タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2望遠ズームレンズの3つの良い点

タムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を撮影を使い続けて来ました。

今回は3つの良い点を話したいと思います。

2017年6月に購入して、もう1年以上撮影で使っています。

このレンズで一番多い撮影は花や紅葉の写真です。

70-200の焦点距離は、とても好きな焦点距離でなので持ち出す頻度は多め。

Nikon D810に取り付けて撮影しています。

今回は、特にタムロンSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を撮影で使いたい人の参考になればと思います。

タムロンの望遠ズームレンズの馴れ初めについて

まずは、タムロンの望遠レンズの出会いについて話します。

望遠ズームレンズは、タムロンのレンズしか使ったことがありません。

一番最初に使ったレンズはSP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO。

ちょっとお試しで70-200mm f2.8のレンズの世界をしりたかったのです。

手ぶれ補正もなくAFが遅かったですが、値段が安く写りも良かったレンズ。

動くものを撮影しなければ、十分使えるレンズでした。

それでも、AFの迷いや遅さが気になっていました。

それから、SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2が出て、すぐに手に入れました。

関連記事

タムロンSP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACROを評価してみた

今まで撮影で使ってみてわかった3つの良い点

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2を2017年から使ってみて、3つの良い点があります。

●AFが早くてピントが合わせやすい

●F2.8開放で撮ってもしっかり細かい部分まで描写している

●ボケの感じが綺麗

ほぼF2.8かF8で撮影するのに使うことが多いです。

たまに、蝶などの動く被写体をコンティニュアスAFで連写撮影するとき、F4かF5.6を使ったりします。

まずはF2.8で撮影した写真。

前ボケや後ボケになるように構図を選んで撮影しました。

焦点距離は200mmです。

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

こちらはF5.6で撮影した写真。

コンティニュアスAFで蝶を連写撮影しました。

コスモスの花に結構接近していたので、前ボケが大きくなっています。

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

こちらはF8で撮影した写真。

あまりF8で撮影しませんが、遠くからたまに写真を撮ったりします。

遠い風景の写真もいい感じで残せます。

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

タムロン SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2

今後考えている70-200mm F2.8の望遠ズームレンズについて

一眼レフカメラをしばらく撮影で使っていこうと思っています。

が、どこかの時点でミラーレス機で70-200mm F2.8の望遠ズームレンズを使おうと思っています。

D810+SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2の組み合わせに替わる組み合わせを考えてみました。

●ソニーα7R III+SEL70200GMの組み合わせ

α7R IIIを1年以上使ってきて、とても花の撮影で使いやすいと感じています。

SEL70200GMを導入してもいいかなと思い始めてきました。

ただ、いつも撮影では標準ズームレンズ、または単焦点レンズをつけたカメラと望遠ズームレンズをつけたカメラの2台体制です。

そう考えると、α7R IIIを望遠ズームレンズ専用のカメラにはあまり考えられません。

SEL70200GMのレンズ重量もSP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2とほぼ同じ、1480gです。

もうちょっと重さが軽いといいなと思い、なかなか購入できません。

●ソニーα7R III+タムロン70-180mm f2.8の組み合わせ

タムロン70-180mm f2.8 の望遠ズームレンズはまだ発売されていません。

が、開発発表されているので、2020年には発売されるはずです。

やはりレンズの小型軽量への期待。

レンズ本体が軽いなら、気楽にレンズ交換ができそうなので、カメラ1台持ちでもいいかなと考えています。

●ニコンZシリーズ+S-Line 70-200mm f2.8

Z6やZ7はパスして、新しいフルサイズのZシリーズを待っています。

それなので、来年なのか再来年になるのかカメラ本体の購入は未定。

S-Line 70-200mm f2.8の望遠ズームレンズがロードマップに載りましたが、発売時期が未定です。

どちらも未定なので、いつ導入できるのかわかりません。

結論として、すぐ使いたいならSEL70200GM導入。

少し待てるなら、タムロン70-180mm f2.8でしょうか?

そう考えると、D810+SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2の組み合わせで、しばらく写真を撮っていきたいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2について、長い期間撮影で使ってみてまだまだ十分に使っていけると思いました。

また、SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2に替わる望遠ズームレンズを考えて見ましたが、急ぐこともないと感じます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2について、参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

巾着田の彼岸花が光と影の中で深く赤く咲く風景を撮影に行ってきた
天空の湖と呼ばれる中禅寺湖と男体山周辺の紅葉をのんびり撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA