ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sは不思議で楽しいレンズ

新しいレンズを手に入れました。

ニコンAi Nikkor 50mm f/1.2S。

もちろん今回も、マウントアダプターを使ってα7R IIIに取り付けて撮影。

ニコンのレンズとソニーαの組み合わせは個人的に好きです。

開放f1.2の単焦点レンズなので興味が湧いてきました。

最近発売されたレンズはもちろん素晴らしいです。

ただ、古いレンズも写りに味があって雰囲気が素敵。

さて、ニコンAi Nikkor 50mm f/1.2Sはどんなレンズでしょうか?

ニコンAi Nikkor 50mm f/1.2Sを選んだ理由

このレンズを選んだ理由は、ツイッターのフォロワーさんに薦められたから。

それ以外にありません。

フォロワーさんの写真をみてこのレンズを使ってみようと思いました。

開放f1.2は、NOKTON 40mm f1.2 Aspherical以外は使ったことがないので楽しみです。

今回は、マップカメラさんで中古で手に入れました。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ソニーα7R IIIに取り付けるためマウントアダプターを探しました

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sをソニーα7R IIIに取り付けるためには、マウントアダプターが必要です。

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sは、Fマウント。

α7R IIIはEマウントです。

K&Fのマウントアダプターをいつも選んでいるので、今回もK&Fにしました。

ニコンAi Nikkor 50mm f/1.2Sをじっくり見てみた

それでは、Ai Nikkor 50mm f/1.2Sをじっくりみていきます。

美品と呼ばれる中古のレンズを選んだので、とても綺麗な状態。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

リアレンズもとてもピカピカ。

マウントを取り付ける部分は、スレがありますが特に気にはなりません。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

やはりα7R IIIに取り付けてみるとこんな感じです。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ニコンAi Nikkor 50mm f/1.2Sで試し撮りをしてみた

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sでいろいろな場面で撮影してみました。

光の感じで雰囲気が大きく変わるレンズです。

今回の撮影はf1.2かf2.8の絞りで写真を撮りました。

  • 太陽の光での撮影
  • 日陰の撮影
  • 逆光の撮影
  • 夜の時間帯の撮影

●太陽の光での撮影

表現がしにくいですが、なんとも印象深い写り方です。

空の青やコキアの緑が、柔らかい感じでした。

クセがあるといえば、そうかと思いますが、味だと思えば面白いレンズです。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

●日陰での撮影

日陰で撮影すると、ガラッと雰囲気が変わります。

シャドーの部分がニコンらしさを感じました。

この感じがとても好みだったので、一気にこのレンズが好きになります。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

●夜の時間帯の撮影

太陽の光の下での撮影もいいけど、人工の光でもなかなかいい。

もうすこし夜の時間帯の撮影をして、このレンズの性格を知りたいです。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

最後、緑の色の発色が独特な感じで結構気に入りました。

ニコン Ai Nikkor 50mm f/1.2S

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ニコンAi Nikkor 50mm f/1.2Sは、結構光の感じで変化する面白いレンズでした。

このレンズでしばらくスナップ撮影を楽しんでみます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Ai Nikkor 50mm f/1.2Sを選ぶ参考にしていただければと思います。

 

スポンサードリンク

ひたち海浜公園の緑のコキアへ夏を感じるために行ってきた
アートアクアリウム美術館が東京日本橋に常設されて撮影しに行ってみた