flume

インスタグラムへ直接Macから写真投稿する方法

今回はMacからダイレクトに、インスタグラムへ投稿できるアプリの話です。

アプリの名は、Flume。

インスタグラムは、スマホから投稿することを考えられたSNSです。

そのため、通常PCやMacから写真を投稿できません。

やはり一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮ったキレイな写真を投稿をしたい。

そんな願いを叶えてくれるのがFlumeです。

今回は、Mac専用アプリ、Flumeの使い方など話したいと思います。

スポンサードリンク

FlumeなしでもMacからインスタグラムへ写真投稿する方法

アプリなしでも、Macからインスタグラムへ直接投稿する方法はあります。

少し紹介したいと思います。

SafariとChromeのブラウザを使って、インスタグラムに投稿する方法です。

簡単に言うと、スマホモードにして擬似的(ぎじてき)にスマホを使った状態にして、インスタグラムに投稿させる手段です。

●Safariを使ってインスタグラムに投稿する

Safariを開いてインスタグラムのサイトへ移動します。

メニューバーに【開発】があればこのまま進められます。

Safariからインスタグラムへ投稿

もし【開発】が表示されていない場合。

Safariの【環境設定】を開きます。

【詳細】の【メニューバーに開発メニューを表示】にレ点を入れます。

Safariからインスタグラムへ投稿

メニューバーの【開発】をクリックします。

Safariからインスタグラムへ投稿

【ユーザーエージェント】にカーソルを合わせます。

Safariからインスタグラムへ投稿

【Safari – iOS 11.3 – iPhone】にカーソルを合わせてクリックします。

iOSのバージョンは、更新によって変わっていきます。

投稿ボタンが表示されました。

このボタンを押して、インスタグラムに写真を投稿できます。

Safariからインスタグラムへ投稿

●Chromeを使ってインスタグラムに投稿する

Chromeを開いてインスタグラムのサイトへ移動します。

【shift+Crtl+I】でキーボードから【デベロッパーツール】開きます。

そして、Elementsタブの左となりの四角形のアイコンをクリックします。

Chromeからインスタグラムへ投稿

Chromeブラウザがモバイル表示に変わりました。

Safariからインスタグラムへ投稿

ブラウザを更新させると、投稿ボタンが表示されます。

このボタンを押して、インスタグラムに写真を投稿できます。

Chromeからインスタグラムへ投稿

細かい機能がないので、やはり使い勝手がよくありません。

そこでFlumeを使って便利にインスタグラムへ写真投稿していきます。

Macからインスタグラムに直接投稿できるFlumeをダウンロードしてみる

Macでインターネットブラウザを使ってインスタグラムを閲覧しています。

主にSafariやChromeを使っています。

ただ、写真の投稿ができません。

Macから直接インスタグラムに、写真を投稿できる方法はないかといろいろ探していました。

そして見つけたアプリが、Flumeでした。

FlumeのサイトからDownloadをします。

指示に従ってインストールします。

無料のアプリですが、閲覧しかできません。

Flume Proにアップグレードすれば、すべての機能が使えます。

アップグレードは10ドルです。

写真をたくさん投稿したいのはもちろん、機能を全て使いたいのでFlume Proにしました。

基本、Lightroom現像をしてMacから直接インスタグラム投稿するために使います。

ちょっと気になったら、まず無料ダウンロードを試してみるといいと思います。

Flume – A Beautiful Instagram experience for your Mac

Flume インスタグラム

スポンサードリンク

Flumeを使ってインスタグラムに写真投稿してみる

Flumeを使ってMacから写真を直接に投稿する方法を話したいと思います。

Flumeを立ち上げるとこのような画面になります。

Flume インスタグラム

通常は縦に長いですが、今回は縮めて表示させました。

ます、左下のカメラマークをクリックします。

そうすると、投稿するための画面が開きます。

Flume インスタグラム

任意の場所に投稿する写真を用意しておきます。

今回は、インスタグラム投稿用のフォルダーをデスクトップに作りました。

写真をドラッグ&ドロップでFlumeに移動させます。

Flume インスタグラム

投稿しようとする写真が表示されました。

黄色い丸の部分をクリックすると、写真サイズの調整ができます。

Flume インスタグラム

【縦横比】をクリックします。

Flume インスタグラム

今回は3:2の比率を選びました。

Flume インスタグラム

【完了】をクリックします。

Flume インスタグラム

文章やタグなどを書き込みます。

Flume インスタグラム

ハッシュタグは【30個】までつけられるので、30個つけています。

文章(キャプション)の文字制限数は、【2200文字】。

タグ付けできるユーザー名は【30個】です。

各数字が見えるので、結構便利です。

最後に【投稿する】をクリックして完了です。

インスタグラムに投稿するための写真のサイズについて

インスタグラムに投稿するための写真サイズについてです。

一眼レフカメラで撮影しているので、比率3:2(または2:3)の写真になります。

下記のいずれかで書き出して保存しています。

横サイズは1080×720px(比率3:2)

縦サイズは1080×1350px(比率4:5)、または720×1080px(比率2:3)

写真の元の解像度が圧縮されず、そのまま投稿されるようにしています。

もちろんFlume内でも写真のサイズ変更できます。

ただイメージを最初に作っておきたいので、Lightroomで写真の比率やサイズを決めています。

スポンサードリンク

以前Mac App Storeで購入したライセンス認証移行の方法

ライセンス認証移行の方法です。

興味がある方は読んでいただければと思います。

Flumeのアプリは、AppleのApp Storeから削除されてしまいました。

2017年4月に利用できなくなりました。

現在、Flumeのサイトから直接ダウンロードし、アップグレードできるようになっています。

さて、以前AppleのApp Storeからダウンロードしアップグレードされた方がいると思います。

ライセンス認証移行の記事を追加しました。

これから使おうという方は、直接Flumeのサイトでダウンロードしアップグレードできます。

日本語に訳したのもを載せておきます。

Mac App Storeでアップグレード購入したFlume Proのライセンス認証移行の方法

  1. MacのApplications folder内に、Mac App StoreでダウンロードしたFlume2.4.2があることを確認します。
  2. Flumeのサイトから直接最新バージョンのFlumeをダウンロードしておきます。
  3. 最新バージョンのFlumeを起動します。Applications folder内のFlume2.4.2に上書きしてはいけません。
  4. ライセンス認証移行のガイダンスが始まるのでそれに沿って進めていきます。Mac App Store Version Detectedというタイトル画面が表れます。Mac App Storeに移動して購入のボタンを押します。
  5. ライセンス認証移行の情報を入力する画面が表れます。入力しMigrateのボタンを押します。ライセンス認証詳細確認の画面になるので、Confirmのボタンを押します。
  6. Flumeからメールでライセンスコードが記載されたメールが届きます。click here to activate your licenseをクリックしてライセンスを有効にします。
  7. 最新バージョンのFlumeが使えるようになったら、Flume2.4.2を削除してApplications folder内に最新バージョンのFlumeを移動します。

Mac App StoreのFlume2.4.2は、一度ダウンロードしていれば再度インストールは可能な状態になっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

一眼レフカメラで、撮影した写真をMacからインスタグラムに直接投稿したい人には便利です。

Flumeの機能をフルに使うと効率よく写真をインスタグラムへ投稿できます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考にしていただければと思います。

Flume – A Beautiful Instagram experience for your Mac

Flume インスタグラム

関連記事

雰囲気が変わる!Lightroomで写真をマットに現像する方法

スポンサードリンク

菜の花と富士山を撮影できる吾妻山公園に行ってみた
曇りの日の写真を綺麗にLightroomで現像してみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA