Lightroom トーンカーブ マット つや消し

Lightroomで写真をマットに現像処理をする方法

今回は、Lightroomのトーンカーブを使って、写真をマットつや消し)に現像処理する方法の話をしたいと思います。

僕はLightroomを使って、基本マット(つや消し)に現像処理をしています。

インスタグラムやTwitterの投稿、そしてブログの記事の写真は、マットな(つや消しの)写真を使っています。

僕はマットな感じの雰囲気のある写真が好きです。

今回は少しだけトーンカーブのことも話しますので、写真をマット(つや消し)に現像処理する方法に興味がない方はトーンカーブのところだけでも読んでいただければと思います。

さて、Lightroomを使ってどんな風に写真をマット(つや消し)に現像処理をしていくのでしょうか?

LightroomやPhotoshopのトーンカーブについて

今回はLightroomのトーンカーブを使って話していきますが、Photoshopのトーンカーブもほぼ同じです。

簡単にトーンカーブについて説明したいと思います。

まずトーンカーブの設定を変えたい時は、黄色い丸をクリックします。トーンカーブを動かして設定を変えることができます。

Lightroom トーンカーブ

トーンカーブの考え方としては、緑の線で囲まれた面積が、赤方向の矢印に広がると明るくなり、青方向の矢印に狭まると暗くなります。

Lightroom トーンカーブ

トーンカーブは①あたりはシャドウ、②あたりは中間色、③あたりはハイライトを調整することができます。

調整する時はポイントを打って、そのポイントを移動させて調整します。

Lightroom トーンカーブ

例えば、調整ポイントを打ってS字のような調整カーブにすると、メリハリの効いたコントラストの高い調整になります。

Lightroom トーンカーブ

このトーンカーブを使ってマット(つや消し)な写真に現像することができます。

次にマットにするトーンカーブの調整を説明したいと思います。

トーンカーブを調整してマットな写真に仕上げてみる

トーンカーブを調整してマットな写真に現像していきます。

下記の画像を使って変化を見ていきましょう。普通に現像した状態の写真です。

下記のようにトーンカーブの一番左下の端を真上にポイントを移動してみます。

Lightroom トーンカーブ

そうすると下記のような写真になります。白っぽい感じのマットになるのがわかります。

ちょっと彩度も落としてみたので雰囲気がいい感じになっています。

ただ、好みはもうちょっとコントラストがある方が好きなので、下記のようにトーンカーブを調整してみました。

シャドウあたりが明るくならないように、黄色い丸がついた場所にポイントを打ちました。

その後、左下の端のポイントを上に上げてマットな写真に仕上げてみました。いい感じ存在感のある質感の写真になりました。

Lightroom トーンカーブ

下に元の写真とマットに現像した写真を載せてみました。違いをみてもらえばと思います。

 

 

Lightroomで写真をマットにする現像処理のまとめ

写真をマット(つや消し)にするときにはいつもトーンカーブで調整しています。

マットにする前に、現像処理の彩度は少し抑えめにし、黒レベルをプラスにして影の部分を強めにしています。

それからマットになるように、トーンカーブで調整していきます。

他に、基本補正の項目を調整した後に、微調整的な使い方でトーンカーブを2、3%動かすだけで、黒つぶれや白とびが抑えられことができます。

その際、シャドウ側もしくはハイライト側の任意の場所にポイントを一つ打って調整するといいと思います。

トーンカーブはマット(つや消し)の写真に仕上げる以外にもいろいろ調整できるので、試して自分好みの現像処理をしてみると良いと思います。

最後に、あまり肩肘張らず、ゆるくできるLightroom Classic CCを使った現像処理の記事も書いているので、興味がありましたら参考にしていただければと思います。

関連記事

Lightroom Classic CCでゆるく現像してみよう

スポンサードリンク

今年も塩船観音寺と薬王寺のつつじの花を撮影してきた
千葉茂原にある服部農園あじさい屋敷へ撮影に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA