焦点距離40mm 単焦点レンズ

焦点距離40mm単焦点レンズのススメ

今まで単焦点レンズを使って撮影することが苦手でした。

焦点距離35mmや50mmの単焦点レンズを持っていたものの、一度全部手放しています。

一定の画角で撮り続けるのがとても苦痛でした。

そのため、標準ズームレンズでずっと写真を撮ってきました。

ある日、久しぶりに単焦点レンズで写真を撮ってみようと思います。

そこで選んだレンズが、NOKTON 40mm f1.2 Asphericalでした。

今回は、焦点距離40mmの単焦点レンズでの撮影をオススメする話をしたいと思います。

焦点距離40mmはほぼ見た風景を切り取れる画角

早速結論を話しましょう。

焦点距離40mmは、ほぼ自分が見た構図で写真が撮れます。

自分の目で撮りたい風景を見た後、ファインダーを覗くとどう見えるかすぐわかります。

正確に言うと若干画角が広いですが、ほぼ見た通りなのです。

そのため、自分の見た風景と同じなので、迷いがなくシャッターをサクサク切ることができます。

効率よく写真が撮れるので、何時間でも飽きずに撮影できてしまうのです。

以前、焦点距離50mmで撮影する時は、見た目とは違い画角が狭くなり、自分の足を使って少し後ろに下がるアクションが必要でした。

焦点距離40mmの単焦点レンズはメジャーなレンズではありませんが、基準の画角感を養うのにとても使いやすいのです。

そういう理由で、焦点距離40mmの単焦点レンズをオススメしたいのです。

焦点距離40mm 単焦点レンズ

焦点距離40mmと50mmの単焦点レンズの使い分けをしてみたい

さて、標準焦点距離といわれている50mmの単焦点レンズはもういらないかというと、そうではないと思います。

焦点距離50mmは、花のアップの写真を撮るときに使っています。

この時に使うのが、標準ズームレンズです。

焦点距離50mmのメモリに合わせて撮影しました。

被写体に寄って撮影する焦点距離だと思うと、写真を撮りやすい画角だと気づきました。

焦点距離40mmは、見た目と同じように写真を撮りたいときに使います。

焦点距離50mmは、被写体に寄って写真を撮りたい時に使うようにしました。

現在、焦点距離50mmの単焦点レンズを持っていません。

もしこの焦点距離の単焦点れんずを使うとしたら、NOKTON 50mm F1.2 Asphericalを考えています。

NOKTON 40mm f1.2 Asphericalと同じマニュアルフォーカス。

自分でピントを合わせてからシャッターを切るのが楽しいです。

2つ揃えば使え分けて、撮影することができ表現の幅ができると思います。

焦点距離40mm 単焦点レンズ

40mmの単焦点レンズを標準焦点距離として考えてみる

焦点距離40mmの単焦点レンズを標準レンズとして使ってみることをオススメします。

見た目とほぼ同じが40mmと自分の中で基準が出来上がるとします。

そうすると、焦点距離35mmや焦点距離50mmの画角感も掴めるようになります。

さらに、焦点距離24mmや焦点距離85mmの画角もわかるようになるはずです。

画角がわかると、広角、標準、望遠のレンズの特性を活かして、表現しながら写真を撮ることができます。

焦点距離40mm 単焦点レンズ

まとめ

いかがでしたでしたでしょうか?

焦点距離50mmの単焦点で撮影していて、画角が狭くて感覚がつかめない方がいると思います。

その時は、ぜひ一度焦点距離40mmの単焦点レンズを試しみることをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

焦点距離を掴む参考にしていただければと思います。

焦点距離40mm 単焦点レンズ

関連記事

ハマるレンズ!NOKTON 40mm f1.2は撮る世界を変えた

スポンサードリンク

VOUN 気軽に自分の撮った写真をオシャレに額装するアプリ
ソニーα7R IVの6100万画素ミラーレスカメラでどんな写真を撮ると良いか考えてみる

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA