富士フイルム 単焦点レンズ

迷ったら!富士フイルムレンタル使いたい単焦点レンズ探してみた

2019年1月5日、富士フイルムの東京サービスセンターにレンズレンタルを利用しに訪れました。

今回、単焦点レンズの撮り比べて、自分の撮影のスタイルに合ったレンズを見つけるためです。

2年前、X-T2を購入するときも、カメラレンタルを利用しました。

何時間も撮影してX-T2を購入することにしました。

さて、富士フイルムのレンズレンタルで単焦点レンズを借りて、どうしても欲しくなるレンズに出会えるでしょうか?

富士フイルムのカメラとレンズレンタルサービスについて

富士フイルムのカメラとレンズのレンタルサービス。

当日返却ならレンタル料が無料です。

2年前もこのサービスを利用して、富士フイルムのカメラとレンズを楽しみました。

今回もこのサービスを利用しました。

レンタルを利用するのに本当に時間がかかりません。

レンタルしたいレンズのカードを取ります。

受付担当の人に渡します。

レンズを用意して、書類を持って来ます。

クレジットカードと免許証を渡します。

その間に書類に氏名、住所、携帯番号、緊急連絡先を記入。

携帯番号が繋がるか確認。

注意事項を説明してもらい終了。

10分もかからず手続きが終わります。

レンタルサービスを受けたい場合、下記を準備をします。

結構重要です。

  • 顔写真付き本人確認書類(免許証、パスポート等)
  • クレジットカード
  • 当日連絡のつく携帯電話
  • 緊急連絡先(自宅、実家、勤務先等)
  • SDカード

絶対に忘れないでくださいね。

詳しいことは、別に記事にしているので参考にしてください。

当日無料!富士フイルムでカメラとレンズをレンタルしてみた

レンズは2本焦点距離16mmと56mm単焦点レンズを借りてみた

今回、借りた単焦点レンズは2本。

XF16mmF1.4 R WRとXF56mmF1.2 R APD。

パートナーも一緒に来ていて、彼女も単焦点レンズを2本借りました。

XF23mmF1.4 RとXF35mmF1.4 R。

二人とも、X-T2とX-T3を持って来たので、カメラは借りずに。

もう、X-T3はレンタルしていましたね。

今回も東京タワーと増上寺を目指して、歩きながら撮影を試していきました。

富士フイルム 単焦点レンズ

XF16mmF1.4 R WRのボケと解像感がスゴイ

XF16mmF1.4 R WRは、撮りやすくて楽しいレンズでした。

よく考えたら広角ズームレンズで、昔スナップ写真を撮ってました。

広角の単焦点レンズなのに、ボケるのには感動しました。

F8で絞って撮ると、キリッと写ります。

ビルやタワーとかの構造物を撮影するのが好きだから夢中になりそうです。

ボケにちょっと欠点があって、微妙な距離の被写体だとポップコーン現象が起きます。

細かい丸い粒ができるんですね。

今回の迷子の子供のクツを撮って、背景の光が丸く綺麗に写ったなと思いました。

こんな感じで、このレンズは気軽にスナップを楽しめてしまいます。

富士フイルム XF16mmF1.4 R WR

富士フイルム XF16mmF1.4 R WR

富士フイルム XF16mmF1.4 R WR

XF56mmF1.2 R APDは撮影するのに画角で悩んだ

XF56mmF1.2 R APDは、写りを楽しむ前に画角で悩みました。

ある程度の距離を離れて、構図や被写体をうまく見つけられなかった。

56mmという焦点距離は、人物撮影にはよい画角を持ってます。

ただ、スナップ写真になるとよく考えて撮影することを求められます。

富士フイルム XF56mmF1.2 R APD

富士フイルム XF56mmF1.2 R APD

富士フイルム XF56mmF1.2 R APD

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回撮ってみて、XF16mmF1.4 R WRが使いやすい画角と思いました。

こちらのレンズを購入してみようかと思います。

一方、XF56mmF1.2 R APDの画角は、難しいです。

撮り方にひと工夫が必要だなと思いました。

人物撮影なら、欲しいレンズかなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考にしていただければと思います。

関連記事

手っ取り早く標準ズームレンズで焦点距離を使いこなす方法

スポンサードリンク

手っ取り早く標準ズームレンズで焦点距離を使いこなす方法
超便利!親指AFを使って素早く効率よく写真を撮る

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA