Commlite CM-ENF-E1 PRO

Commlite CM-ENF-E1 PROを使ってタムロン望遠ズームレンズで撮影してみた

Commlite CM-ENF-E1 PROを購入しました。

CM-ENF-E1 PROは、ニコンFマウントからソニーEマウントへの電子接点ありのマウントアダプターです。

今撮影で使っているタムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2をα7R IIIで使ってみたいと思いました。

ただ、CM-ENF-E1 PROでタムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2が使うことができる情報を見つられません。

ここはひとつ賭けで使ってみることにしました。

さて、CM-ENF-E1 PROで無事にSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2使えたのでしょうか?

なぜSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2をα7R IIIで使いたいのか?

α7R IIIで使える70-200mm f2.8の望遠ズームレンズといえば、SEL70200GMがあります。

でも、レンズの価格が高い。

タムロンからソニーEマウントの70-200mm f2.8の望遠ズームレンズが発表されそうですが、ちょっと待てない感じ。

思い切ってニコンZマウントのミラーレスカメラを購入して、FTZアダプタ経由で使うことも考えました。

Zマウントのレンズが使いたいのがないので、まだカメラ本体を買うのは早いと思い考えなおします。

そこで、ニコンFマウントをソニーFマウントで使えるようにするマウントアダプターを探すことにしました。

そこで見つけたのが、CM-ENF-E1 PROです。

値段はそこそこしますが、SEL70200GMを頑張って購入するよりはマシだと思いました。

このCM-ENF-E1 PROを使って、SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2で撮影しようと思いました。

Commlite CM-ENF-E1 PROについて

Commlite CM-ENF-E1 PROは、ニコンFマウントのレンズをソニーEマウントで使えるようにするマウントアダプターです。

電子接点があるので、焦点距離、露出や絞り値などの情報はExifデータとして記録されます。

カメラ側で絞り値調整が可能。

ボディ内手ぶれ補正機構にも対応しています。

製品パッケージはこんな感じ。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

内容物はわかりやすいくらいシンプルです。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

Commlite CM-ENF-E1 PROを早速見てみましょう。

こちら側が、ソニーEマウントのカメラに装着する側です。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

もう一つ側が、ニコンFマウントのレンズを装着する側。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

マウントアダプタは、光が反射しないようにマット処理がされています。

特に隙間もないようなので、光も漏れない感じです。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

こんな感じでマウントアダプターはあいだに入ります。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

これが装着された状態です。

特にガタツキもなくしっかりと固定されています。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

【対応カメラ】

ソニーα9、α7RIII、α7III、ソニーα7R II、α7 II、α6500 およびα6300(位相差AF搭載のEマウントカメラ)

【レンズ対応表】

CM-ENF-E1 PRO Compatibility

Commlite CM-ENF-E1 PROを使ってのレンズ動作の結果について

3つのFマウントレンズを室内で試してみました。

CM-ENF-E1 PROを使って、α7R IIIに装着して撮影してみます。

●AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

シングルAF 、コンティニュアスAFともテキパキとピントが合います。

普通に撮影ができそうな感じです。

●SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

シングルAF 、コンティニュアスAFともゆっくりとピントが合います。

焦点距離70mmより200mmがよりゆっくりAFが動きます。

実際外での撮影がどうなのか早く試してみたいところ。

●100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD

全くAFが動きません。

福島県郡山市の布引高原にひまわりの撮影をする予定なので、その時実際撮影をすることにしました。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

実際の撮影にCommlite CM-ENF-E1 PROを使ってみる

2019年8月7日、福島県郡山市にある布引高原のひまわり撮影で、CM-ENF-E1 PROを試してみました。

室内や近所で撮影しても、こういうのはよくわからないことが多いです。

いつも撮影するような場所に行って、撮影のテストをするのが一番。

今回は、動作したAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRとSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を持ってきました。

普通にいつも使っているソニーのSEL24105Gや他2本も持っていきました。

●AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRで撮影

α7R IIIに装着して撮影しました。

レンズ本体の重さが、710gあるので重さを感じます。

ちょっとα7R IIIのグリップだとうまく重さをバランスを取れない感じでした。

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

実際に撮影してみます。

AFはテキパキと動いてピントを合わせてくれます。

ストレスは全くない感じ。

2019年は、このAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRは全く使っていませんでした。

ニコンのレンズの懐かしさを感じさせられます。

やはり標準ズームレンズは、SEL24105Gが使いやすいです。

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

●SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2で撮影

こちらもα7R IIIに装着して撮影してみます。

α7R IIIで使ってみたかったレンズ。

α7R III本体とのバランスは悪く、そしてグリップでもバランスが取りにくいです。

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

 

AFがゆっくりなのは、室内でのAFテストで知っていました。

が、実際外で撮影してみるとストレスが溜まるほどではありません。

なかなかピントが合わなかったら、ピントリングを動かして合わせたりしました。

風景写真のように被写体が動かないものだったら問題がない感じ。

ただ、レンズの重さがあるので、やはりニコンD810で使った方が撮影がしやすいです。

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

Commlite CM-ENF-E1 PRO α7R III SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

70-200mm f2.8の望遠ズームレンズを使うための今後の選択ついて

実はかなり迷っています。

3つ選択があります。

1つは、ソニーレンズSEL70200GMを手に入れること。

しかし、レンズが高すぎます。

もう1つは、ニコンZ6の中古を購入して、FTZアダプタを使ってSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2で撮影すること。

たぶんそうなると、D810は手放す可能性が高いです。

最後は、ソニーEマウントのタムロンの70-200 f2.8を発売するのを待つこと。

一番最後が現実的な選択だと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

無事CM-ENF-E1 PROを使うことによって、α7R IIIにSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2をつけて写真を撮ることができました。

もちろん多少AFの問題がありますが、動きものでない被写体が多いので大丈夫かなと思います。

ニコンのレンズAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRは、キビキビAFが使えてたので快適でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

CM-ENF-E1 PROを使う時の参考になればと思います。

Commlite CM-ENF-E1 PRO

関連記事

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 魅惑のレンズを手に入れました

タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2望遠ズームレンズの3つの良い点

スポンサードリンク

ひたち海浜公園へ夏のコキアとそのなかま達を2週連続撮影に行ってきた
あけのひまわりフェスティバルで夏の終わりを感じながら撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA