Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

Bose QuietComfort Earbudsは最高音質と着け心地の良いワイヤレスイヤホン

2021年6月27日に、Bose QuietComfort Earbudsを購入。

それから数ヶ月、QuietComfort Earbudsで試聴して来ました。

イヤホンで音楽を聴く機会は、実は限られています。

普段よく写真を撮るんですが、その時に音楽を聴きながら。

そんな時ぐらいしかイヤホンで音楽を聴きません。

イヤホンを使う頻度が少ないなら、手頃な値段のものでいいのかもしれませんが。

やはり、イヤホンで聴く時間が少なくても、いい音で心地よくその時を過ごしたいのでイヤホン選びにこだわりました。

それでは、QuietComfort EarbudsはどんなBluetoothイヤホンか話していきたいと思います。

スポンサードリンク

Bose QuietComfort Earbudsを購入した動機について

下記が、Bose QuietComfort Earbudsを購入した動機です。

  • Bose SoundSport Free wireless headphonesを使っていたから
  • Boseの低音の出方が好きだから
  • 約6時間連続再生できるから

●Bose SoundSport Free wireless headphonesを使っていたから

QuietComfort Earbudsを使う前は、同じBoseのSoundSport Free wireless headphonesで音楽を聴いてました。

この時このイヤホンを選んだ一番の理由は、連続再生時間です。

この頃のBluetoothイヤホンは再生時間が短くて、SoundSport Free wireless headphonesが約5時間連続再生できました。

先に話したように、写真を撮る時間は1、2時間でなく、5、6時間外で撮影することが多いのです。

1、2時間ごとに充電をするためにいちいちイヤホンを外すのは面倒。

そういうわけで、連続再生時間が重要でした。

SoundSport Free wireless headphonesで音楽を聴いていて良かったので、QuietComfort Earbudsを選びました。

Boseの低音の出方が好きだから

普段、聴く音楽は低音が効いた洋楽中心です。

低音の鳴り方は、自分の中では重要でした。

後でも詳しく話しますが、バスドラとベースの輪郭と分離が再現されて、そして引き締まった低音が好きです。

そこがBoseのイヤホンは自分の希望に合っているため、QuietComfort Earbudsを選びました。

●約6時間連続再生できるから

音楽を聴く機会は、長時間写真を撮影するとき。

イヤホンの連続再生時間が長ければ長いほど良いです。

最近は長時間再生できるBluetoothイヤホンはたくさんがありますが。

同時に自分好みの音質を考えるとQuietComfort Earbudsになりました。

Bose QuietComfort Earbudsを開封して見てみる

早速、Bose QuietComfort Earbudsを開封してみます。

今回は紙のパッケージでした。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

箱の中身を開けるには、ついている帯を外さないといけません。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

帯を外してみると、グレーのボックスが出現。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

箱を開けてみると、充電ケースが現れました。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

充電ケースを取って、さらに下の様子を見てみます。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

そこに入っていたものは。

  • スモールとラージのイヤーチップ
  • USB-C(A-C)充電ケーブル(30.5 cm)
  • クイックスタートガイド

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

QuietComfort Earbudsの充電ケースを開けてみます。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

イヤホン本体が見えました。

なかなか好みの形です。

イヤホンがしっかり充電ケースに磁石で収まるようになっていました。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

イヤホンだけで見てみると、なかなかデザインがシンプルで良いです。

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

スポンサードリンク

Bose QuietComfort Earbudsの特徴と実感について

QuietComfort Earbudsの特徴を見ながら、実感したことを話していきます。

  • 可変ノイズキャンセリング
  • 音量に合わせて最適化されるアクティブEQ
  • イヤホンの快適な装着感
  • タッチコントロール
  • 最大6時間連続再生
  • Bose Musicアプリ
  • 接続デバイス記憶
  • 防塵防滴
  • 安定したBluetooth接続

●可変ノイズキャンセリング

0からフルまで11段階のノイズキャンセル機能があります。

周囲の音が聞こえるほうが好きなので、20パーセントに設定。

フル100パーセントにすると、全く周囲の音が聞こえません。

●音量に合わせて最適化されるアクティブEQ

音量を上げると音に迫力が出ますが、音量を下げてもEQでバランスを取って迫力を下げないというもの。

音量はほぼ変えないので、この機能の恩恵を感じていません。

●イヤホンの快適な装着感

SoundSport Free wireless headphonesを使っていたときは、少しイヤホンの重さで落ちるのではと感じる時がありました。

QuietComfort Earbudsはそんな感じはせず、いい感じで装着しています。

長時間装着していても違和感が出てくることはありませんでした。

●タッチコントロール

右イヤホンをダブルタップして、再生や一時停止。

右イヤホンを上にスワイプで音量を上げ、下にスワイプで音量を下げる。

結構、便利な機能です。

左イヤホンにショートカットを割り当てて、バッテリー残量確認やトラック送りや戻しもできるようになっていました。

●最大6時間連続再生

やはり長時間音楽を聴きたい人なので、とても最大6時間連続再生は助かります。

●Bose Musicアプリ

QuietComfort Earbudsの各種設定や調整するのに便利なアプリです。

わかりやすいので戸惑うことはありませんでした。

●接続デバイス記憶

過去にペアリングしたデバイスを最大7台記憶してくれます。

一度接続してしまえば、次回は自動で認識してペアリングしてくれました。

●IPX4生活防水仕様

普段あまり意識していない部分ですが、IPX4に準拠仕様です。

あまり濡れる場面に遭遇しないと思うので、ほとんど気にせず使って来ました。

●安定したBluetooth接続

SoundSport Free wireless headphonesを使っていた時は、たまに接続が途切れてしまったり。

また、混雑した場所で多かったのですが、急に他人のスマホにペアリングしてしまったりということがありました。

QuietComfort Earbudsは、Bluetooth5.1に対応。

今のところ、ペアリングがいつの間にか解除されたことはありません。

Bose QuietComfort Earbudsを前機種と比較しながら使ってみて思ったこと

 で音楽を聴いてみて思ったことです。

  • 音質
  • 連続再生時間
  • イヤホンの着け心地
  • Bluetooth
  • ノイズキャンセル
  • 充電ケース
  • Bose Musicアプリ

●音質

20年くらい音楽制作をしていたので、それなりに音の質にはこだわります。

ただ音を作るときに使うヘッドホンとは用途が違うので、いかに外で音楽を楽しめるかで評価しました。

以前使っていたSoundSport Free wireless headphonesの音の傾向は引き継いでいます。

違いというと、低音の輪郭がしっかりしているかなと感じました。

バスドラとベースの分離した感じは気持ちがいい。

さらに中音域の音の表現が豊かでした。

よく聴く音楽が女性ボーカルなので、その歌声も綺麗で。

低音に囲まれながら、女性ボーカルが引き立つ感じが聴いていて気持ちいい感じでした。

音のひとつひとつがしっかり分離しているので、立体感を感じます。

もしかしたら、低音が少し弱く感じられるかもしれませんが、長時間聴くのには良い加減でした。

●連続再生時間

移動時間を含めて写真を撮りながら、約6時間という長時間音楽を聴くので助かります。

これ以上長くなってもいいかもしれませんが、連続で音楽を聴くのが6時間くらいが限界かもしれません。

●イヤホンの着け心地

イヤホンの着け心地ですが、悪くはありませんが個人的にはSoundSport Free wireless headphonesのほうが好きです。

ただ、QuietComfort Earbudsのほうが耳からなかなか外れなさそうな感じがします。

まぁ、実際どちらも耳から外れたことはありません。

●Bluetooth

Bluetooth接続は、圧倒的にQuietComfort Earbudsのほうが安定感があります。

SoundSport Free wireless headphonesは、混んでいるところで接続が切れたり、海外からの観光客のスマホに接続したり、と不安定なところがありました。

ただ、QuietComfort Earbudsではあるショッピングモールの前を通ると業務無線に反応して、必ずノイズが出たりします。

他の場所で起こらないので、あまり気にはしていません。

●ノイズキャンセル

ノイズキャンセルは、100パーセントにして音楽は聴いていません。

20パーセントにして、外界の音が聞こえるようにしています。

ただ、100パーセントにすると音楽を聴くことに集中できるほど、効きが良いです。

●充電ケース

充電ケースは、充電のバッテリーが維持されて減らないので気に入ってます。

SoundSport Free wireless headphonesの充電ケースは時間と共に、バッテリーが減っていってしまって困っていました。

●Bose Musicアプリ

Bose Musicアプリは、主にQuietComfort Earbudsの設定をするアプリです。

シンプルに作られているので、特に難しいことはありません。

スポンサードリンク

Bose QuietComfort Earbuds 合うジャンルについて

洋楽は何のジャンルでも合うと思います。

個人的にポップ、ダンスやR&Bは気持ちよく聴くことができました。

低音の分離がよく、女性ボーカルが綺麗に存在感があります。

音ひとつひとつが認識できるので立体感がありました。

リバーブやディレイの響きもしっかり耳に響いてきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Bluetoothイヤホンで本気で良い音で音楽を聴きたいとなると、どうしてもコストがかかります。

QuietComfort Earbudsは決して安い価格ではないですが、満足度が高いイヤホンでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Bose QuietComfort Earbudsを選ぶ参考にしていただければと思います。

Bose QuietComfort Earbuds | ボーズ

Bose QuietComfort Earbuds Bluetoothイヤホン

スポンサードリンク

NURO 光速度改善のためにWi-Fi 6無線ルーターをブリッジモードで接続する方法
千葉松戸祖光院の彼岸花時間の経過で変わる光の演出を楽しみながら撮影してきた