Bose SoundSport Free Wireless headphones

Bose SoundSport Free ワイヤレスイヤホンを使ってみた

2018年7月、Bose SoundSport Free wireless headphonesを購入しました。

有線イヤホンを使って来て、ずっと線があることにわずらわしさを感じていました。

しかし、なかなか希望のスペックのワイヤレスイヤホンが見つからずにいました。

やっと満足に使えそうなワイヤレスイヤホンに出会いました。

それが、Bose SoundSport Free wireless headphonesです。

今回、完全ワイヤレス型BluetoothイヤホンBose SoundSport Free wireless headphonesの使い心地を話していきたいと思います。

これから完全ワイヤレス型のBluetoothイヤホンを使ってみようと思っている方の参考になればと思います。

今まで有線イヤホンSHURE SE315-K-Jを使っていた

外に出かけるときは、よく音楽を聴くが多いほうです。

写真を撮りにいく時、音楽を聴きながら撮影したりします。

有線イヤホンSHURE SE315-K-Jは、6年くらい前から使っていました。

その当時は有線イヤホンしかありません。

線が邪魔だと思っても我慢しながら音楽を聴いていました。

最近は、ワイヤレス型のイヤホンがいろいろ出てきたので、線のないイヤホンが欲しくなったのです。

そこでいろいろなメーカーが無線イヤホンを見て回りました。

やっと自分に合いそうな無線イヤホンを見つけることができました。

それが、完全ワイヤレス型BluetoothイヤホンBose SoundSport Free wireless headphonesです。

Bose SoundSport Free wireless headphonesについて

Bose SoundSport Free wireless headphonesを選んだ理由は、ズバリ1回の充電で最大5時間の連続再生できることです。

たったこれだけのことで選びました。

やはり長時間音楽を聴けることがとても重要でした。

それでは、開封していきます。

わかりやすくシンプルなデザインのパッケージに入っています。

Bose SoundSport Free wireless headphones

スリーブを取ると、黒い箱が現れてBOSEの文字が現れました。

Bose SoundSport Free wireless headphones

黒い箱を開いてみます。

まずは左側を開いてみます。

なにやら英語で書かれた文字とBose SoundSport Free wireless headphonesの写真が現れました。

Bose SoundSport Free wireless headphones

次に右側を開いてみます。

Bose SoundSport Free wireless headphonesをつけて、陸上競技をしている人の写真が出てきました。

Bose SoundSport Free wireless headphones

両側を開いた状態にすると、Bose SoundSport Free wireless headphonesが入っていると思われるケースが現れました。

Bose SoundSport Free wireless headphones

ケースを開いてみることにしました。

Bose SoundSport Free wireless headphones本体が現れました。

Bose SoundSport Free wireless headphones

写真がないですが、その他イヤーピースSサイズとLサイズ、充電用のUSBケーブルが付属しています。

●Bose SoundSport Free wireless headphonesの特徴

完全ワイヤレスで、安定したBluetooth接続

イヤーピースは軽量で外れにくいデザイン

雨や汗に強い防滴仕様IPX4

最大5時間連続再生

ケースをフル充電することで2回分の充電ができ、さらに10時間再生可能

Bose SoundSport Free wireless headphonesの使い方

Bose SoundSport Free wireless headphonesの使い方はとてもシンプルです。

Bluetooth機器に接続すれば、すぐに音楽を聴くことができます。

iPhoneでもAndroidでもどちらでも使ってみましたが、今回はiPhoneでの接続方法を紹介します。

ケース蓋から、左右wireless headphonesを取り出し、耳に装着します。

Bose SoundSport Free wireless headphones

iPhoneの設定アプリをタップして開きます。

Bluetoothをタップします。

iPhone Bluetooth設定

Bluetoothを有効にします。

目的のデバイスが表示されたところをタップし、設定します。

次回、接続の時は自動接続されます。

Bose SoundSport Free wireless headphones

Androidも同様なBluetoothの項目で設定ができると思います。

これでBose SoundSport Free wireless headphonesで音楽を聴くことができます。

もう一つ、Boseの専用アプリを使って接続もできます。

同時に、ワイヤレスイヤホンを紛失した際の場所を探し出す機能があります。

Bose Connect
Bose Connect
Developer: Bose Corporation
Price: Free

Bose Connect
Bose Connect
Developer: Bose Corporation
Price: Free

Boseの専用アプリを開きます。

矢印の方向にスワイプして接続します。

Bose SoundSport Free wireless headphones

Bluetooth接続が上手くいかない場合は、先ほどのスマホ本体の環境設定を使ってBluetooth接続を試すといいと思います。

次に、ワイヤレスイヤホンを紛失した際の場所を探し出す機能、Find My Buds機能の設定をします。

左の矢印の部分をタップします。

Bose SoundSport Free wireless headphones

Find My Buds機能をタップします。

Bose SoundSport Free wireless headphones

 

続行をタップします。

Bose SoundSport Free wireless headphones

位置情報サービスを有効にするをタップします。

Bose SoundSport Free wireless headphones

通知機能を有効にするをタップします。

Bose SoundSport Free wireless headphones

これで設定が終わりました。

Bose SoundSport Free wireless headphones

Bose SoundSport Free wireless headphonesのまとめ

Bose SoundSport Free wireless headphonesは、値段的には高い部類ですが、洋楽邦楽問わず音質がよくかなり満足しています。

Bluetoothの接続ですが、iPhoneと連携するには頻繁に接続が切れることがありませんでした。

一方、AndroidのHuawei P10 Liteとの連携は、Bluetooth接続が不安定になることが多く、特に人が多いところでは接続が切れることが多々ありました。 

連続再生時間5時間あります。

外で写真を撮りながら使っていましたが、正直自分の使い方では少し連続時間再生がもう少しあるといいなと思いました。

普通の人にとっては十分な連続再生時間だと思います。

2018年11月9日より、29,160円(税込)より25,920円(税込)に価格変更されました。

Bose SoundSport Free wireless headphones – Bose

Bose SoundSport Free wireless headphones

スポンサードリンク

信州善光寺へ紅葉を味わいながら念仏するために訪れてみた
Nikon D750を購入するには今が良いタイミング

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA