MOUTH インナーケース

MOUTH インナーケースをトートバッグに使ってみた

一眼レフカメラの撮影をはじめてから、ずっと普通のトートバッグを撮影するためのバッグとして使っいます、一般に言われているカメラバッグはあまり好みのものがないので、購入しようとは思いませんでした。一眼レフカメラをNikon D750D810を使っています。その前は、D7100を使っていました。使っているトートバッグには、仕切りのようなものはないので、収納しやすいインナーケースを探していました。そんな時にMOUTHインナーケースを見つけました。さて、MOUTHインナーケースはどうだったでしょうか?

早速MOUTHのインナーケースを購入してみた

カメラバッグの仕切りで探すと、カメラ用品メーカーからいろいろ出ていました。そんな中、自分の気にいったMOUTHデリシャス・カメラ・ソフト・インナーケースを見つけて購入しました。外側はちょっと派手なイエローで、内側はブラウンのインナーケースです。

MOUTH インナーケース

インナーケースの底は底板があるので、バッグの中でしっかり収納できます。

MOUTH インナーケース

D7100とブロアーを入れてみたところですが、しっかりと収まっています。

MOUTH インナーケース

TAMRONの望遠ズームレンズ、ブロアーと替えバッテリーなどを入れた小物入れを入れみました。いい感じ収まっています。

MOUTH インナーケース

今使っているトートバッグについて

カメラバッグとして使っているトートバッグは、春夏秋は左側の吉田カバンの布のトートバッグ、冬だけ右側のアニエスベーの革のトートバッグをつかっています。どちらも中に入る容量はほぼ同じです。撮影時に持っていくものですが、一眼レフカメラ、交換レンズ1本、ブロア、予備バッテリー、財布、小物入れ、ペットボトル飲料1本(または水筒)などをトートバッグに入れて移動しています。

吉田カバン アニエスベー トートバッグ

 MOUTHインナーケーストートバッグに入れて、そこにD7100とTAMRON望遠ズームレンズを入れてみます。トートバッグの中で動かず収納できました。

インナーケースを入れたトートバッグの中

D810を使うようになって、現在使っているトートバッグのサイズが小さくD810を収納できないので、新しいトートバッグの購入を考えています。

 MOUTHのインナーケースとトートバッグのまとめ

今の撮影スタイルだとトートバッグが一番動きやすく、バッグの中の物の取り出しもしやすいです。また撮影後、食事に行ったり買い物にも気軽に行けるのは、トートバッグなのです。MOUTHインナーケースは、トートバッグの中で一眼レフカメラや交換レンズなどをしっかり収納してくれるので、購入してよかったと思います。MOUTHインナーケースは、サイズがあればどんなトートバッグにも合うので、自分の好みのトートバッグをカメラバッグにすることができると思いました。

MOUTH インナーケース

 

スポンサードリンク

必然の縁で出会った徳雲禅院
予約したiPhone 6sのSIMフリー版が届きました

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA