TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cを撮影で使ってみて感じたこと【Xマウント】

今回は、TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cというマクロレンズについてのお話です。

Pergearさんにレンズを提供してもらい、富士フイルムX-T4で使いました。

普段花撮影はよくするのですが、マクロレンズで花に近づいて写真することはほとんどありません。

花を大きく撮影することはありますが、花だけでなく周りの風景を入れて写真を撮ることが多いからです。

今回はせっかくマクロレンズを使う機会に恵まれたので、少し楽しんでみようと思いました。

さて、TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cはどんなマクロレンズだったでしょうか?

スポンサードリンク

マクロレンズとTTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cのスペックについて

まず、マクロレンズについてです。

マクロレンズは、被写体に近づいて撮影できる、つまり接写して撮影可能なレンズのこと。

マクロレンズの定義は、一般的に撮影倍率が等倍を超えるレンズを指します。

●TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cのスペックについて

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cは、最短距離17cmの等倍撮影可能なAPS-Cフォーマット対応のレンズです。

レンズマウント富士フイルムX
焦点距離40mm(35mm判換算:60mm相当)
フォーカスマニュアルフォーカス
レンズ構成7群8枚
対応イメージセンサーサイズAPS-C
最短撮影距離約0.17m
絞りF2.8-F16
絞り羽根11枚
フィルター径52mm
サイズΦ約62-63mm×約73-77mm
質量約370g

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cをじっくり見てみる

今回もPergearさんのご好意で、TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cを提供していただきました。

TTArtisanのレンズの化粧箱というばグレーの箱です。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

レンズを上から見てみます。

レンズキャップはねじ込み式。

ちょっと手間がかかるタイプです。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

レンズキャップを撮ってみましょう。

レンズが暗くて見えませんが、だいぶ奥にあります。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

リアレンズはこんな感じです。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

斜め上からレンズ全体を見てみます。

MACROの文字がありました。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

レンズを逆さまにして、リアレンズを斜め上から見ました。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

ねじ込み式のレンズキャップは、こんな感じで薄っぺらいです。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

早速X-T4に取り付けてみました。

これが一番短い状態。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

等倍の状態にすると、約4センチ伸びます。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

X-T4に取り付けて、いろいろ試し撮りしてみました。

スポンサードリンク

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cで撮影した写真

接写してマクロレンズとして、または40mm(35mm判換算:60mm相当)の単焦点レンズとして写真を撮ってみました。

手持ちで被写体に近づいて撮影するのはなかなか難しいです。

参考にしていただければと。

●手持ち接写して撮影

F11に絞って手持ちで被写体によって撮影してみました。

結構ピントを合わせるのが難しいです。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

●単焦点レンズとして撮影(F2.8)

開放F2.8で焦点距離40mm(35mm判換算:60mm相当)の単焦点レンズのように使ってみます。

筆者としては、この使い方が結構程よくボケてくれる好きな写真が撮れました。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

●単焦点レンズとして撮影(F11)

F11まで絞って風景を撮影してみました。

細かく描写をみてしまうと、ちょっとこういう写真は厳しい感じです。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

マクロレンズとして使うときは固定して撮影するのがオススメ

本来のマクロレンズとしてTTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cを使うときは、

三脚等を使って固定して撮影するのがベストです。

特に等倍で撮影するときは手持ちは難しいと感じました。

実際に固定して撮影してみます。

固定すると、ピント合わせに集中できました。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

等倍近くまで接写して撮影したい時は、固定したほうが良いです。

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO C

スポンサードリンク

TTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cをオススメする人について

マクロレンズTTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cをオススメしたい人について。

下記の人に使ってもらいたいです。

  • 初めてマクロレンズを使ってみたい人
  • 手軽にマクロレンズで撮影したい人
  • ブログで商品を接写して撮影したい人

レンズの価格も非常にお手頃なので、まず使ってみたい人に向いています。

そこからステップアップして高価なマクロレンズを手に入れるもいいでしょう。

筆者のように、花撮影したり、ブログでの物撮りに使うのはなかなか便利なレンズと感じました。

開放F2.8での花撮影のボケの感じは好みです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マクロレンズTTArtisan 40mm f/2.8 MACRO Cは等倍まで撮影することができ、

なおかつ手頃な価格のレンズなのでまず使ってみたい時には導入しやすいと感じます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考にしていただけると幸いです。

スポンサードリンク

富士フイルム新製品発表会X Summit OMIYA 2022を観て感じたこと【X-H2S】
ソニーSEL2470GM2高品質で軽い標準ズームレンズファーストインプレッション