200GM2

写真撮影と動画撮影にも使える単焦点レンズとして。

→XF33mmF1.4 R LM WR

好きな焦点距離40mmで気楽にスナップ撮影をする単焦点レンズとして。

→NIKKOR Z 40mm f/2

一年を通してよく撮影するレンズで、かなりの軽量化した望遠ズームレンズとして。

→SEL70200GM2

3本ともほぼ迷いなく即断即決で手に入れました。

今年のベストレンズとして3本のレンズを使ってみた印象

3本のレンズを使ってみた印象を話していきましょう。

●XF33mmF1.4 R LM WR

綺麗すぎて味気ないという感想が見受けられますが。

逆に自分はそれがかえって、素直な写りの分現像を自分好みに調整できます。

色のりもいいので過度に彩度を上げなくてもいい感じ。

開放F1.4で撮影してもピントが合っている面は解像感が高いです。

動画撮影においてもAFがすごくスムーズでかつ静かなので重宝しました。

今までの富士フイルムの単焦点レンズは写りは好きなのだけど。

AFやレンズ形状があまり好みでなく持っておきたいと思えませんでした。

今後同様の焦点距離の違う使いたくなる単焦点レンズが出て来ると思うので。

その時は新たに手に入れようと思います。

フジノンレンズ XF33mmF1.4 R LM WR | Lenses – Fujifilm X

created by Rinker
富士フイルム
¥104,445(2022/12/04 17:11:46時点 Amazon調べ-詳細)
富士フイルムXF33mmF1.4 R LM WR写真にも動画にも活躍する単焦点レンズ【レビュー】
富士フイルムXF33mmF1.4 R LM WRを手に入れました。 2021年9月2日に発表され、9月7日にカメラのキタムラさんの通販で予約注文。 9月29日に無事手元に到着です。 今まで富士フイルムの単焦点の写りは好みだけど。 A...

●NIKKOR Z 40mm f/2

このレンズは気楽なスナップ撮影で使おうと思い購入しました。

思った通り良いレンズなのでよく撮影する花撮影でも使っています。

結構夜スナップ撮影もいい感じに撮影できるので気に入りました。

昼間の撮影より、夜暗くなってから撮影すると面白いレンズだと感じます。

NIKKOR Z 40mm f/2 – 概要 – ニコンイメージング

created by Rinker
Nikon
¥32,936(2022/12/04 21:20:35時点 Amazon調べ-詳細)
ニコンNIKKOR Z 40mm f/2手頃な価格で気楽にスナップ撮影できる暗所にも強い単焦点レンズ【レビュー】
2021年10月1日、ニコンNIKKOR Z 40mm f/2が手元に届きました。 2021年9月14日に発表され、9月16日に予約開始されます。 もちろん即予約注文をマップカメラさんに入れました。 焦点距離40mmの単焦点レンズでス...

●SEL70200GM2

この望遠ズームレンズはとにかく軽量になったことが感激でした。

軽量になってもインナーズームというのも感動。

夕景撮影では太陽のほうに向かってレンズを向けますが。

逆光でもAFはキビキビ動いてピタリとピントが合いました。

色のりもいいので夕景のオレンジがあまり脚色せず見た目で現像可能。

まだ手元に来てから日が浅いので、2022年の来年もたくさん撮影してこのレンズの良さを堪能します。

SEL70200GM2 | デジタル一眼カメラα(アルファ)

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥359,800(2022/12/05 14:06:58時点 Amazon調べ-詳細)
ソニーSEL70200GM2軽くて気軽に持ち出して質の高い撮影ができる望遠ズームレンズ【レビュー】
2021年11月26日、ソニーの新しい望遠ズームレンズSEL70200GM2が手元に届きました。 2021年10月26日の予約日にマップカメラさんに即注文。 元々前から噂があったので、あまり使わないレンズなどを手放して購入資金を準備して...

スポンサードリンク

2021年のお気に入りレンズ3本で撮影した写真

お気に入りレンズ3本で撮影した写真を載せておきます。

●XF33mmF1.4 R LM WR

とにかくスナップ撮影は楽しくなるレンズ。

花撮影でもいいボケを出してくれました。

このレンズで物撮りもします。

2022年はもっと動画撮影にも使いたいと思います。

XF33mmF1.4 R LM WR

XF33mmF1.4 R LM WR

XF33mmF1.4 R LM WR

●NIKKOR Z 40mm f/2

このレンズは本当に気軽に撮影できるレンズ。

意外だったのは、夜の撮影がなかなか楽しくいい写真が撮れること。

焦点距離40mmはやはり面白い。

NIKKOR Z 40mm f/2

NIKKOR Z 40mm f/2

NIKKOR Z 40mm f/2

●SEL70200GM2

軽量望遠ズームレンズなので、それだけで満足。

そして、AFの速度や写りもよい。

まだ、手に届いてから撮影した時間が少ないので、来年2022年じっくり使います。

SEL70200GM2

SEL70200GM2

SEL70200GM2

スポンサードリンク

2022年に手に入れたいレンズ気になるレンズ

来年2020年に手に入れたいレンズ気になるレンズの話です。

撮影でよく使うレンズは、やはり標準ズームレンズです。

やはり気になるレンズも標準ズームレンズ。

最近は軽量のレンズを選ぶ傾向が強いです。

ここでは3本のレンズをピックアップしました。

  • XF23mmF1.4 R LM WR
  • NIKKOR Z 24-120mm f/4 S
  • SEL2470GM2

●XF23mmF1.4 R LM WR

XF33mmF1.4 R LM WRがとても撮影して満足感を得られたので。

同じ傾向のレンズXF23mmF1.4 R LM WRも使いたいと思っています。

35mm判換算35mm相当の画角。

普段焦点距離40mmや50mmでスナップ撮影を楽しんでいます。

35mmのオールドレンズでスナップ撮影をしてみたら、案外普通に写真を撮れました。

きっとこのレンズを選んでも撮影に使うことが多いのではと思っています。

XF33mmF1.4 R LM WRと同じく、動画撮影でも活躍しそうなレンズ。

2022年2月に発売のことなので、検討してみようと思っています。

フジノンレンズ XF23mmF1.4 R LM WR | Lenses – Fujifilm X

●NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

ニコンFマウントのレンズを使っていた時に馴染みのある焦点距離の標準ズームレンズです。

Zマウントでは、さらにレンズに磨きがかかっている感じ。

これ一本あれば困らないくらい便利で効率的なレンズです。

ナノクリスタルコートとアルネオコートされて、逆光にも強そう。

ニコンZマウントのレンズは、解像感あるけど、ボケの柔らかさもあるので気になっています。

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S – 概要 – ニコンイメージング

●SEL2470GM2

F4通しの標準ズームレンズは結構使ってきました。

F2.8通しの標準ズームレンズも使って撮影したいところ。

富士フフィルムでF2.8通しの標準ズームレンズ持ってはいます。

ただ、フルサイズでは使ったことがないので、一本欲しいところ。

発売はされていませんが、SEL2470GM2は噂されています。

軽量であればぜひ手に入れて効率的に撮影したいと考えています。

 

偶然にも、富士フイルムニコンソニー1本ずつ選びました。

2020年、実際に何のレンズを選ぶのか楽しみにしています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ソニーニコン富士フイルムと違うメーカーのカメラを持っているため。

レンズもそれぞれのメーカー1本ずつ購入しました。

自分の中の用途別でレンズ選択をしています。

2021年はかなり良い感じで撮影できるレンズを手に入れました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後のレンズ選びの参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました