DxO PureRAW 写真現像

DxO PureRAWでデータを最適化して現像処理に影響するか試してみた

今回はDxO PureRAWというアプリのデモ版を試しに使ってみました。

簡単に説明すると、カメラで撮影したRAWデータをこのアプリを使って最適化します。

最初、どのくらい目でわかるほど変わるのか疑問でした。

確かにこのアプリで処理すると、色合いや拡大してみるとシャープネスの改善がされています。

富士フイルムのRAWデータだけは使えないので、ソニーのRAWデータを使って効果を試してみました。

普段は、季節の記録として写真を撮っています。

最近は、作品としての写真も撮っていきたいと考えるようになり、DxO PureRawを使って丁寧に仕上げてみたくなりました。

さて、DxO PureRAWを使ってRAWデータが変わるのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

DxO PureRAWはどんな処理をするアプリなのか

最初に伝えておきたいことは。

失敗した写真を救うアプリではなく、美しいものをより美しく仕上げるためのアプリです。

そのため、丁寧に写真を撮影することが前提。

夕景や夜景を撮ることが多いので、綺麗に撮影しても光の条件が厳しいので、今回このアプリを使ってみました。

下記にDxO PureRAWの処理についてまとめてみました。

  • ディテールとシャープネスの保持
  • ノイズ除去
  • 光学補正

試して感じたことは、【スッキリ】【クッキリ】【色合いの変化】でした。

ノイズ除去され、シャープネスがかかり、色相が変わったことが気づきます。

詳細を言葉で説明するよりも、PureRAWの使い方や実際のRAWデータを見ながら話していきましょう。

PureRAWを使う理由

実際にデモ版DxO PureRAWを試してみた

DxO PureRAWは、30日間無料で試すことができます。

早速PureRAWデモ版をダウンロード。

残念ながら、富士フイルムのRAWデータは処理できませんので、注意をしてください。

ダウンロード

DxO PureRAW 写真現像

デモ版をダウンロードして、インストールしました。

早速、アプリを使ってみます。

アプリが開くとこんな感じの画面になります。

画像を選択して画像を追加するか。

ドラック&ドロップして画像を追加します。

データはもちろんRAWデータのみです。

DxO PureRAW 写真現像

1枚だけRAWデータを追加してみました。

【画像を処理】をクリックします。

DxO PureRAW 写真現像

その後こんな画面になります。

処理の方法は、【Deep PRIME】

出力形式は、【DNG】

インストール先フォルダは、【デスクトップへ】を選びました。

【処理する】をクリックします。

DxO PureRAW 写真現像

処理中の画面です。

DxO PureRAW 写真現像

処理完了しました。

処理結果を表示してみます。

DxO PureRAW 写真現像

処理前と処理後の画像を比較することができます。

処理前のデータは、86.2MB

処理後のデータは、172.5MBになりました。

DxO PureRAW 写真現像

早速DxO PureRAWで処理した画像を比較してみた

今回は2つのRAWデータを処理してみました。

花の写真と夕景の写真。

まずは花の写真から。

左がソニーの元RAWデータ、右が処理した後のデータ。

ツツジの色が見た時の色は、処理後のデータの方。

ソニーの元RAWデータは、マゼンダの色相がプラス側に調整した感じに記録されていました。

レンズの補正も効いていて、処理後のデータはいい結果になっています。

次は写真を拡大して見てみます。

おしべとめしべの輪郭がシャープになり。

花の表面のきめ細やかさも表現されるようになりました。

 

次は夕景の写真です。

こちらも左がソニーの元RAWデータ、右が処理した後のデータ。

レンズの補正は結構わかるほどされています。

色合いはほとんど変わらず。

 

写真を拡大して見てみます。

ディテールがハッキリ改善されていました。

 

最後、ノイズの除去が気になります。

わざと露光量を上げて、暗い部分を明るくして見ました。

ほぼ、カラーノイズがなくなっています。

 

結果として、RAWデータの最適化を感じることができました。

スポンサードリンク

DxO PureRAWをどういう写真のRAWデータに利用するか考える

確かにRAWデータの最適化を感じることができました。

どういう時に利用するか考えてみました。

撮影したRAWデータすべてに最適化処理は現実的ではないと思います。

  • 夕景や夜景や星景を撮影したRAWデータ
  • 作品として撮影したRAWデータ

やはり夕景や夜景や星景を撮影したデータは、ISO感度を高くするためノイズが載りやすくなります。

また、ディテールも少し悪い時もあります。

そんな時に、PureRAWを使うとかなり最適化されRAWデータがバランスが良くなります。

作品とした撮影したRAWデータも、考えて綺麗に丁寧に撮影して整えられています。

それをさらに洗練したRAWデータにする意味もあると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DxO PureRAWを使ってみて、実際にRAWデータが最適化され実感することができました。

失敗写真を復活させるアプリではないので、きちんと写真を撮影する必要はあります。

感じたことは、写真のデータを最適化処理して、さらに丁寧に写真を撮ってみようという気持ちになりました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

興味がありましたら、一度DxO PureRAWのデモ版を使ってみてはどうでしょうか?

ダウンロード

DxO PureRAW 写真現像

スポンサードリンク

埼玉春日部牛島の藤香り漂う紫のカーテンの中で癒されながら撮影してきた
富士フイルムXF27mmF2.8 R WRは街角スナップ撮影だけでなく万能単焦点レンズ