東漸寺 提灯

松戸小金東漸寺の紅葉撮影に行ってみた

 千葉県松戸市小金にある浄土宗仏法山東漸寺の紅葉撮影に行ってきました。以前の記事、松戸平賀本土寺の紅葉撮影に行ってみたの後に、東漸寺に向かいました。本土寺参道を南下して、常磐線北小金駅のほうへ向かい、駅を超え十字路を更にほどよく歩くと右手に東漸寺があります。常磐線が通っていなければ、かつては本土寺から東漸寺まで続けて歩くことが出来ました。江戸時代は小金宿という宿場町で東漸寺も中心的な寺院となっていました。関東十八檀林だったいうこともある古刹(こさつ)です。さて、前に訪れた本土寺の紅葉加減も良好ではなかったので紅葉撮影はどうだったでしょうか?

寺院の存在感が見頃でない紅葉を引き立てていた

 紅葉の具合は本土寺と同様でまだ見頃でなく、また紅葉する木々が平林寺本土寺よりすくないため、紅葉が最もいい時期にならないと迫力がありませんが、東漸寺の総門、参道、山門、中雀門、本堂、鐘楼などの配置がとてもバランスが良く存在感があるので、紅葉をうまく引き立てていました。

東漸寺 もみじの紅葉

東漸寺 山門

 葵の家紋を羽織ったおじさんが落ち葉を綺麗に集め、そして芸術的に並べていたところを撮影しました。ちょうどおじさんが落ち葉を集めかたずけようとしていました。こういう情景を撮影するのはなかなかないことですね。紅葉してる木々ばかり撮影するので面白くないですよね。

東漸寺 落ち葉の掃除

撮影の構図がとても取りやすい東漸寺

 東漸寺はとてもシンプルな配置になっている寺院です。写真を撮影するのにはとても構図が取りやすいですね。江戸時代は、隣の小金小学校の敷地もかつては寺領で、約20箇所の堂宇(どうう)と8つの学寮があったそうですから、全く想像ができないくらいの大寺院のようでした。寺院撮影をしていろいろな寺院を訪れると明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)の影響を感じることが多く、ここ東漸寺も例外ではなく荒廃してしまいました。そこから復興されたので、シンプルな配置になってるのかと思います。

東漸寺 参道

東漸寺 観音堂

東漸寺 イチョウへの小径

次回は浄土宗寺院の撮影の旅で訪れる

 僕は今、浄土宗寺院を焦点にした撮影をしています。東漸寺をまた訪れてじっくり撮影をしたいと思います。東漸寺の雰囲気も好きですし、埼玉県に住んでいますが気軽に訪れることができるのも魅力です。今年元日は東漸寺を参拝し1年の始まりをこの寺院でスタートされました。今年の大晦日から元日にかけて、東漸寺を訪れ参拝をする予定です。

東漸寺 石碑

東漸寺 紅葉

東漸寺 鐘楼と紅葉

 最後に東漸寺の紅葉はまだという時期の撮影でしたが、僕の中では東漸寺という寺院で紅葉を撮影できたというだけで満足でした。気軽に訪れることができるので、もう一度紅葉の加減を見に行こうかなと考えています。紅葉の時期も終盤に差し掛かってきました。今年は紅葉が遅れてるとは紅葉撮影いける地域も限られて来たので、今年最後の紅葉撮影に行っていい写真を撮って来たいと思います。

 

千葉県松戸市小金359

 

スポンサードリンク

松戸平賀本土寺の紅葉撮影に行ってみた
今年最後の紅葉、養老渓谷の紅葉撮影に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA