浅草寺 X100F

ツイッターのフォロワーさんに会ってカメラの話をしてみた

今度会ってカメラの話をしましょうと話していた、ツイッターフォロワーさんに会ってみようと思い連絡を取ってみました。

自分はどちらかというとあんまり初めて会う人に緊張しないタイプです。

早速、ツイッターのDMを使って会う約束をしました。

約束の日は2018年9月8日で、会う場所は浅草です。

今回初めて会う方は、男性でMさんといいます。

Sony α7R IIと富士フイルムX100Fを持ってきてくれる予定です。

さて、初めて会うツイッターのフォロワーさんとカメラや写真の話で盛り上がれたのでしょうか?

フォロワーさんに無事に会って早速カメラのことを話してみた

フォロワーのMさんとは、昼下がりの東武線の浅草駅で待ち合わせをすることにしました。

お互いのある程度の持ち物をツイッターのDMで教えて、無事に会えました。

まずは、喫茶店に行って話をすることにしました。

浅草では常に一人行動なので、喫茶店に行くことは全くないため、どこに行っていいかわかりません。

なんとか、珈琲館といういい感じの喫茶店を見つけることができました。

ソニーのα7シリーズと富士フイルムX100Fをお互い持っていたので、全く話題には困りませんでした。

ソニーのカメラについては、Mさんのはα7R IIを使っていて、自分はα7R IIIを使っています。

カメラのこと、レンズのこと、撮影の被写体、そしてLightroomやPhotoshopなど一通りの話をしました。

お互いの写真をツイッターで見ているので、ある程度の好みや撮影する傾向がわかり、楽しい時間を過ごせました。

1時間くらい喫茶店で話をしたので、浅草寺あたりでゆるく撮影をすることにしました。

X100Fはacrosでモノクロ写真を撮ると雰囲気が良い

二人ともX100Fを持っているのですが、いまいち撮影に積極的に使えていない印象でした。

以前、自分は思い切ってフィルムシミュレーションのacrosを設定して、モノクロ専用機として使い始めてました。

そこで、二人ともX100Fをモノクロで写真を撮ることにしました。

ファインダーはEVFなので、その中をのぞけば白黒の世界がひろがっていて、どっぷりとacrosのよさを堪能することができました。

浅草寺 X100F

富士フイルムのフィルムシミュレーションは完成度が高いので、acrosで撮影したモノクロ写真は存在感があります。

そのため、カラーで撮影すると全く面白くない場面が、acrosで撮影したモノクロ写真がとても面白く写りました。

浅草寺 X100F

改めてスナップ写真を撮るのに、X100Fが写真を撮影するのを面白くするカメラだと思いました。

浅草寺 X100F

関連記事

最高のコンデジ富士フイルムX100Fを手に入れました

フォロワーさんのPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAを借りて感動した

Mさんは、自分が使っている標準ズームレンズSEL24105Gに興味があり使ってみたいということで貸してあげました。

代わりにMさんが使っているPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAを借りました。

単焦点レンズは、綺麗に写真が撮れることは以前からわかっていました。

改めて、単焦点レンズを使ってみて、自分が表現したい感じの写真を撮れました。

浅草寺 SEL50F14Z

太陽の光が当たっている光の反射が見た目と同じように写ってるのが気に入りました。

浅草寺 SEL50F14Z

カールツァイスの単焦点レンズにとても興味を持ちました。

浅草寺 SEL50F14Z

35mmか50mmをちょっと購入を考えてみようかなと思っています。

浅草寺 SEL50F14Z

締めはウォーリーを探せ仕様のスカイツリーを撮影した

綺麗な夕日になることもなく、日が落ちて夜になりました。

もともと、ウォーリーを探せ仕様のライティングのスカイツリーを撮影しようと思っていました。

Mさんも一緒に撮影したいということで、隅田川沿いを桜橋まで歩きながら、所々で撮影をして楽しみました。

桜橋は同じように三脚で東京スカイツリーを撮影している人が何人かいました。

東京スカイツリー 桜橋 α7R  III

α7R IIIで夜景を撮影するのは、D810で撮影するより気軽な感じがします。

Mさんと桜橋から、東京スカイツリーまで歩いて、帰る方向は違いますが最寄り駅ついたのでそこでお別れしました。

ツイッターのフォロワーさんに会って新しい発見ができた

SNSを通じて知り合った人と会うことは、もちろん不安はあります。

ただ、ツイッター上で写真を見せてもらったり、リプし合ったりして気が合いそうな感じがしたので今回Mさんと会いました。

フォロワーさんに明確な共通点が見つけられば、実際会うと新しい発見があるのではないのかというのが感想です。

Mさんとは、次回本格的に一緒に撮影しようと思っています。

きっと自分の撮影のフィールドではない新しい場所での撮影だと思います。

他のフォロワーさんも、同じソニーのα7シリーズを使っている気が合いそうな人がいます。

そういう人たちと、会ってお話ししたり撮影したりしようかと予定を考えています。

ちょっと、自分の撮影の幅を広くしたい、新しい考えを入れて撮影したいそう思う人は多いはずです。

もしツイッターをしていて、同じカメラが好きな気の合うフォロワーさんがいるなら、声を掛けて会ってみるといいと思います。

これからも写真を楽しんでいこうと思います。

東京スカイツリー α7R III

スポンサードリンク

ノハナの無料フォトブックを試しに作ってみた
巾着田を訪れて改めて曼珠沙華の撮影の難しさを知りました

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA