富士フイルム X-T2 無料レンタル

富士フイルムでX-T2をレンタルしてテスト撮影してみた

前回の記事で、富士フイルムのカメラとレンズのレンタルの仕方の話をしました。

今回は、X-T2を使ってテスト撮影した感想をお話ししたいと思います。

さて、富士フイルムでX-T2とXF16-55mmF2.8 R LM WRを当日レンタルして、撮影してみてどうだったでしょうか?

もし、前回の記事を読んでいない方は、下記を読んでいただけたらと思います。

富士フイルムでカメラとレンズを当日無料レンタルしてみた

富士フイルムX-T2を使ってみた感想について

レンタルしたX-T2+XF16-55mmF2.8 R LM WRを使って撮影した感想をお話ししたいと思います。

●カメラボディとレンズが軽くて、大きさもコンパクト

X-T2のカメラボディの重さは507gです。

XF16-55mmF2.8 R LM WRのレンズの重さは655gです。

合計は1,162gになります。

比較してみると、よく撮影に使う組み合わせのNikon 810+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの重さは、合計1,590gです。

約400gの差は大きいです。

大きさも小さ過ぎずの適度な大きさのカメラボディですが、どちらかというと撮影するのにコンパクトなサイズ感でした。

このくらいの大きさだと手軽なカメラだと思います。

何かと荷物の多い女性でも負担にならないかと思います。

ただ、今回使ったXF16-55mmF2.8 R LM WRのレンズはやや重いかなと思いました。

●EVFが綺麗で撮影しやすかった

いつも撮影で使っているD810のファインダーは、OVF(Optical View Finder)です。

このファインダーに慣れてしまっているので、もしかしたらEVF(Electronic View Finder)のカメラだと違和感が出るかもしれないと思いました。

が、それはなく気にならず撮影に専念できました。

ファインダー内で画が綺麗映し出されていて、イメージ通りに撮影できていました。

ミラーレス一眼カメラの良い点の一つだと思いました。

●富士フイルムのカメラが映し出す写真の色合いが気に入りました

最初設定を間違ってjpegで撮影していました。

ただ、出来上がった写真の色合いが富士フイルムらしくて気に入りました。

この結果が分かったので、間違って設定して良かったかもしれません。

暗めの場所や影の暗さがある場所では、雰囲気がいい感じの写真が撮影することができました。

X-T2には、SDカードスロットが2枚分あります。

RAW+FINEに設定して、同時に2枚のSDカードを使って写真を撮ると良いかもと思いました。

●Nikon D750をやや上回る改造感

X-T2との比較をするためにD750も持って行きました。

撮り比べをしてみるとほぼ同じ解像感で、綺麗に撮影できることがわかりました。

ただXF16-55mmF2.8 R LM WRのレンズ特性とX-T2のローパスフィルターレスでした。

そのため、少し解像感がD750+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRより良かった感じです。

●バッテリーの持ちは少し持たない感じがした

一眼レフカメラだとシャッターを切らない限り、ずっと電源をつけててもあまりバッテリー容量は減りません。

EVF搭載のX-T2のバッテリー持ちが気になっていたので、撮影しない時は電源OFFにしてました。

午前10時30分から午後4時10分の約5時間30分いろいろ歩きながら撮影しました。

149枚撮影できました。

バッテリーの持ちはあまりよくないので、予備のバッテリーを持っていけば撮影に問題がないと思いました。

富士フイルムX-T2はいつか手に入れたい一眼レフカメラと思いました。

次は、富士フイルム東京サービスステーションを歩いて出発から戻るまでの撮影の話です。

内容が長いので、もし興味があれば読んでいただければと思います。

富士フイルムX-T2を持ち出して歩いて撮影をしてみた

富士フイルムのサービスステーションでレンタルしたX-T2を持って、歩きながら撮影して東京タワー、芝東照宮、増上寺そして青松寺を訪れみました。

fujifilm-xt2-test-shooting-map

●富士フイルム東京サービスステーションを出て東京タワーに向かいました

ミッドタウンにある富士フイルムのサービスステーションを出て、外苑東通りを左に東京タワーの方向に歩いて行きました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-01

途中、麻布郵便局やロシア大使館が見えてきました。

江戸時代にはロシア大使館は秋田安房守の中屋敷で、六本木麻布あたりは大名屋敷がたくさんあった場所でした。

寺院もたくさんある地域です。

東京タワーが見えてきました。

東京タワーの下から撮影しました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-02

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-03

坂の途中にカートが駐停車していました。なんでもX-T2撮影してみました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-04

●旧台徳院霊廟惣門に寄り芝東照宮に向かいました

旧台徳院霊廟惣門に着きました。

江戸時代にはこのような霊廟惣門が他にもあったんだなと思いながら、撮影をしました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-13

芝東照宮に行く途中、花が咲いていたのでF2.8で撮影してみました。

XF16-55mmF2.8 R LM WRのレンズは、手振れ補正がないですがいい感じボケて撮影できました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-14

個人的に昔の呼び名、東照大権現と呼ばせてもらってる芝東照宮に着きました。

参拝をして撮影をしました。江戸時代は増上寺の安国殿と呼ばれていましたが、神仏毀釈で東照宮となりました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-15

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-16

近くの梅の木があって、少し梅の花が咲き始めていました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-17

参拝も無事に終え、芝東照宮での撮影も終わったので、増上寺に向かいました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-18

●初詣の時期なので訪れる人が多い増上寺に向かいました

浄土宗寺院、三緑山広度院増上寺に着きました。

初詣の時期なので、老若男女いろいろな人が訪れていました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-19

ちょっとわざと太陽の光を入れて逆光で、三解脱門を撮影してみました。

F16まで絞って撮影してみたら、光芒が綺麗にすごく長く写すことができました。

まるで阿弥陀さまの智慧の光明のよう。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-05

三解脱門を合掌して一礼して入ると、たくさんの人々がいました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-06

増上寺の本堂に入って、阿弥陀さま、善導大師、法然上人の前で南無阿弥陀仏と念仏を唱え、増上寺を後にしました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-20

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-21

●増上寺に寄ったらいつも訪れる青松寺に向かいました

増上寺を出て、御成門方向に歩いて行き、芝公園4号地を通過して、愛宕グリーンヒルズにあるのが、曹洞宗寺院、萬年山青松寺です。

青松寺山門は大きいので、いつも道路の反対側から撮影しています。

今回も反対側から撮影しました。山門の入り口にいる四天王像は迫力があります。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-07

増上寺と青松寺は元々江戸城の近くにありました。

青松寺の俊徳和尚と増上寺の開山酉譽上人とは法友でした。

共に末永く寺門を並べて繁栄しようと約束して、増上寺が芝へ移転したのを追って、青松寺も移転したとの言い伝えがあるようです。

そんなこともあり、増上寺を訪れたら、青松寺も訪れます。

青松寺の本堂の中に入って、本尊釈迦如来に南無釈迦牟尼仏と唱えて参拝をしました。

こちらはほとんど参拝する人はいませんでした。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-22

青松寺本堂の裏山に登ってみると、干支の動物を並べたオブジェがありました。

F2.8で撮影してみると、背景の光のボケが丸くて綺麗でした。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-23

青松寺は両側タワービルに囲まれていて、ちょっと不思議な空間です。

フォレストタワーとMORIタワーは、仏教での極楽浄土を象徴する蓮の花をイメージさせるデザインになっています。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-09

愛宕山に来たので、愛宕大権現こと愛宕神社に行こうと思いました。

が、富士フイルム東京サービスステーションに戻る時間を考えると間に合わなくなるかもしれないので、青松寺を後にして芝公園4号地へ向かいました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-08

●芝公園4号地でNikon D750で富士フイルムX-T2を撮影しました

芝公園4号地に来て、Nikon 750で富士フイルムX-T2を撮影しました。

ブログ記事を書くための写真を撮影しました。

X-T2で撮影していた時の感覚もいいものでしたが、外観もなかなか味があっていいカメラだと思いました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-25

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-26

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-27

芝公園4号地では、X-T2で定番の構図で撮影しました。

だいぶ夕方に近づいてきたので、逆光でしたが富士フイルムのカメラは逆光ではいい感じの写真を映し出します。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-24

●富士フイルム東京サービスステーションへ向かいました

芝公園4号地を後にして、帰りも東京タワーを撮影しながら、富士フイルム東京サービスステーションに向かいました。

午後4時10分頃に到着しレンタルしたX-T2とXF16-55mmF2.8 R LM WRを返却しました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-10

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-11

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-12

富士フイルムX-T2の撮影テストのまとめ

やはりカメラはいろいろ撮影してみないと、そのカメラのことはわからないと思いました。

今回無料レンタルした富士フイルムX-T2は、ミラーレス一眼カメラでした。

ミラーレス一眼カメラは、こんなカメラなんだと使ってみてわかりました。

写真の写り具合や色合いそして実際撮影した感触で自分に合っているか合っていないかを判断するのは難しいです。

今回、富士フイルムのボディレンタルとレンズレンタルは、とてもいいサービスだと思いました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-28

今回はLightroomで現像処理をしました。

カメラキャリブレーションで富士フイルムのカメラの設定をすることができました。

今回は、すべてPROVIA/STANDARDに設定をして現像しました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-30

現像処理はいつもNikonの一眼レフカメラで撮影したものと同じなので、大きな違いがわからないです。

が、明暗差のある写真はちょっとNikonの一眼レフカメラとは、雰囲気が違うように感じられました。

test-shooting-of-fujifilm-x-t2-29

長々と記事を書きましたが、参考になればと思います。

富士フイルムのカメラやレンズに興味がある方で、富士フイルムの各サービスステーションに訪れることができる方は一度レンタルしてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

富士フイルムでカメラとレンズを当日無料レンタルしてみた
千葉市川にある日蓮宗真間山弘法寺を訪れてみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA