NURO光 ZXHN F660T

NURO光 超高速光回線を導入してみた

2016年8月7日、自宅にNURO光が開通しました。4年ほどNTT東日本のフレッツ光回線を使っていました。2015年12月頃から回線速度が遅くなり、特に会社員が帰宅する時間から就寝するまで時間帯は、回線速度がとても遅く、時おり回線が切れてしまうこともありました。インターネットを見るくらいならいいのですが、ブログの記事を書いたり、iMacのアプリケーションのアップデート更新、Wifiを使ってiPadの使用など回線速度が遅いため、不都合を感じました。さて、今回NURO光に変えてどうだったでしょうか?

NTTフレッツ光回線とプロバイダーBiglobeの組み合わせの回線の遅さ

NTT東日本のフレッツ光回線は約4年、プロバイダーのBiglobeは約16年、利用させていただきました。毎年10〜12月にたまに回線切断が起こるものの、回線速度はダウンロード70〜100Mbpsくらい出ていました。2015年12月頃から回線速度が極端に落ちるようになりました。ひどい時には回線速度がダウンロード10Mbps以下になることがあり、格安SIMの回線速度以下の時がありました。回線速度が遅くなった大きな理由としては、光回線契約数の増加によるものだそうです。

インターネット見るのならいいのですが、僕が利用するのはそれだけではなく、ブログの記事の更新、アプリケーションのアップデート更新、Wifiを使ってiPad使用の困難、容量の大きなファイルのダウンロードなど利用価値がなくなりましたので、今回、NURO光の導入して光回線を変えることとしました。

今回、NTT東日本とBiglobeには回線速度の問い合わせはしませんでした。すぐに改善することが難しいと明らかなことに時間を割きたくなかったので、今までの思いを捨ててNURO光に変えることにしました。

早速NURO光に申し込んでみた

今回は、NURO光公式ホームページから申し込みました。他にいろいろ申し込み方法がありますが、直接So-netへ申し込んだほうが安心感がありました。変なオプション設定もありません。

対象エリアは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です。埼玉県に住んでいるので対象エリアなので申込は可能です。

【申し込み日】2016年6月19日

【申し込みコース】NURO 光 G2 V(マンションミニ)コース

【基本料金】

  • 月額基本料金:4,743円
  • 基本工事費用:40,000円(1,333円×30ヶ月)
  • 契約事務手数料:3,000円(初回のみ)

【特典】2016年6月申込時

  • 月額料金 1年間 2,980円(税抜)
  • 工事費相当分 実質無料
  • So-net設定サポート1回無料 

【その他】

ONU(Optical Network Unit)とセキュリティサービスは月額料金に含まれています。

【月額料金割引キャンペーン】

 開通月(1ヶ月目)開通2ヶ月目〜12ヶ月目開通13ヶ月目〜31ヶ月目
割引後の金額0円2,980円4,742円
月額基本料金
[開通月は日割で請求]
〜4,743円4,743円4,743円
基本工事費割賦
[開通翌月から30回に分けて請求]

1,333円1,333円
キャンペーン割引金額〜 -4,743円-3,096円-1,334円

2年契約の縛りと、今回は工事費実質無料が31か月あるので、この期間は契約解除を気軽には行えません。

光回線宅内工事日と光回線屋外工事日(開通日)について

NURO光は、光回線宅内工事日と光回線屋外工事日と2回工事があり立会いが必要でした。NURO光が開通するまで、時間がかかると聞いていたのでのんびり待つことにしました。光回線宅内工事日は7月2日に決まり、建物にあるMDF(主配線盤)に光キャビネットを設置し、室内まで光回線を引く作業をSo-netの下請け会社が行います。約1時間で終わりました。

次は光回線屋外工事ですが、So-netからの電話を4、5回受け取れず、8月2日にようやく受け取れ、光回線屋外工事日は8月7日に決まりました。電柱からNTT光回線のダークファイバー(NURO光専用)を建物まで引き、MDF内部までNTT光回線の引き込み作業をNTTの下請け業者が作業します。約15分で終わりました。その後、So-netの下請け業者が来て、NTT側の光回線とSo-net側の光回線を接続して、開通しました。

もしかしたら、前日全作業を行いたい電話があったのですが不在を告げたので、MDFは建物内に入れないとアクセスできない部分を除いて、電柱から建物までの光回線を引く作業は前の日に終了させていたかもしれません。

高速光回線インターネットNURO光の回線速度について

NURO光から提供されたONU(Optical Network Unit)は、11ac未対応のZXHN F660Tでした。ZXHN F660Aという型番は11acは対応しているようです。早速、EthernetとWifiの設定をしました。ZXHN F660Tの設定は別に記事を書きましたので、こちらも読んでいただければと思います。

NURO光 F660TのWi-Fi設定をしてみた

iMacは有線LAN、iPhone 6sとiPad Airは無線LANにすることにしました。NURO光の回線速度をNURO光オリジナル通信速度判定システムで測ってみました。

NURO光オリジナル通信速度判定

【iMac 有線LAN】

下り878.8Mbps上り940.3Mbpsでした。かなり十分です。これ以上求めるものはないです。

NURO光 iMac有線LAN 回線速度

【iMac無線LAN 5Ghz帯】

下り146.1Mbps上り118.6Mbpsでした。 ZXHN F660TのWifiの速度の最大理論値が450Mbpsですから、速度は出ていると思います。

NURO光 iMac無線LAN 回線速度

【iPhone 6s無線LAN 5Ghz帯】

下り143.4Mbps上り148.9Mbpsでした。なんの悩みもありません。

NURO光 iPhone無線LAN 回線速度

【iPad Air無線LAN 5Ghz帯】

下り95.0Mbps上り115.2Mbpsでした。iPhone 6sより少し遅い感じですが、満足な速度です。

NURO光 iPad無線LAN 回線速度

高速光回線インターネットNURO光のまとめ

NURO光を導入して、回線速度を測ったり、実際に使ってみて全く不満のない光回線でした。月額料金は、フレッツ光(レンタル機器含む)とプロバイダーBiglobeを合わせて4,482円でした。NURO光に変えると5,122円になり増えますが、回線速度が快適なことを考えれば、少し高くなったことは特に問題がありません。実はNURO光開通の2週間前くらいから、フレッツ光の回線速度が速くなって元の状態に戻っていました。

NURO光 ZXHN F660T

今回NURO光が開通するまで、時間が1か月以上かかりましたが、使い始めてから回線速度に対してストレスがなくなりましたので、心穏やかに過ごすことができるようになりました。対象エリアに住んでいる方で、光回線の変更を検討しているのヒントになればと思います。

NURO光公式ホームページ

 

スポンサードリンク

関東最大級 座間のひまわり畑へ撮影に行ってみた
NURO光 F660TのWi-Fi設定をしてみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA