AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDを手に入れました

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDを購入しました。

群馬県沼田市にある吹割の滝を撮影に行った時、標準ズームレンズしかありませんでした。

そのため、滝の全体やその周りの風景を構図内に収めるのに苦労しました。

そんな理由で急遽、本格的に紅葉撮影する前に購入しました。

予算が足りなかったので中古を選ぶことにしました。

さて、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDはどんな広角ズームレンズでしょうか?

今回の広角ズームレンズは二択になりました

広角ズームレンズは、どのレンズにしようかと考えた時にニコン純正のレンズにしようと思いました。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDか、AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRの二つのレンズから選ぶことになりました。

この二つの広角ズームレンズをいろいろ比較をしてみました。

 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDAF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
焦点距離18-35mm16-35mm
最短撮影距離0.28m0.29m
F値F3.5-4.5
F4
手ぶれ補正なしあり
フィルター径77mm77mm
重量385g680g
価格.com最安値(2016年11月29日)79,800円122,778円

●焦点距離について

焦点距離は数字が小さいほうがより広く撮影できます。

今回初めて広角ズームレンズを使ってみるので、お試しで撮影しように使ってみようと思っていました。

やはり価格で選ぶ優先順位が高いので、18mmからのAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDでいいと思いました。

●最短撮影距離について

どちらのレンズも結構寄れて撮影できるので、どちらを選んでも良いと思いました。

●F値について

広角ズームレンズで撮影するのは風景が多くなります。

F値設定がF8が多くなると思ったので、F4通しのAF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRでなくともいいのかなと思いました。

●手ぶれ補正について

広角ズームレンズで焦点距離が短いこともあるので、手ぶれ補正は必要ないかなと思いました。

●重量について

やはり歩いて移動して撮影することが多いので、軽いほうがいいです。

そうなるとNikon D810につけた時の重量を考えると、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDがいいかなと思いました。

●価格について

撮影使用頻度のことを考えると、いつも使う感じではありません。

風景撮影は頻繁にしないため、持ち出すことが少ないと思い、価格が安いほうを選ぶことにしました。

そして、今回は中古のAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDを選ぶことにしました。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDが手元に届きました

今回もマップカメラさんでAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの中古を購入しました。

正確に言うと、自分で購入したというより、誕生日とクリスマスプレゼントとして買ってもらいました。

今年は何かと一眼レフカメラやレンズを中古で購入する機会が多くなりました。

早速D810に取り付けてみました。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

横から見て、長くもなく短くもなくD810とのバランスがいい感じです。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

焦点距離20mmの目盛りがあると良かったかもしれません。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

フィルター径は77mm。

77mmの保護フィルターが何枚か余っているので、改めて購入しませんでした。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

中古での購入だったので、レンズキャップとレンズ裏蓋が傷がついていたので新調しました。

レンズキャップはLC-77、レンズ裏蓋はLF-4です。

早速AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDで撮影してみました

AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRと違いナノクリスタルコートではありません。

実際撮影してみるとしっかりはっきりと解像度が高い写真が撮れます。

色合いもいい感じです。

撮影した写真の傾向としては、以前所有していた単焦点レンズAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDに似ています。

茨城県水戸市 吉田山神宮寺薬王院

焦点距離:18mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:400 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

千葉県松戸市 仏法山東漸寺

焦点距離:18mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:800 / 使用機材:Nikon D750 +AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

埼玉県秩父郡長瀞町

焦点距離:35mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/200秒 / ISO:125 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

茨城県久慈郡大子 臥雲山永源寺

焦点距離:28mm / 絞り:F8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

栃木県大田原市雲岩寺 東山雲巌寺

焦点距離:35mm / 絞り:F5.6 / シャッタースピード:1/50秒 / ISO:1250 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDのまとめ

広角ズームレンズAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDは、評判通りしっかりと解像感があり、軽量なレンズで撮影するのが楽しくなるレンズでした。

自分が見た状態に現像をして仕上げるのも、きれいに撮影されているので結構時間をかけずに現像ができました。

風景を撮影するときや被写体から離れる場所がなく撮影するときに、広角ズームレンズAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDはこれからも活躍しそうです。

撮影のときはいつも持って行きたくなる広角ズームレンズだと思います。

最近は、東京スカイツリーや東京タワーの夜景撮影でよく使っています。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

スポンサードリンク

縦横無尽に長瀞の紅葉撮影に行ってみた
Lightroom CC 2015.8リリースされ参照ビューお気に入り

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA