Vemico NP-FZ100互換バッテリー

Vemico NP-FZ100互換バッテリーを使ってみたレビュー

α7R IIIで使うため、Vemico NP-FZ100互換バッテリーを購入してみました。

メーカー純正のバッテリーは2個持っていて、通常撮影では十分です。

夜景など撮影するのに長時間使用することがあります。

試しに、Vemicoの互換バッテリーを使ってみることにしました。

α7R IIIはモバイルバッテリーから給電充電させることもできます。

ただ、多めにバッテリーを持っていたほうが安心だと思いました。

さて、Vemico NP-FZ100互換バッテリーはどうだったでしょうか?

Vemico NP-FZ100互換バッテリーについて

Vemico NP-FZ100互換バッテリーは、ソニーαシリーズを使っている人たちのレビューをみて気になりました。

普通は純正バッテリー以外は、不安になります。

レビューを見て、そんなに問題点が出てないので購入して使ってみることにしました。

手元に届いたので内容を見てみます。

Vemino NP-FZ100互換バッテリー

  • NP-FZ100互換バッテリー2個(保管ケース付属)
  • バッテリー充電器(2台同時充電可能)
  • USBタイプCケーブル
  • 保証書
  • 収納ポーチ

2台のバッテリーを同時に充電することは少なそうですが、効率よく充電できそうです。

個人的にはポーチはいらないかなと思いました。

純正バッテリーと互換バッテリーとも形は全く同じです。

そうじゃなければ使えないですが。

オレンジ色がいい感じ。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー

バッテリー裏面を見てみます。

7.2V 16.Wh 2280mAhの数値も全く同じです。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー 

早速、Vemico NP-FZ100互換バッテリーを使って撮影をしてみました。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー

実際にα7R IIIでのVemicoの互換バッテリー使用感

早速α7R IIIの電源をつ入れてみました。

カメラ本体のバージョンは、3.01です。

警告ダイアログは表示されません。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー

バッテリー残量は正確に表示されない時ありです。

最初100%表示だったのが、一旦電源を切って再び電源を入れてみると83%になったりしました。

ちょっと、近所の川へオールドレンズの試し撮りをかねて、Vemico NP-FZ100互換バッテリーを試してみます。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー

午前10時30分から午後12時ごろまで、約1時間30分撮影。

約80枚ほど写真を撮りました。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー

スナップ撮影は、撮りたい被写体が見つからない時α7R IIIの電源は、すぐに切る感じです。

D810のような一眼レフカメラだと電源入れっぱなしでもバッテリーはすぐ減りません。

でも、α7R IIIのようなミラーレス機は電源をこまめに切ってしまうほうです。

話を戻して、使用した感じだと純正バッテリーと比較して、減り方はそんなに変わらないように思いました。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー

さて、Vemico NP-FZ100互換バッテリーを通常撮影で使うかといえば、使わないです。

ちゃんと記録していきたいので、純正バッテリーを使用して撮影していきます。

Vemico NP-FZ100互換バッテリーを使う時は、最後の最後で使うバッテリーがなくなった時に使用。

または、新しいレンズやオールドレンズの試し撮りやロケハンなど気楽な撮影で、この互換バッテリーを使っていきます。

やはり、メインでVemico NP-FZ100互換バッテリーを使うのは不安がありますね。

最後にどのくらい繰り返し充電して使えるのか、このVemico NP-FZ100互換バッテリー劣化に興味がありです。

Vemico NP-FZ100互換バッテリー

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Vemico NP-FZ100互換バッテリーは、純正バッテリーと同じように撮影できました。

ただ、何かトラブルがあるといけないので、いつも出番は一番最後のサブバッテリーの扱いで使っています。

レンズの試し撮りやロケハンなどを中心にVemico NP-FZ100互換バッテリー使っていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Vemico NP-FZ100互換バッテリーの購入や使用の参考になればと思います。

スポンサードリンク

天空の湖と呼ばれる中禅寺湖と男体山周辺の紅葉をのんびり撮影してきた
秋の宮古島へ絶景撮影スポットを巡りロケハン感覚で撮影してきた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA