Lightroom Classic Lightroom 同期

Lightroom ClassicとLightroomを同期させてiPadでどこでも現像する方法

今回は、Lightroom ClassicとLightroomを同期させてiPadでどこでも現像する方法の話です。

まずiMac上のLightroom Classicの写真データをiPad上のLightroomで現像して。

その内容をiMac上のLightroom Classicで最終的に反映させていく。

その流れを説明していきます。

今は、第4世代12.9インチiPad Proを使ってRAW現像しています。

これをもっていけば、どこでもいつでも写真現像が出来ました。

そして、Apple Pencilを使うと細かい調整が可能なので、かなり追い込んで仕上げられます。

それでは、Lightroom ClassicとLightroomを同期させる方法を説明していきましょう。

スポンサードリンク

iPadのLightroomでRAW現像をしたい理由

まずは、iPadのLightroomでRAW現像する理由です。

下記に3つの理由になります。

  • いつでもどこでも写真現像したい
  • 大画面のiMacだと細かい調整がしにくかった
  • Apple Pencilだと細かく調整ができる

●いつでもどこでも写真現像したい

今までは、自宅にあるiMacの前に座らないとLightroom Classicで写真を現像できませんでした。

実際には、ブログに使う写真やSNSにアップする写真は、自宅でしか使いません。

ただ、写真現像を隙間の時間に写真を仕上げたい時が結構ありました。

2020年に第4世代12.9インチiPad Proを手に入れたこともあり、いつでもどこでも写真現像をしたくなりました。

●大画面のiMacだと細かい調整がしにくかった

27インチiMac上のLightroom ClassicでRAW現像をしてきました。

大画面上で見るせいか、全ての項目でバランスが取れにくいと感じています。

彩度が上がり過ぎてしまったり、露光量が足りなかったりと。

ある程度iPad上のLightroomで仕上げて、最終的な確認や簡単な修正をしたいと考えました。

●Apple Pencilだと細かく調整ができる

iMacで写真現像するときは、Magic Mouseを使って調整しますがどうも使いにくい。

iPadは画面を触りながら見ながら、写真を仕上げていきます。

細かい部分、特にパラメータなどはApple Pencilを使うと細かく調整できました。

Lightroom ClassicとLightroomとの違い

簡単にLightroom ClassicとLightroomとの違いを表にしました。

 Lightroom ClassicLightroom
使用デバイスコンピュータ(iMacやMacBook Proなど)
多くのデバイスに対応(iMac、iPhoneやiPadなど)
環境ローカル(HDD、SSDやNASなど)クラウド(Adobeサーバー)
特徴機能性が優れている利便性が優れている
使用対象者プロやハイアマチュア誰でも

今回は、まず写真現像をiPad上のLightroomで仕上げます。

次に、iMac上のLightroom Classicをその内容を反映させるために同期をさせます。

スポンサードリンク

Lightroom ClassicとLightroomを同期させる方法

前置きが長くなりました。

早速、Lightroom ClassicとLightroomを同期させる方法を説明します。

今回はiMac上とLightroom ClassicとiPad上のLightroomを同期するようにさせました。

まずは、iMac上のLightroom Classicの方で、設定していきます。

コレクションフォルダを作るので、左側のコレクションパネルを移動します。

Lightroom Classic Lightroom 同期

フォルダーパネルの下にコレクションパネルがあります。

Lightroom Classic Lightroom 同期

コレクションパネルの【+マーク】をクリックします。

そうすると、選択項目が出てきました。

【コレクションを作成】を選びます。

Lightroom Classic Lightroom 同期

そうすると、コレクションを作成が開きます。

そして、任意のコレクションの名前をつけます。

ここでは【テスト】をつけました。

【Lightroomと同期】にレ点をつけます。

最後、【作成】をクリックします。

Lightroom Classic Lightroom 同期

コレクションパネルに【テスト】のフォルダができました。

これで同期することができます。

Lightroom Classic Lightroom 同期

これだけでは、写真現像できません。

フィルダーパネルから、自分が同期させて現像したい写真を選んで、コレクションパネルのテストフォルダに移動させて入れます。

今回はこの7枚を選択して、ドラッグ&ドロップでテストフォルダに入れます。

Lightroom Classic Lightroom 同期

12.9インチiPad Proを開いて、LightroomのAppのアイコンをタップして起動します。

Lightroom Classic Lightroom 同期

そうすると、コレクションのテストフォルダが表示され、選択して入れた7枚の写真も確認できます。

Lightroom Classic Lightroom 同期

浅草寺の本堂の写真を開いてみます。

前もって、同期させて各所調整しておきました。

Lightroom Classic Lightroom 同期

Lightroom ClassicとLightroomの【露光量】【ハイライト】【シャドウ】【白レベル】の数値を見てみると。

同期されて同じ値になっていました。

もちろん他の数値も同じ設定になっています。

Lightroom Classic Lightroom 同期

これでiPad上のLightroomでRAW現像ができるようになりました。

LightroomとLightroom Classicどちらで調整しても、どちらも同期され反映されるようになります。

最後に、iPad上のLightroomに表示される画像は、長辺2048ピクセルのスマートプレビューという画像です。

実際のRAWファイルデータを現像しているわけではありません。

スマートプレビューを現像する形になります。

写真を拡大して細かいトロまで現像やレタッチしたい場合は、直接iPadにRAWデータを入れるのがベターでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ずっと、iMac上のLightroom ClassicでRAW現像をしてきました。

いつでもどこでも、そして細かく調整そんな写真現像をしたいと思いiPad上のLightroomを使い始めます。

同期することで、実際のRAWデータが保存されているほうもクラウドを通じて、同じ内容で現像ができました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いつでもどこでもLightroomで写真現像してみたい方は参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

PERGEAR 35mm f1.2気軽な価格でボケを楽しめる単焦点レンズ【富士フイルム】【PR】
河口湖と富士山の紅葉見頃を見極めるための撮影記録【2020年】