ニコンから発表されたZ7とZ6は欲しくなるカメラなのかしら

2018年8月23日、ニコンのフルサイズミラーレスカメラが発表されました。

Z7とZ6の2機種の発売となります。

現在、富士フイルムX-T2とソニーα7R IIIのミラーレスカメラを使って写真を撮っています。

ある程度これらミラーレスカメラのメリットやデメリットは使っていると感じます。

今回、他のメーカーのミラーレスカメラとの比較はしません。

思ったことや意見を交えながら話したいと思います。

さて、今回発表されたニコンのZ7とZ6はどんなフルサイズミラーレスでしょうか?

今回ニコンから発表されたZ7とZ6について

ニコンからの発表は、フルサイズミラーレスカメラで、Z7とZ6と名付けられた2機種です。

ソニーのαシリーズを意識してるなと感じました。

αはAと代わりに呼ばれることが多いです。

そのAは、アルファベット順で一番目です。

それに対して一番最後のアルファベットのZをニコンは選びました。

発売日は、Z7は2018年9月下旬、Z6は2018年11月下旬です。

すぐ欲しい人には朗報で、予約も開始されています。

価格について、価格.comの最安値は、Z7は309,860円/Z6は224,990円です。(2018年12月29日時点)

価格,com – ニコン Z7 ボディ 価格比較

価格,com – ニコン Z6 ボディ 価格比較

価格から見ると、Z7とZ6は、ちょうどソニーのα7R IIIとα7 IIIへの対抗する価格帯です。

Z7とZ6とニコンの中で人気のあるフルサイズ一眼のD850との比較表を作ってみました。

 Z7Z6D850
レンズマウントニコンZマウントニコンZマウントニコンFマウント
有効画素数/総画素数4575万画素/4689万画素
2450万画素/2528万画素4575万画素/4689万画素

画像処理エンジン
EXPEED6EXPEED6EXPEED5
ボディ内手ぶれ補正イメージセンサーシフト方式5軸補正
イメージセンサーシフト方式5軸補正なし
記録媒体/スロット数XQDカード/シングル
XQDカード/シングルSDカード/ダブル
ファインダー/視野率/倍率369万ドットEVF/100%/0.8倍
369万ドットEVF/100%/0.75倍OVF/100%/0.8倍
シャッタースピード1/8000~30秒1/8000~30秒1/8000~30秒
連続撮影速度9コマ/秒12コマ/秒7コマ/秒
ISO感度ISO 64~25600ISO 100~51200ISO 64~25600
オートフォーカス方式ハイブリットAF(位相差AF/コントラストAF)ハイブリットAF(位相差AF/コントラストAF)TTL位相差検出方式
フォーカスポイント493点273点153点
動画記録画素数/フレームレート3840×2160(4K UHD):30p/25p/24p3840×2160(4K UHD):30p/25p/243840×2160(4K UHD):30p/25p/24p
背面モニターチルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)/約210万ドットチルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)/約210万ドットチルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)/約236万ドット
バッテリー
Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15bLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15bLi-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15a
撮影可能コマ数約330コマ(ファインダーのみ使用)約310コマ(ファインダーのみ使用)約1840コマ
質量(本体のみ)585g585g915g

ミラーレスカメラと一眼レフカメラを比較しにくいですが、参考として出しました。

やっぱり気になったのは、記憶媒体のスロット数とバッテリーの持ちです。

Z7とZ6についての興味と気になること

X-T2やα7R IIIを使って撮影しているので、ミラーレスカメラのことはある程度わかっている感じです。

Z7とZ6への興味と、気になったことを話していきます。

●iメニューのカスタマイズ

一番興味を持ったことが、iメニューのカスタマイズです。

D810を使っていて、今まで押したことがあまりありません。

そのため、何のための機能かわかりませんでした。

Z7とZ6にあるiメニューのカスタマイズすることで、EVFから目を離さないで、いろいろな項目を変更することができます。

Nikon Z7 Z6

ニコンHPより

下記が静止画モードでiメニューに割り当てられる機能です。

  • 撮像範囲設定
  • 画質モード
  • 画像サイズ
  • 露出補正
  • ISO感度設定
  • ホワイトバランス
  • ピクチャーコントロール
  • 色空間
  • アクティブD-ライティング
  • 長秒時ノイズ低減
  • 高感度ノイズ低減
  • 測光モード
  • フラッシュモード
  • フラッシュ調光補正
  • フォーカスモード
  • AFエリアモード
  • 手ブレ補正
  • オートブラケティング
  • 多重露出/HDR(ハイダイナミックレンジ)
  • サイレント撮影
  • レリーズモード
  • カスタムボタンの機能
  • 露出ディレーモード
  • 電子先幕シャッター
  • Lvに撮影設定を反映
  • 2点拡大
  • ピーキング表示
  • モニター
  • ファインダーの明るさ
  • Bluetooth通信機能
  • Wi-Fi通信機能

Nikon Z7 Z6

ニコンHPより

別に動画モードの機能もカスタマイズできます。

α7R IIIはカスタムボタンがたくさんあり、各所によく使う機能を割り当てました。

ただ、ちょっと欠点があり、それはたまにどこに割り当てたのか忘れることです。

Z7やZ6iメニューのカスタマイズなら、iボタンを押せばそこから複数の項目の設定を変えれるため便利そうです。

●記憶媒体スロットがシングル

今回、Z7とZ6の記録メディアはXQDカードになりました。

現在使っている記録メディアは、CFカードとSDカードを使って撮影しています。

もしZ7かZ6を使うとすると、XQDカード使うことになります。

個人的にはあまり問題にならず、すぐに受け入れてしまうと思います。

記録メディアの種類よりも、記録媒体スロットがシングルのほうが気になってしまいます。

記録媒体スロットがシングルのカメラを、ソニーα6000と富士フイルムX100Fを除いて使ったことがありません。

他の人にデータをすぐ渡したり、個人的な撮影でも二度と撮り直しできないことがあります。

そのような時は、SDカードを2枚使ってRAW+jepgで撮影します。

今までエラーになってデータが使えなくなったことはありません。

それでも、ダブルスロットのほうが便利だと思います。

●バッテリーの持ちの悪さ

ミラーレスカメラなので、バッテリーの持ちはかなり悪くなると思っていました。

ソニーのミラーレスカメラの話ですが、ずっと購入しなかったのは、バッテリーの持ちが許容できる範囲外だったからです。

α7R IIIが出た時にバッテリーが新しくなり容量が増えました。

実際に使っている人の意見を聞いて、バッテリーの持ちの心配がなくなり購入しました。

モバイルバッテリーを使った充電ができるので、さらに安心感が持てました。

この辺は、発売されてからZ7やZ6を撮影して使った人の意見でわかってくると思いました。

●使いたいF4通しの標準ズームレンズがない

Z7かZ6どちらかをすぐ購入したい思わない理由があります。

それは、使いたいF4通しの標準ズームレンズがないことです。

24-105mmか24-120mmの標準ズームレンズのどちらも予定がなさそうです。

マウントアダプターも発売されます。

それがあっても、今持っている重たいFマウントのAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRを使いたいとは思いません。

今使っているソニーのSEL24-105Gの標準ズームレンズがとてもいいです。

無理してZ7かZ6を購入することは今のところありません。

やはり、レンズ次第ということになると思います。

Nikon Z7 Z6

ニコンHPより

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今のところ、実際にZ7とZ6どちらも触ったことないので、明確に評価はできないです。

Z7とZ6は欲しいと聞かれたら、正直まだ欲しい感じではないと答えます。

下記2点は、触らなくてもわかる満足できる部分があります。

それはカメラグリップとAF-ONボタンです。

撮影に重要なカメラグリップは、とても握りやすのではZ7とZ6の画像から予想しています。

Nikon Z7 Z6

ニコンHPより

画像の配置からAF-ONボタンは使いやすそうです。

実際、X-T2とα7R IIIは使いにくいので、半押しAFで撮影しています。

Nikon Z7 Z6ニコンHPより

最後に、Zマウントについては発表されたレンズが少ないですが、今後も期待をしています。

実際使えるレンズが出るまではNikonのフルサイズミラーレス機は購入しないと予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

ふたたび新潟津南のひまわり畑へ撮影に行ってみた
夏のひたち海浜公園へ緑が映えるコキア撮影に行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA