K&F Concept KF-TM2324

手軽で便利!K&F Concept三脚のKF-TM2324の良さ

今回は三脚の話です。

K&F ConceptのKF-TM2324。

手軽で軽量で持ち運びしやすいアルミ三脚です。

メーカーさんより提供してもらい、早速使わせていただきました。

三脚を持ち出して撮影するのは、なんとなくおっくうだったりします。

そういう時は、状況によっては軽い三脚を持って撮影に行きたいときもあるはず。

K&F ConceptのKF-TM2324は気軽に持ち出して撮影するには似合っている三脚です。

KF-TM2324ついて話していきたいと思います。

三脚について考える

K&F ConceptのKF-TM2324の話をする前に、三脚について話します。

三脚は、状況に合わせて数種類持っていたほうがいいと思います。

今はマンフロットのBefreeという持ち運びやすい三脚。

そして、Vangaurd Alta Pro 283CPという8kgの耐荷重がある三脚、2種類を使っています。

マンフロットの三脚は、電車の移動で撮影するときやロケハンで使います。

Vangaurdの三脚は、自動車の移動で撮影するときや長時間の撮影のときに使います。

さらに、しっかりした作りで長年使用できる三脚の購入を考え中です。

本格的に撮影したい場合もあるので、三脚も信頼できるものを使いたい気持ちがあります。

K&F ConceptのKF-TM2324は、そういう三脚ではありませんが気軽に撮影できる三脚の種類です。

マンフロットのBefreeに近いクラスの三脚です。

そういう、手軽な便利な三脚も必要だと思います。

K&F Conceptのアルミ三脚KF-TM2324を早速開封

早速メーカーさんより提供していただいたアルミ三脚KF-TM2324を開封です。

黒い箱にオレンジ色を一部使い、少しVangaurdの三脚の色合いみたいです。

野球ならジャイアンツカラーですね。

K&F Concept KF-TM2324

開封する前に、ちょっと型番のシールを確認してみました。

KF09.028 TM2324銀色と記載されていました。

K&F Concept KF-TM2324

開封してみると、専用の三脚バッグにアルミ三脚KF-TM2324が入っていました。

普段三脚バッグは使わないので、大事にしまっておきます。

K&F Concept KF-TM2324

三脚バッグからアルミ三脚KF-TM2324を取り出してみました。

三脚の他に、説明書や三脚バッグの付属品が入っていましました。

この三脚には、自由雲台が付いてきます。

その雲台のおかげで、微妙に三脚の脚が少し開いた状態です。

付属の自由雲台は使わず、マーキンスQ10i-BKを使います。

K&F Concept KF-TM2324

アルミ三脚KF-TM2324を立たせてみました。

K&F Concept KF-TM2324

三脚を立たせて、自由雲台が逆さになった状態です。

アルミ三脚KF-TM2324をちゃんと立たせてみました。

手軽に使う三脚として、しっかりとした作りで、気軽に使えそうな三脚に見えました。

K&F Concept KF-TM2324

次はもうちょっと詳しく、K&F Conceptのアルミ三脚KF-TM2324を見ていきます。

K&F ConceptのKF-TM2324とマンフロットのBefreeを比較してみた

K&F ConceptのKF-TM2324とマンフロットのBefreeを比較していきます。

価格帯や使用目的が近いこともあり、どちらも同じ4段アルミ三脚です。

本格的な撮影というよりは、気軽に三脚を使って撮影するジャンルの三脚になります。

実際使っているマンフロットのBefreeは、電車移動で主に都市部での夕景や夜景に使っています。

車移動での撮影では、Vangaurd Alta Pro 283CPという耐荷重が重いカーボン三脚を使っています。

早速、気になった点を比較して行きましょう。

●三脚の脚ロックについて

KF-TM2324とBefreeとも、レバー式を採用しています。

レバー式とナット式どちらも使いこなしているので、どっちが好き嫌いがありません。

むしろ、三脚のレバー式の構造の強度が気になりました。

まずは、KF-TM2324ですがプラスチック製です。

すぐに壊れるとは思いませんが、何度も何度も開いたり閉じたりして、耐久性が気になりました。

K&F Concept KF-TM2324

一方、Befreeのほうもプラスチック製です。

ただ、ネジでレバー締め付け調整ができるようになっています。

使っているうちにネジの締め付け調整をしないといけない感じ。

ただ使っている限り、今の所ネジの締め付けの調整をしたことがありません。

脚ロックがしっかりできなくなったら、ネジの締め付け調整が必要になります。

マンフロット Befree

持ち運びやすいお気軽な三脚にあまり耐久性を求めていません。

もし、脚ロックが壊れたら、新しい三脚を用意すると思います。

●三脚の脚の開きについて

三脚を使う場合に、いかにスムーズに三脚を設置できるか、そして仕まえるが大事かと思います。

まずは、KF-TM2324の脚を開くとカチカチなって通常の脚の開きになります。

これはBefreeより素早いです。

仕まう時やさらに脚を開きたいときは、レバーを指で下に押して、三脚の脚を開いたり、仕まう位置に脚を戻します。

ちょっとここは手間かなと感じました。

仕まう位置に脚を戻すときは、Befreeのほうがやりやすいです。

K&F Concept KF-TM2324

三脚の脚の開きの設定や脚を仕まうのは、KF-TM2324とBefreeを比べてみて、どちらも優劣がつけられませんでした。

三脚の設置や仕まうのは、どちらもストレスを感じるほどではないですね。

●三脚のエンドフックについて

三脚のエンドフック(または、エレベーターフック)について、KF-TM2324は有りで、Befreeはなしです。

実際の撮影の時あまり必要がないので、あってもなくても問題がないです。

K&F Concept KF-TM2324

マンフロット Befree

●三脚の自由雲台について

どちらの三脚にも自由雲台が付いてきます。

KF-TM2324は、アルカスイス互換の自由雲台です。

これは、すごく便利です。

Nikon D810とソニーα7R IIIには、SUNWAYFOTOのL型プレート。

富士フイルムX-T2は、MENGSのL型プレート。

どれもアルカスイス互換のプレートを使っています。

自由雲台自体についてですが、動きが滑らかです。

ただ、雲台を緩めると急にカクンとなってしまうので、注意は必要です。

K&F Concept KF-TM2324

K&F Concept KF-TM2324

雲台の耐荷重はあるようなので、D810+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの組み合わせ(約1,690g)でもしっかり載せてくれます。

K&F Concept KF-TM2324

K&F Concept KF-TM2324

一方、Befreeの自由雲台は、アルカスイス互換でなく独自の規格のプレートです。

K&F Concept KF-TM2324

D810+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの組み合わせ(約1,690g)を一応載せることはできます。

が、実際の撮影で不安があったので使っていません。

マンフロット Befree

今は、Befreeにマーキンス(Markins) Q10i-BKの自由雲台をつけて、快適に使っています。

マンフロット Befree マーキンス Q10i-BK

自由雲台については、KF-TM2324のほうがアルカスイス互換で、それなりの耐荷重もあるので使いやすいと思います。

ただ、今はどの三脚を使っても付属している自由雲台を外して、マーキンス(Markins) Q10i-BKの自由雲台を愛用しています。

自由雲台のマーキンス!Q10i-BKを使うと写真を楽しく撮れる

●三脚の耐荷重について

三脚の耐荷重についてです。

KF-TM2324は10kg。

Befreeは4kg。

ですが、実際載せられる重量は両方の三脚とも同じくらいです。

KF-TM2324に、D810+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの組み合わせ(約1,690g)を載せた場合、撮影するのに問題がありませんでした。

K&F Concept KF-TM2324

次にKF-TM2324に、D810+TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2(約2,465g)を載せた場合、一応載せられますが重さで三脚が揺れる感覚がありました。

タムロンのレンズに三脚座つけるの忘れましたが。。。

K&F Concept KF-TM2324

実際の撮影では、KF-TM2324もBefreeとも、D810+AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの組み合わせ(約1,690g)以下の重さで使うとよいと思います。

●三脚の重さと折りたたみの長さ

三脚の重さと折りたたみの長さ(格納高)について。

KF-TM2324は1135g/46cm。

Befeeは1400g/40cm。

K&F Concept KF-TM2324 マンフロット Befree

ここは、優劣つけられない感じで、重さを取るか格納高を取るかになると思います。

今はKF-TM2324は、外の撮影で使っています。

そして、Befeeは室内の撮影に使っています。

●比較表

KF-TM2324とBefreeを比較表を作ってみました。

 KF-TM2324Befree
素材アルミニウム(一部マグネシウ合金)アルミニウム
脚ロック式レバー式レバー式
脚段数4段4段
脚径23mm20.25mm
全伸高1580mm1440mm
格納高460mm400mm
最低高410mm340mm
三脚重量1800g1400g
最大耐荷重8kg4kg

1年間K&F ConceptのKF-TM2324の三脚を使ってみて

このK&F ConceptのKF-TM2324の三脚を1年間使ってみました。

まずは、この三脚を持ち出して夕景や夜景を撮ることが多くなりました。

これはいい効果をもたらしてくれた三脚だと思います。

やっぱり、電車で移動だと大きい三脚を持って移動は大変です。

コンパクトな三脚は、そういう点ではいいところです。

都市部の夕景や夜景撮影は、こういうサイズの三脚は便利だと思います。

さらに、従来の一眼レフより軽いミラーレスカメラを使うことも多くなったので、この三脚を使うことが多くなったのかもしれません。

特に壊れることもありませんでした。

手軽な値段で、手軽に撮影できる三脚、K&F ConceptのKF-TM2324。

こういう写真も普通に撮影できました。

晴海埠頭

晴海埠頭

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回メーカーさんから提供していただきました。

KF-TM2324では、気軽に三脚を使って撮影をしてみたい人に合っていると思います。

まずは、こういう三脚を使ってみてはどうでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

三脚選びの参考にしていただきたいと思います。

K&F Concept KF-TM2324

スポンサードリンク

埼玉川口安行にある小林もみじ園の紅葉撮影に行ってみた
旧中川に咲いている河津桜を撮影しに行ってみた

コメントを残す

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
* が付いている欄は必須項目です。必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA