Lightroom 現像

Lightroom Classic CCで色相を変えて現像しよう

今回はLightroomの色相を変えて、自分好みの色に仕上げていく話です。

色相だけでなく、彩度や輝度も同時に変化させて現像をしていきたいと思います。

前回書いた記事で、基本補正だけを変化させて、簡単なアプローチでLightroom現像の話をしました。

もし、まだ読んでいない方は読んでいただければと思います。

関連記事

Lightroom Classic CCの基本補正だけで現像しよう

今回は、前回現像したところから引き続いて、色相の話をしていきたいと思います。

自分な好きな色になるように色相を変化させて現像してみよう

今回は、現像パネルにあるHSL(Hue/Saturation/Lightness)の色相、彩度、輝度を変化させて現像していきたいと思います。

基本補正の彩度を変化させて色の鮮やかさを引き出したり、派手な色を抑えたりできます。

しかし、時には不自然な色になったり、自分好みの色でなかったりしたりします。

そんな時に、HSL(Hue/Saturation/Lightness)の色相/彩度/輝度を変えていきます。

ちょっと、過度に色相を変えてみたいと思います。

色相のグリーンをまずめいいっぱい左に【-100】に変えてみます。

緑色のコキアが黄色系のコキアに変化しました。

Lightroom 現像

Lightroom 現像

次にめいいっぱい右に【+100】に変えてみます。

今度は緑の蛍光色のコキアに変化しました。

とても不自然な調整ですが、わかりやすく過度に変化させてみました。

Lightroom 現像

Lightroom 現像

この色相を変えることで、自分好みの色や鮮やかな色で現像ができるようになります。

要するに、彩度の調節だけで色の変化をコントロールしないということです。

ちょっと、色相/彩度/輝度を変えて、自分好みの色に変えてみたいと思います。

Lightroom 現像

各色、変えてみてこんな感じの写真になりました。

Lightroom 現像

空の色を少し柔らかい青空にしました。

コキアの緑をもっと緑よりに強調してみます。

色相彩度輝度の調整する考え方について

色相/彩度/輝度の調整する考え方ですが、色ごとに調整できることです。

色を派手にしたり、抑えたり。

色に輝きをもたせたり、輝きを失わせたり。

色を変化させたり。

色合いは写真のイメージを大きく左右します。

自分の写真の方向性も左右します。

色をうまく分けると、写真にメリハリが出ます。

解像感のある写真でも、ふんわりした写真でも色でだいぶ印象が変わります。

彩度の調整をしなくとも、鮮やかな写真に仕上げることもできます。

色相彩度輝度の調整について

●色相の調整

実際撮影した写真が、好みの色にならないことは多いです。

もっと引き立てたい色もあったり、色を抑えたり時もあります。

そういう色を調整して自分好みの色に変化させていきます。

各色を変化させることで、個別の色を強調できます。

●彩度の調整

基本的には、色を抑える調整で使うと調整しやすいです。

輝度の調整で、マイナス数値にして色が鮮やかさが足りない時に、各色の彩度をプラス調整します。

●輝度の調整

輝度は、マイナス調整で色が濃くなり、プラス調整で色が薄くなります。

これを利用して、色の濃淡調整をします。

また、テカリがありすぎる場合は、マイナス調整して光のテカリを抑えたりします。

最後に【Lightroom Classic CCの基本補正だけで現像しよう】の記事での現像を始める前の画像と、今回調整した画像を比較してみました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

HSL(Hue/Saturation/Lightness)の色相、彩度、輝度を調整することで、写真の印象が大きく変わります。

プロファイルやトーンカーブなどまだいじっていない現像の項目があります。

次回は、まだ調整していない項目の話をしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考にしていただければと思います。

関連記事

Lightroomで写真をマットに現像処理をする方法

スポンサードリンク

自由雲台のマーキンス!Q10i-BKを使うと写真を楽しく撮れる
埼玉秩父にある天空のポピーへ撮影に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA