マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

マーキンス自由雲台Q10i-BKを使って撮影しています

三脚を使った撮影では、マーキンス自由雲台Q10i-BKを使っています。

2017年11月20日にQ10i-BK購入してました。

それまでは、マンフロットのBefreeの自由雲台やVANGUARD BBH-300の自由雲台を使っていました。

マンフロットのBefreeの自由雲台は、Nikon D810の重さに耐えられる感じでありませんでした。

VANGUARD BBH-300の自由雲台は、三脚を倒してしまって、調節レバーが破損して使えなくなってしまいました。

そういうわけで、新しい自由雲台が必要になり、Q10i-BKを選んで購入しました。

実際使ってから時間が経ったので、Q10i-BKのことを今回お話ししようと思います。

さて、マーキンス自由雲台Q10i-BKはどんな雲台なのでしょうか?

マーキンス自由雲台Q10i-BKを選んで購入するまで

マーキンス自由雲台Q10i-BKを購入するきっかけになったは、先ほどお話ししたように持っている自由雲台の対荷重や自由雲台の破損です。

すぐにマーキンスの自由雲台を購入しようと考えていたわけではありません。

L型プレートを使いたかったので、アルカスイス互換の自由雲台を探していました。

アルカスイス、リアリーライトスタッフやKirk等、いろいろなメーカーの自由雲台を検討していました。

そんなある日、風景写真家の竹本りかさんがマーキンスの自由雲台を使っていることを知りました。

そこから、マーキンスのユーザーレポートをいろいろ読んで、マーキンスの自由雲台にしようと決めました。

次は、マーキンスの自由雲台のどのシリーズにしようか考えました。

所有しているカメラとレンズで一番重い組み合わせは、Nikon D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2です。

Q10i-BKの耐荷重量は45kgです。

製品説明に中判や超望遠レンズにおすすめと書いていたので、十分に支えることができるかなと思いました。

そうして、マップカメラの通販で、マーキンス自由雲台Q10i-BKを購入することにしました。

マーキンス自由雲台Q10i-BKを見てみよう

マーキンス自由雲台Q10i-BKですが、黒い箱に入っていました。

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

早速取り出して四方からよく見ていきます。

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

肌触りは、スベスベしていて気持ちいい感じです。

TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2のレンズと同じような肌触りです。

大きさもそれなりあります。

VANGAURDとマンフロットの自由雲台と並べてみました。

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

プレートを挟む場所は、アルカスイス互換になっています。

そのため、アルカスイス互換のL型プレートを使って、Q10i-BKにカメラを固定して撮影していこうかと思っています。

実際に三脚にQ10i-BKを取り付けてみました。

普段は、都内に電車で移動しています。

三脚はマンフロットのBefreeか、K&F Concept KF-TM2324かで軽くて持ち運びやすいものを使っています。

Q10i-BKにD810の重いカメラを載せても、余裕で安定しています。

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

韓国製の自由雲台ですが、しっかりして長く使えそうな感じがしました。

実際にマーキンス自由雲台Q10i-BKを撮影に使ってみて

所有してるカメラとレンズで一番重い組み合わせは、Nikon D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2です。

これらの組み合わせをQ10i-BKに載せても余裕で安定しています。

マーキンスの自由雲台には、トラクションコントロールを搭載しているので、緩めた時に首がカックンすることがありません。

Q10i-BKを使っていると当たり前になっているので、恩恵を忘れてしまいますが、ありがたい機能です。

ちょっと気になったところはあります。

冬の寒い時期に何時間もいると、ボール固定ノブやボールヘッドが若干スムーズさがなくなります。

そして、Q10i-BK自体がスベスベなので乾燥した手で持つと、落ちやすくなり慎重に扱わないといけない感じになりました。

重大な欠点ではないので、撮影には影響がありませんでした。

マーキンス自由雲台Q10i-BKのまとめ

マーキンス自由雲台Q10i-BKは、お値段高めの雲台でした。

でも、耐荷重的に安定していて、固定しつつも少し動かすことができるので、構図を素早く決められます。

結構満足して、主に夜景の撮影に使っています。

三脚は、かなりお手軽なK&F Concept KF-TM2324を中心に使っています。

カメラとレンズと雲台の荷重に耐えられれば十分だと思っています。

むしろ、カメラを載せる自由雲台の使い勝手のほうを優先して、マーキンス自由雲台Q10i-BKを選びました。

自由雲台を購入される時の参考にしていただければと思います。

マーキンス 自由雲台 Q10i-BK

スポンサードリンク

見渡すかぎり満開の京成バラ園に撮影に行ってみた
Lightroom Classic CCで楽しく色相を変えて現像してみよう

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA