フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

ハマるレンズ!NOKTON 40mm f1.2は撮る世界を変えた

新しいレンズを手に入れました。

ソニーEマウント専用の単焦点レンズです。

そのレンズとは。

フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Asphericalです。

昨年の撮影した焦点距離の割合を調べてみて、いろいろ考えて選んだレンズ。

ズームレンズを中心に使って撮影してきました。

単焦点レンズで写真を撮ることに慣れるか慣れないか不安がありです。

マニュアルフォーカスのレンズでもあるので、使いこなせるかも考えたりもしました。

さて、新しく購入したフォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Asphericalはどんなレンズでしょうか?

焦点距離40mmの単焦点レンズはとても撮影しやすい

今までほとんど単焦点レンズで撮影をしませんでした。

もちろん単焦点レンズを持っていましたので、使って撮影したこともあります。

35mmや50mmの単焦点レンズはどこか使いにくい。

標準ズームレンズでは、ファインダーを覗きながら画角を決めません。

目で見てどの焦点距離で写すか決め、その焦点距離にレンズのズームを合わせます。

あとは微調整は、体を動かして合わせて撮影します。

そのため、単焦点レンズを使ってもそんな違和感がないはずです。

横構図と縦構図の両方使って撮影するので、横構図は35mm縦構図は50mmに近い焦点距離のレンズを探していました。

下記の記事で単焦点レンズを選ぶ記事を書きました。

自分に合ったスナップ写真用単焦点レンズを分析して選ぶ方法

その記事の中でNOKTON 40mm f1.2 Asphericalを選びました。

実際使ってみると、自分が見ている風景からファインダーを覗くと若干広角です。

少し体を前に出せば、ほぼ見た目の画角になります。

35mmだと結構体を前に出さないといけないし、パースペクティブ(歪み)がいらない時もあります。

50mmは見た目に合わせるには、体を後ろに移動しないといけません。

この後ろに退くことが猫と同じように苦手です。

50mmはどちらかというと、近づいてキリトル感じで撮影したほうが良い感じ。

実際標準ズームレンズでの50mmはそんな感じで撮影しています。

まとめると、40mmという焦点距離は写真を撮るのに使いやすいです。

実際、サクサクと目で見た風景を撮影することができました。

フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

マニュアルフォーカスでも最強のアシストしてくれるα7R III

今回のレンズですが、マニュアルフォーカスです。

でも、α7RIIIがアシストしてくれるので安心。

レンズのフォーカスリングを少し回すと、ファインダー内の画面が拡大します。

とてもピントが合わせやすい。

ピントが合った部分に色がつくピーキング機能も併用すると便利です。

AFでピントを合わせるよりも、正確ではないかと思うくらいです。

F1.4くらいになると、ピントが合う距離が狭くなりますが、Nokton のピントリングは微妙な調整がしやすい。

そのため、ピント合わせに時間がかからず、サクッと写真を撮れます。

この辺りはだいぶα7R IIIに助けてもらって、撮影を楽しんでいます。

Sony α7R III フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

NOKTON 40mm F1.2 Asphericalを早速試してみた

α7R IIIにNOKTON 40mm F1.2 Aspherical取り付けて早速試し撮りしてみました。

普段はほぼF8で撮影するので、開放の絞りで写真を撮るのは新鮮でした。

この時の撮影は、昼の時間。

F2.8でも個人的には十分なボケです。

写真の色は、このレンズ特有の色合い。

とても気に入りました。

訂正として、F1.2まで開けられます。

焦点距離40mmは見た目より若干広くなるくらいです。

とても撮影しやすいレンズだと感じました。

スナップ写真には最適です。

NOKTON 40mm f1.2 Asphericalで、夜スナップ写真を撮ってみたい、そんな願いがあります。

そのため、夕景の時間帯に試しに撮影してみました。

F1.8にくらい開けると、パープルフリンジが発生します。

F2.8で光芒が出てしまうレンズのようです。

個人的にはちょっとうれしい仕様。

夜スナップ写真は、次回撮りたいと思います。

桜の時期に、茨城水戸の仙波湖の桜を撮影してみました。

この時は、絞ってもF2.8で桜の写真を撮りました。

結構、F2.8でもクッキリと写ります。

何よりも桜の雰囲気をいい感じに撮影できました。

このレンズを手に入れて良かったと思いました。

少しだけ撮った写真の一部を紹介。

普通に風景写真もキレイに撮影できます。

茨城水戸の仙波湖の桜。

水戸 仙波湖 桜Sony α7R III+NOKTON 40mm f1.2 Aspherical 焦点距離40mm ISO50 絞りF2.8 シャッタースピード1/2000秒

奥の桜にピントを合わせて、F2.8で撮影。

十分キレイに細かく表現されています。

しばらく風景の撮影は、F2.8で撮影してみようと思いました。

次はスナップ写真を撮ってみようと思っています。

特に夜スナップ写真です。

使ってわかったことの1つ目として、中途半端なF値だと多角形のボケになります。

NOKTON 40mm f1.2 Aspherical 多角形 ボケSony α7R III+NOKTON 40mm f1.2 Aspherical 焦点距離40mm ISO50 絞りF2.8 シャッタースピード1/5000秒

これが光芒が出やすい理由だと思います。

使ってわかったことの2つ目として、晴れの日にF値開放にすると、シャッタースピード1/8000秒上限を超える時があります。

それを抑えるために、NDフィルターを購入することにしました。

スペック等はコシナのサイトを参考にしていただければと思います。

NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

まとめ

いかがでしたでしょうか?

焦点距離40mmの単焦点レンズは珍しいですが、撮影するにはとても使いやすい印象でした。

このレンズのおかげで、日頃のスナップ撮影の幅が広くなり楽しみが増えました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Asphericalについて、参考にしていただければと思います。

フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

スポンサードリンク

お見事!水戸六地蔵寺の巨大なしだれ桜に囲まれて撮影してきた
圧巻!水戸安国寺のしだれ桜の荘厳な美しさを撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA