天空のポピー

埼玉秩父にある天空のポピーへ撮影に行ってみた

2018年5月19日、埼玉県秩父郡皆野町にある天空のポピーへ撮影に行きました。

花を追いかけて撮影していると、桜の時期が終わって、ネモフィラ、ツツジ、バラと次々と花が咲いていきます。

まるでリーレーのバトンのように、季節が進むのがとても早く感じます。

今回はポピーの撮影がメインですが、ついでに他の場所のロケハンもかねて撮影に来ました。

実は、5月19日が天空のポピーが開園初日でした。

ちょっとポピー畑を撮影するには、早く来たかもしれないと思いました。

さて、今回訪れた天空のポピーと呼ばれているポピー畑はどうだったでしょうか?

天空のポピーについて

2018年は、5月19日(土)から6月8日(金)まで開催されていました。

今回は初日5月19日に天空のポピーを訪れました。

入園料は大人300円でした。

天空のポピーの撮影を存分にできることを考えると全く高くありません。

今回、車で天空のポピーへ来ました。

カーナビには、【天空のポピー】と入れて目的地までつくことができました。

天空のポピー公式ホームページ

天空のポピー

見渡す限り広がるポピー畑の写真を撮ってみた

天空のポピーは、標高500mの場所にあります。

遠くにある山々を見ると、本当に高い場所にポピー畑があるんだなと感じました。

今回も花撮影ということで、いつものカメラとレンズの組み合わせでポピーを撮影しました。

X-T2+XF16-55mmF2.8 R LM WRとD810+SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2です。

特にX-T2+XF16-55mmF2.8 R LM WRで花を撮影するのは、いい感じに撮影できるのでお気に入りです。

開催日初日なのでポピーの咲き加減が満開でありませんでした。

天空のポピー

そこは、うまくカメラで切り取って撮影しました。

天空のポピー

場所によってはポピーの花が咲きひろがる場所もあったので、花の密集度高く撮影することができました。

天空のポピー

斜面に咲き誇っているポピーは最高でした。

天空のポピー

ところどころ木々がアクセントになって、ポピーとの共演がいい感じに見えました。

天空のポピー

満開のポピーではありませんでしたが、天空のポピーを楽しみました。

カメラで撮影した風景と肉眼で見た風景は同じですが、やはり自分の目で見たほうが感動が大きかったです。

他の秩父の場所をロケハンしてみた

今回、天空のポピーの他に2ヶ所ロケハンしてみました。

1つは、武甲山が見える寺坂棚田です。(

今回は棚田が映える時期や時間帯に行ったわけではないので、こんな感じの場所かと写真を撮りました。

寺坂棚田 武甲山

武甲山は人工的に削られて、ピラビッドのような姿でどんと居座っていました。

武甲山の前には、三菱マテリアル横瀬工場が見えて、こちらも人工的な感じに思えました。

が、これが逆に自然と人工の対立で面白い風景で、撮影するのに面白い場所だと感じました。

寺坂棚田

もう一つは、秩父ミューズパーク展望台です。(埼玉県秩父市小鹿野町長留2518)

この日は夕方この場所に来て、暗くなるまで待って夜景の撮影をしました。

夜景 秩父ミューズパーク展望台 

夜景 秩父ミューズパーク展望台 

寺坂棚田から見えた武甲山もこの場所から見えます。

星も綺麗に見えていたので、22時以降もここにいればいい感じの星景写真を撮れたと思います。

次回は、雲海が見える時に写真を撮りたいと思います。

秩父ミューズ展望台

天空のポピーのまとめ

今回は、埼玉県秩父郡皆野町にある天空のポピーを撮影に来て見ました。

開催日初日ということで、ポピーの花の密度はまだまだという感じでした。

が、赤やピンクのポピーの花が、山の斜面に沿って咲いていてまるでポピーの絨毯にも見えました。

満開ではなかったですが、D810+SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2で望遠ズームレンズの特性を使って、ポピーの花がたくさん咲いているように密度ある写真を撮りました。

また、ポピーの花を望遠ズームレンズで、クローズアップして撮影もしました。

来年は、もう少しポピーの花が咲いた状態の天空のポピーを見に行きたいと思います。

天空のポピー

天空のポピー公式ホームページ

天空のポピー

スポンサードリンク

Lightroom Classic CCで楽しく色相を変えて現像してみよう
SONY標準ズームレンズSEL24105Gを手に入れました

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA