銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

TTartisan 50mm F/1.2 C花撮影で滑らかなボケを感じる単焦点レンズ【富士フイルム】

今回は銘匠光学TTartisan 50mm F/1.2 Cのレンズの話です。

1万円はちょっと超えるけれど、たった1万4000円程度で手に入れられる単焦点レンズ。

マニュアルフォーカスのレンズです。

aps-cサイズのセンサー用のレンズで、富士フイルムXマウント用を選択。

前回、TTartisan 35mm F1.4 Cを購入してかなり楽しく写真を撮ることができました。

今回もこのTTartisan 50mm F/1.2 Cも期待がとても大きいです。

さて、TTartisan 50mm F/1.2 Cはどんな感じの単焦点レンズでしょうか?

TTartisan 35mm F1.4 C価格が安くてクセのない素直な写りの単焦点レンズ【富士フイルム】

スポンサードリンク

TTartisan 50mm F/1.2 Cについて

下記が、TTArtisan 50mm f/1.2 Cの仕様内容になります。

  • レンズ重量 335g
  • レンズサイズ 直径62mm×55mm
  • レンズ構成 5群7枚
  • レンズ絞り羽根 10枚
  • 絞り値 f1.2〜f16
  • 最短撮影距離 50cm
  • フィルター径 52mm
  • 対応マウント Sony E / Fujifilm X / マイクロフォーサーズ / Canon EF-M / Nikon Z /        ライカL

TTArtisan 50mm f/1.2 Cは、2021年2月12日に発売されました。

前回手に入れたTTartisan 35mm F1.4 Cはなかなか好みで優秀。

今回もTTArtisan 50mm f/1.2 Cに期待が高まりました。

Amazonで13,950円で購入。

気軽に試せる価格が嬉しいところです。

主に花撮影で使ってみようと思い、実際に撮って来ました。

それでは、早速TTArtisan 50mm f/1.2 Cのレンズを見ていきましょう。

レンズはこんな感じの化粧箱に入って来ました。

このシリーズはこんな箱にレンズが入っています。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

フィルター径は52mm。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

TTartisan 35mm F1.4 Cと同じような触りごごち。

ピントリングは程よく重くて、f1.2でもピントが合わせやすいです。

F値は、f1.4〜f16まで。

絞りリングは、クリック感があるタイプです。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

リアの部分にFX-Mountの文字があります。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

レンズキャップはねじ込み式で回すタイプ。

ちょっと外したり、つけたりが面倒な感じです。

素早く付けたり外したりしたいので、違うメーカーのレンズキャップを使用することにしました。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

X-T4にTTArtisan 50mm f/1.2 Cを取り付けてみました。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

なかなかカメラボディとの良いバランスです。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

焦点工房TTArtisan 50mm f/1.2 Cの情報

created by Rinker
TTARTISAN
¥13,950 (2021/10/17 05:50:03時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサードリンク

TTArtisan 50mm f/1.2 Cで試し撮りをしてみた

今回は日中だけの試し撮りをしました。

梅雨の季節なので、残念ながらくもりの中の撮影です。

この時期の花撮影といえば、紫陽花が主役。

X-T4のカメラ設定はPROVIA、カラークロームエフェクト【弱】、クラシックブルー【弱】にしました。

f1.4かf2.8で撮影。

その後、Lightrioomでトーンカーブ等で編集しました。

レンジの焦点距離は50mmですが、aps-cサイズのイメージセンサーなので、35mm判換算で約75mm相当になります。

やはり花の記録としては、ある程度絞って撮影したほうが良いようです。

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

まとめ

いかがでしたでしょうか?

TTArtisan 50mm f/1.2 Cは、滑らかなボケが出るマニュアルフォーカスのレンズ。

ピントが合わせやすいので、花の撮影がとても楽しいものになりました。

中望遠の単焦点レンズなので、いい感じに被写体の紫陽花の写真が撮れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お試しに、富士フイルムXマウントのサードパーティ製のレンズを使ってみてはどうでしょうか?

銘匠光学 TTArtisan 50mm f/1.2 C 富士フイルム X-T4

created by Rinker
TTARTISAN
¥13,950 (2021/10/17 05:50:03時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサードリンク

ブログ記事を長く書き続けるコツとそこから得られたこと【継続の心構え】
埼玉滑川にある武蔵丘陵森林公園にひろがるひまわりサンフィニティを撮影してきた