SEL1635GM

ついに!ソニーSEL1635GM欲に負けて手を出してしまう

ついにSEL1635GMに手を出してしました。

広角ズームレンズは、ニコンFマウント用と富士フイルムXマウント用で1本ずつ持っています。

何本も広角ズームレンズはいらないですが、今回は撮影するのに目的を持ってSEL1635GMを購入しました。

最初のうちは、SEL1635GMを使って写真を撮ろうとは思っていませんでした。

撮影目的や購入経緯、実際使ってみての感想を話したいと思います。

さて、ソニーの高額な広角ズームレンズSEL1635GMはどんなレンズでしょうか?

夜景撮影と星景写真のために広角レンズを探していた

このレンズを使う撮影目的としては、夜景撮影と星景写真を撮ることです。

最初は、SEL1635ZとLAOWA 15mm F2 Zero-Dを考えていました。

夜景撮影は、三脚を使ってISO100 F8〜F11で写真を撮ることが多いです。

その時は、F4通しのSEL1635Zを使おうかなと思いました。

一方、星景写真は、なるべくF値を開放にしてシャッター時間も30秒とか長くならないようにしたい。

そう考えると、F値が1.4〜2.8の広角レンズが欲しいと思っていました。

そこから、LAOWA 15mm F2 Zero-Dを選びます。

よくよく考えてみました。

SEL1635ZとLAOWA 15mm F2 Zero-Dの2本のレンズを揃えるのと、SEL1635GMの1本のレンズを手にいれることは、費用がほぼ一緒。

それなら、SEL1635GMの1本でいいのかなと思うようになりました。

なるべくレンズは少ない本数を持って、撮影に行きたいのです。

使う広角ズームレンズのタイプが分かれるように考えた

SEL1635GMを選んだもう一つの理由があります。

それは、今持っている広角ズームレンズと同じような感じのレンズにならないこと。

ニコンFマウントでは、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED。

富士フイルムXマウント、XF10-24mmF4 R OIS。

これらを使って撮影をしています。

当初考えてたSEL1635Zは、F4通しのレンズでXF10-24mmF4 R OISもF4通しのレンズで同じようなレンズです。

XF10-24mmF4 R OISのほうは、小さく410g軽くとても使いやすいのです。

そう考えると、SEL1635Zは 持ち出して撮影する機会がすくなると想像できました。

夜景撮影と星景撮影で使って、さらに今持っている広角ズームレンズとは違う種類のレンズを選んだ結果。

最終的に、SEL1635GMに選びました。

広角ズームレンズSEL1635GMはこんな感じのレンズ

標準ズームレンズSEL24105Gと一緒に見ながら、SEL1635GMを話していきましょう。

上がSEL1635GM、SEL24105Gです。

SEL1635GM SEL24105G

本体の大きさは、SEL1635GMが少しばかり大きい感じ。

重さは、SEL1635GMが680g、SEL24105Gが663gです。

実際撮影で使ってみて、大きな差はありませんでした。

SEL1635GMには手振れ補正のONOFFスイッチがありません。

レンズの鏡筒を最大に伸ばしてみました。

SEL1635GM SEL24105G

実はSEL1635GMは、最大に鏡筒伸ばした時が焦点距離が16mmになります。

鏡筒を縮めて収めると焦点距離35mmです。

フィルター径の大きさを比べてみました。

SEL1635GM SEL24105G

SEL24105Gが77mm、SEL1635GMが82mm。

フィルター径77mmのレンズが多いので、フィルターを新たに買おうか考え中。

角フィルターも所有しているので、SEL1635GMはこちらで撮影しようかと思います。

SEL1635GM単体で見ていきましょう。

GMの証がいいですね。

SEL1635GM

なんとレンズフードの内側には、フェルト素材が貼られています。

SEL1635GM

簡単にレンズフードが外れないようにロック機構があります。

実際、回すと簡単にロックが外れてしまいますが。

SEL1635GM

次は、α7R IIIに取り付けたSEL1635GMを見てみましょう。

α7R III本体が小さいので、SEL1635GMが大きく見えますね。

SEL1635GM  α7R III

思ったより、カメラとレンズの重量バランスは悪くありません。

SEL1635GM  α7R III

このSEL1635GMは夜景や星景撮影で使うことが多い予定です。

三脚に固定して撮影するので、重量や大きさは問題になりません。

SEL1635GMで夜景写真と星景写真を試し撮りしてみた

早速夜景と星景の試し撮りしてみました。

このレンズSEL1635GMの良さを感じたのは、綺麗に撮影できるよりも、撮った後のLightroom現像がしやすいということ。

簡単にいうと、調整の手順が少なく、調整変更するのに迷いが少なくなりました。

まずは、いつも行く東京スカイツリーの夜景撮影。

2日試し撮りに行きました。

十間橋から東京スカイツリーを撮影しました。

縦構図2枚とも、焦点距離17mm/ISO100/F8で撮影しました。

東京スカイツリー SEL1635GM

東京スカイツリー SEL1635GM

横構図2枚は、焦点距離16mm/ISO100/F8で撮影しました。

東京スカイツリー SEL1635GM

東京スカイツリー SEL1635GM

思い通りに写真が撮れていました。

次は、北海道のニセコに行った時に、試しに星景写真を撮ってみました。

ただ星の写り加減を見てみたかったので、凝った構図ではありません。

こんな感じに写っているのかわかりました。

ニセコ 星 SEL1635GM

星景写真を撮るコツも分かりました。

ニセコ 星 SEL1635GM

SEL1635GMを使って本格的に夜景と星景写真を撮っていきたいと思います。

夜景と星景写真のためにスターリーナイト購入してみました。

スターリーナイトの使い勝手や写真の出来栄えは、次の機会に話します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

SEL1635GMは、値段がとても高いですが、撮影してみて満足する広角ズームレンズです。

特に撮影後のLightroom現像での仕上げに迷いがなく、効率よく進められました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後のSEL1635GMの購入や撮影の参考にしていただければと思います。

SEL1635GM

関連記事

念願のミラーレスカメラSONY α7R IIIをついに手に入れました

イチオシ!標準ズームレンズSEL24105Gを手に入れました

SONY SEL24105Gはつっこめないほど本当にボケてくれる

スポンサードリンク

香り漂う!長泉寺の骨波田の藤の花のシャワーを浴びてきた
世界に誇れる京成バラ園へ!一面カラフルな世界を撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA