五劫思惟阿弥陀

イスムの五劫思惟阿弥陀のフィギュアがやってきた

五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀さまのフィギュアがやってきました。全長20センチくらいの小さな像です。普段、寺院撮影をすることが多いですが、仏像を撮影をすることができる寺院は少ないので、仏像というものに少し距離があります。そこで、仏像を持ってみたいという気持ちになり購入しました。さて、五劫思惟阿弥陀さまのフィギュアはどんな感じなのでしょうか?

五劫思惟阿弥陀さまとはどのような仏像なのか

五劫思惟阿弥陀さまは、阿弥陀如来さまになる前の法蔵菩薩さまのことです。他にもいろいろな仏様がいますが、菩薩から如来になった過程が見ることができるのは、知る限りではこの阿弥陀如来さまだけです。

五劫思惟とは、二十一億六千万年という永い永い時間をかけて、法蔵菩薩さまが人々をどう救えば良いのか、または理想の極楽浄土とはどういうものかを考え続けたことです。そのため、伸びに伸びた螺髪(らほつ)の姿の像になっています。螺髪は如来にしか見られない髪型のようなので、阿弥陀如来さまになった瞬間の仏像と言えるかもしれません。

以前、東京都世田谷区奥沢にある浄土宗寺院、浄真寺を訪れた時に、実際に自分の目で木造五劫思惟阿弥陀如来坐像を見ることができました。五劫思惟阿弥陀さまの姿を見ることで、外は穏やかな姿ですが、内に秘めるすさまじい覚悟を持って仏さまになったのかがわかります。

九品仏浄真寺 五劫思惟阿弥陀

何気なく見たイスムのツイートですぐ予約をしました

五劫思惟阿弥陀さまのフィギュアですが、前から狙っていたわけではありませんでした。2016年9月15日、仕事の休み時間に何気なく見たイスムのツイートで、五劫思惟阿弥陀さまのフィギュアの予約を知りました。日頃、寺院撮影で訪れた時、阿弥陀如来さまが安置されてるお堂には、必ず参拝しています。そのため、この仏像を手に入れなくてはという変な使命感を持って予約をしました。

今回の予約は先行予約でしたので、9月28日に届く予定です。届くのを楽しみに毎日を過ごしていました。そして、9月26日にイスムより商品発送の連絡メールが届き、9月28日に届くことがわかりました。

イスム 五劫思惟阿弥陀 予約

イスムのサイトより

ついに五劫思惟阿弥陀さまのフィギュアやってきました

9月28日に五劫思惟阿弥陀さまのフィギュアが到着しました。早速、開封の儀をおこないました。いい感じのパッケージです。

五劫思惟阿弥陀

五劫思惟阿弥陀さまの説明の用紙が入っていました。あとで読むことにします。

五劫思惟阿弥陀

緩衝材の発泡スチロールを取ってみると、五劫思惟阿弥陀さまが収められていました。早速、出して置いてみたいですが、先に撮影をおこなうことにしました。

五劫思惟阿弥陀

夜中の午前2時、Nikon D750と望遠ズームレンズSP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACROを使って撮影をしました。部屋の中は暗いので、VANGUARD BBH-300の自由雲台をつけたVANGUARD Alta Pro 283CPの三脚に、固定して手ぶれしないように撮影しました。照明は、和紙を使った電灯を使いました。

斜めのいい角度で撮影しました。お顔が少しほっそりした感じです。

五劫思惟阿弥陀

正面から撮影しました。伸びに伸びた螺髪に迫力があります。いかに永い永い時間考えておられていたのかわかります。

五劫思惟阿弥陀

全高はほんの20センチの仏像です。これからずっと部屋で五劫思惟の姿でおられます。

五劫思惟阿弥陀

横から撮影しました。やはり伸びた螺髪のボリュームがすごいです。

五劫思惟阿弥陀

仏像に興味があるならイスム直営店舗を訪れてみてはどうでしょうか

イスムは直営店が、表参道店と谷中店があります。僕はどちらも寺院撮影のついでに訪れたことがあります。どちらも大きな店舗ではありませんが、いい意味でこじんまりとしています。店内は綺麗に仏像が並べられていて、ちょっとしたオシャレなインテリアショップの感じがしました。仏像に興味があるなら、一度訪れてみることをオススメします。

イスム表参道店

東京都渋谷区神宮前5丁目48-3

イスム谷中店

東京都文京区千駄木2丁目33 番地 11 パレ ドール 千駄木 102

五劫思惟阿弥陀さまのフィギュアのまとめ

僕が阿弥陀如来さまに初めて出会ったのは、横浜から両親の実家がある仙台に引っ越して、浄土宗寺院が運営していた幼稚園に入園した時まで遡(さかのぼ)ります。そして、実家の菩提寺は浄土真宗本願寺派で本尊は阿弥陀如来さまです。

ただ、一眼レフカメラを始めてから、寺院撮影でいろいろな寺院を訪れる中で、阿弥陀如来さまの存在をかなり長い長い時間が経ってから思い出しました。多分、阿弥陀如来さまはやっと思い出してくれましたねという思いでしょう。

五劫思惟阿弥陀

五劫思惟阿弥陀さまの姿は、生きている間しか見れないと思いました。そして、前に書いたように外は穏やかな姿で、内はすさまじい覚悟で仏さまになる決意を持った姿をいつも見ていたいと思い、今回五劫思惟阿弥陀さまのフィギュアを予約したわけです。

五劫思惟阿弥陀

僕は決して信心深い人ではありませんが、一番ご縁がある仏さま、阿弥陀如来さまの本願力に任せて、ただただ今だけを一生懸命に生きることにしています。そして、一眼レフカメラの撮影では、その瞬間その瞬間を大切に撮影したいという思いで撮影しています。また、欲しい仏像があったらイスムで購入しようかなと考えています。

今回撮影で使用した機材の記事も読んでいただければと思います。

Nikon D750フルサイズ機を使って撮影しています

タムロンSP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACROを評価してみた

VANGUARD Alta Pro 283CPの三脚を購入してみた

VANGUARD BBH-300の自由雲台を購入してみた

 

スポンサードリンク

昭和記念公園へキバナコスモスの撮影に行ってみた
室内撮影するため照明機材を自作してみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA