富士フイルムX-T2をスナップ撮影のカメラとして手に入れました

富士フイルム X-T2カメラ

2024年、スナップ撮影をもっと楽しいものにするため、

富士フイルムX-T2を手に入れました。

実はこのX-T2は、2017年から2020年まで使っています。

スナップ撮影に合うカメラをいろいろ探していました。

そうして、自分に合ったスナップカメラは

X-T2という結論になりました。

それでは、スナップ撮影のカメラとしてのX-T2の話をしていきましょう。

スポンサードリンク

スナップ撮影のカメラとしてX-T2を選んだ理由

スナップ撮影のカメラとしてX-T2を選んだ理由についてです。

  • カメラのサイズ感がちょうど良い
  • イメージセンサーと画像処理エンジンの加減
  • カメラのデザイン
  • SDカードがダブルスロット

●カメラのサイズ感がちょうど良い

スナップ撮影用のカメラというと、

小さくて軽いが好まれますが、

筆者は小さすぎて軽すぎても困ります。

程よい大きさと重さが必要。

それが、X-T2だったのです。

富士フイルムX-H2やソニーα7R Vでもスナップしますが、

やはりちょっと大きすぎると感じてました。

●イメージセンサーと画像処理エンジンの加減

何でも最新のものがいいわけではありません。

特にスナップ撮影のカメラは、

少し古くてゆるさが欲しいところです。

X-T2に搭載しているX-Trans CMOS IIIセンサーは、

古っぽさがありますが

まだまだしっかりと映し出してくれます。

いい塩梅に自分が思った雰囲気の写真が撮れました。

●カメラのデザイン

カメラのデザインについてですが、

見た目のかっこよさもありますが、

いかに街に溶け込むかが重要でした。

X-T2はスーッと街の風景に馴染むカメラデザインです。

筆者自身もカメラが目立たないのでストレスになりませんし、

他の人も圧迫感のようなものも感じないでしょう。

●SDカードがダブルスロット

筆者は、RAW+JPEGで撮影データを記録します。

基本はJPEGデータのほうを少し編集して写真として完成。

自分好みにカメラ内で設定したフィルムシミュレーションの色を

出せるようにしています。

RAWデータは、フィルムシミュレーションと

また違った感じの写真に仕上げる時に使います。

富士フイルム X-T2

X-T2の外観を見てみる

X-T2は以前2020年まで撮影に使っていましたが、

なぜか新鮮な気持ちになりました。

花撮影や夕景撮影はちょっと物足りないものがありますが、

スナップ撮影ではメインカメラとして活躍しそうです。

X-T2の文字はちょっとかわいい感じ。

富士フイルム X-T2

このAFやMFの切り替えレバーは結構便利で使いやすい。

富士フイルム X-T2

自分のお気に入りのレリーズボタンをつけました。

シャッタースピードや露出のダイヤルもいい感じ。

富士フイルム X-T2

軍艦部はやっぱりかっこいい。

富士フイルム X-T2

ひとつひとつアナログなので

そこがまたスナップを撮りに行く気にさせます。

富士フイルム X-T2

X-T2を使うにあたって揃えたアクセサリー

X-T2を使うにあたって必要なアクセサリーを揃えました。

  • 丸紐カメラストラップ
  • レリーズボタン
  • 背面液晶フィルム
  • 予備バッテリー
  • 充電用USBケーブル

●丸紐カメラストラップ

初めて丸紐カメラストラップを選んでみました。

何にしたかというと、

ヨセミテカメラストラップですね。

こういう感じのカメラストラップにすると、

街に馴染むのでスナップ撮影した後に

ショッピングや食事を楽しんだりもできます。

ヨセミテカメラストラップ

ヨセミテカメラストラップ

ヨセミテカメラストラップ

●レリーズボタン

元々前のX-T2に使っていたものを再度利用しました。

オリエンタルホビーで扱っているリザート(トカゲ)のものです。

レンズメイト カスタムソフトレリーズボタン(リザード)

オリエンタルホビー レンズメイト カスタムソフトレリーズボタン(リザード)

●背面液晶フイルム

今回もKenko 液晶保護フィルム FUJIFULM X-T2用を選びました。

キズや汚れから液晶画面を守るためですね。

●予備バッテリー

バッテリー1つだとちょっと心配なので、

もう一つNP-W126Sを用意しました。

created by Rinker
富士フイルム(FUJIFILM)
¥5,600(2024/03/01 00:38:20時点 Amazon調べ-詳細)

●充電用USBケーブル

USBケーブルで充電したかったので、

USB-C to MicroBケーブルの25cmのものを選びました。

X-T2でスナップ撮影した写真

手に入れてからあまり時間が経っていませんが、

試しに撮ったスナップ写真です。

レンズは、フォクトレンダーULTRON 27mm F2使用しました。

created by Rinker
フォクトレンダー
¥64,364(2024/02/29 21:41:49時点 Amazon調べ-詳細)

富士フイルム X-T2

富士フイルム X-T2

富士フイルム X-T2

富士フイルム X-T2

富士フイルム X-T2

富士フイルム X-T2

富士フイルム X-T2

まとめ

スナップ写真を撮るために手に入れたX-T2の話をしてきました。

筆者がいろいろ考えて実際スナップ撮影に使ってみると、

X-T2は思った通りに使いやすさがありました。

ちょっとX-H2やα7R Vでスナップしたくないくらい快適です。

X-H2やα7R Vやレンズの記事も書いているので

参考にぜひ読んでみてください。

富士フイルム X-T2

富士フイルムX-H2を購入してから1年間撮影で使ってみた感想
2022年9月14日、富士フイルムX-H2を予約注文。 2022年9月22日に筆者の手元に届きました。 どちらかいうと衝動的に使ってみたいと思ったカメラ。 約4020万画素の超高画素機で、 新しい画像処理エンジンX-Processo...
ソニーα7R Vを購入してから1年間撮影で使ってみた感想
2022年11月1日に、ソニーα7R Vをすぐに予約注文しました。 2022年11月25日に筆者の手元に届きます。 実はα7R Vを手に入れるまで、 年単位でじっくりと計画を練って購入。 α7R IIIを約5年撮影で使っていたので、...
今年1年の写真撮影に使ったレンズを振り返る【2023年】
2023年も花の撮影中心に写真を撮ってきました。 2022年あたりから筆者自身に必要なレンズが 見極めができるようになり、 レンズ選びに迷いが少なくなりました。 それでは2023年の筆者が写真を撮るのに 使ったレンズの話をしていき...
タイトルとURLをコピーしました